記事提供:cataso


捨てれば片付く…果たして本当にそうなのでしょうか?確かに余計なモノ、使わないモノ、捨てればモノは減るし片付きます。でも、多くの個人宅でのお片づけを通して見えて来るものは違います。

「捨てる」だけでは片付かないのが現実なのです。今回はその理由をお話します。

1. 無理に捨てるとリバウンドします

無理矢理捨ててしまうと、心が虚しくなってしまったり、後悔する事もあるかもしれませんね。空っぽになった空間が虚しくなると、人はその空間を再び埋めようとして再びモノを増やしてしまうのです。

また、捨てた事を後悔してしまうと、今度はモノを捨てる事に拒否反応が起こってしまい、本当に必要のないモノも捨てられなくなってしまいます。ダイエットと同じなんです。減らす事が出来ない行動につながり、部屋は一気にリバウンドしてしまうという訳です。

2. 「捨てる」のではなく「選び取る」

必要なモノを使いやすく収納する為には確かにモノを減らす必要はあります。でも「減らす」=「捨てる」ではありません。

使いやすい収納スペースには「今使う必要なモノ」だけを残して、スペースにゆとりを持たせましょう。「必要ないかもしれないモノ」と「使う必要なモノ」に分けるだけで、グンと片付けやすく暮らしやすい家に生まれ変わります。

3.「捨てる」のは納得して腑に落ちてから

「必要ないかもしれないモノ」の処分は、後回しでも大丈夫です。悩んでしまうモノは、段ボールや大きめの箱(保管ボックス)にドンドン詰め込んで一旦保管しましょう。ただし、保管したモノは年末に必ず見直すなど期限を決めて、再び向き合います。

もしも保管するモノで一部屋埋まってしまったら、それはそれで、ちょっと考えようと思い直す事にも繋がります。保管したモノは定期的に見直す事が必要。再び見直した時には「これはもう必要ないから処分しよう」と、心の整理も出来ている事も多いです。

時間を置いて納得して腑に落ちてから捨てたモノで後悔する事はないので、リバウンドを防ぐ事が出来ます。

「やっぱりまだ捨てられない」と思ったモノは「捨ててもいいや!」と気持ちの整理がつくまで、再び保管しても大丈夫です。腑に落ちるまで、とことん保管しておいていいのです。

つまり「捨てる」を最後の手段にする事で、逆に「捨てる」事ができ、本当に必要なモノだけを選ぶように取捨選択の力が身に付きます。どうして残すのか?何故捨てられないのか?どうしたら納得出来るのか?しっかりモノと向き合う事をやってみてくださいね。

(著:井上 知恵子)http://cataso.jp/writer/ino/

この記事を書いた専門家:井上 知恵子

『ラクで楽しい暮らしづくり=RAKURASHI』

整理収納アドバイザー。3人育児でも出来る!快適でラクな暮らし=RAKURASHIを提案しています。
ブログ:RAKURASHI~整理収納で日々の暮らしをラクに楽しく!~
詳しくはこちら

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス