記事提供:ORICON STYLE

中田ヤスタカが、10月15日公開の映画『何者』の主題歌「NANIMONO(feat.米津玄師)」を含む2枚組アルバム『NANIMONO EP/何者(オリジナル・サウンドトラック)』を発売する。

今回、中田ヤスタカは映画の劇中音楽を全て手掛け、アルバムには全曲書き下ろしのサウンドトラックも収録。主題歌では米津玄師が作詞とボーカルを担当し、両者による初のコラボも実現した。

中田ヤスタカ、米津玄師の両者にとって「新たな挑戦」となった今回の主題歌と劇中音楽の完成を機に、2人の対談が実現。制作の裏側、そしてクリエイターとしての信条を語ってもらった。

主人公の拓人に共感「自分の中にもすごくある感じだと思った」(米津)

――映画『何者』の劇中音楽では、これまでの中田ヤスタカさんのイメージを覆すようなサウンドが展開されています。どんな意識で制作に取り組んだのでしょうか?

中田ヤスタカ 
ありがちなものにはしたくないというのはありましたね。僕が今までやってきたことって、架空の話というか、現実離れしたところで鳴っている音楽というイメージがあったと思うんです。でも、今回は題材や中身も含めて本当にリアルな作品で。僕としても先入観や予想と違うところでチャレンジした感じですね。

――主題歌は米津玄師さんをフィーチャリングしていますが、これはどんなきっかけで?

中田ヤスタカ 
(『何者』の)プロデューサーの川村元気さんに話をいただいたんです。「きっと何か面白い化学反応が起こるんじゃないか」と。

米津玄師 
今までは曲も歌詞も全部自分で書いてきたんで、最初は不安はありました。でも、「なんとかなるんじゃないかな」っていう自信も同時にありましたね。

――米津さんはボーカルだけでなく作詞も担当されていますね。

中田ヤスタカ 
最初は僕が歌詞を書いたり、共作したりするのもどうかという話もあったんです。でも、そこは僕の判断で彼に任せたほうがいいと思った。(映画の内容に密接に関わる)SNSのリアルについてはきっと僕よりも得意だろうし。

僕が心配していたのは歌詞が音楽的かどうか、ちゃんと音楽としての言葉になっているかという部分なんですけれど、そこも安心して任せられましたね。リズムも含めてチョイスがすごく良くて、完成したものは一言も直すことがなかった。

米津玄師 
ちゃんと伝えたいこと、表現したいことがあった上で、それがリズムやメロディとちゃんと調和するかどうかというのは、僕自身も、とても重要視してるところです。

――米津さんは、今回の『何者』という映画のストーリーやキャラクターにはどういう印象を抱きましたか?

米津玄師 
まず最初に観て、すごくリアルだなって思いました。僕が一番共感したのが主人公の拓人だったんです。斜に構えてる感じとか、一歩引いていろんなものを観察してる感じとか、そういう部分は自分の中にもすごくある。

この人の考えてることならすぐ歌詞にできるなっていうのを最初に思いました。しかも、その感覚がTwitterの世界と上手くリンクしている。僕も10代の頃からずっとTwitterをやってたし、映画を観て『これは自分のことを書いてるな』という感じがしたんです。

過去の“普通”は参考にならない(中田)

中田ヤスタカ

――中田さんはどうでしょう?

中田ヤスタカ 
僕はSNSのことは正直よくわからないんです。ただ、映画のストーリー自体は就活を題材にしているんですけれど、実は、描かれているのは就活以外の場面にも当てはまることだと思うんですよね。

つまり、自分に期待を持っている人が現実と向かい合う時に起こることだと思うんです。そういうところは観ていてすごく面白かったです。

――主題歌はどんなタイミングで完成したんでしょうか?

中田ヤスタカ 
できたのは最後ですね。どういうものかを先に説明した方が安心してもらえるというのはわかるので、制作の人たちはもう少し早めに聴きたかったと思うんですけど(笑)。でも、人に説明できるような音楽なんて、結局は誰でも作れるわけじゃないですか。僕は普段からデモも作らないし、いきなり完パケを提出するんですよ。

米津玄師 
僕も最後の最後まで途中段階のものしか聴かされてなくて。「大丈夫なのかな?」って不安は相当ありました。でも、完成して届いたのを聴いたら「あれがこうなるの?」ってびっくりした。「不安に思ってすみませんでした」って感じです(笑)。
中田ヤスタカたぶん、僕が思ってる“普通”をやるとこうなるんですよね。

――自分が思ってる“普通”というと?

中田ヤスタカ 
僕は世の中の音楽をあまり聴いてないんです。チャートに入ってる音楽もチェックしていない。そういうものを研究しながらやると、音楽を作るのがイヤになりそうな気がする。

まずは自分が聴きたい音楽を作るというのが前提だし、過去の“普通”は参考にならない。それよりも、自分が思う“普通”が、この先の世の中の“普通”になっていく方がいいという考え方ですね。

エレクトロニックなサウンドもそうで、最初は拒絶する人もいたけれど、今はそういう人はあんまりいない。あらゆる音楽ジャンルがそうだと思うんです。誰かが時間をかけてそれを“普通”にしてきた。そういう意味でも、今は、自分が“普通”だと思ってることをやりたいですね。そのほうが自分も次に行けるし、やっていて楽しいので。

――米津さんもそういう中田さんのスタンスに共感するようなところはありますか?

米津玄師 
確かに、誰かと同じことをやっててもしょうがないというのは自分もまず最初に思うことですね。それに、まず自分が聴いて楽しいものを作るっていうのも確実にそうだなと思います。

マイノリティの中だけでやっていっても面白くない(米津)

米津玄師

――中田さんはCAPSULEという自分のユニットでの活動があって、Perfumeやきゃりーぱみゅぱみゅのプロデュースワークがあって、そして今回のようなソロ名義の活動があるわけですけれども、ご自身の中ではどのようにチャンネルをわけているんでしょうか?

中田ヤスタカ 
それぞれ結構違いますね。CAPSULEはその中でいうと、アマチュアから唯一やってるというか、学生の時の感覚を維持してる感じなんです。CAPSULEを組んだ理由はいろいろあるんですけど、もし自分が米津くんみたいなタイプの声を持っていたら組んでなかったかもしれない。

中学校や高校生の時からずっと音楽を作ってきて、自分はプロになると勝手に思ってたんです。でも、それこそ『何者』で書かれてる就活じゃないですけど、いざ音楽を仕事にすることを考えた時に「あれ? ボーカルがいないともしかしてプロになれないかも」と思って作ったのがCAPSULEなんですよ。

だから、もともとボーカルのこしじまとしこはあくまでも代わりに歌ってもらう人で、CAPSULEは僕のソロみたいなところはありますね。

――Perfumeやきゃりーぱみゅぱみゅはどうでしょう?

中田ヤスタカ 
Perfumeに関しては、僕が最初に会った時はまだ中学生のアイドルだったし、僕は当時23歳でプロデュースを始めたばかりで。アイドルのプロデュース経験者じゃないし、作家としての仕事もやったことがないし、自分のメインはCAPSULEだと思ってたし、何も空気を読まないでやった結果、ああなったっていうことなんですよね。

アイドルをメジャーデビューさせるための活動としては、それまでの正解とは全然違うことをやっていたと思います。ただ、それをやらせてもらえる環境だったのは大きかった。

その時点でものすごい期待をされているプロジェクトだったら僕じゃなくてもっと実績のある人にプロデュース依頼がいってたと思うし、商業的な期待や圧力がかからない状態を手に入れてたので、ある程度自由にできていました。

そういう部分はすごくラッキーだったとは思います。きゃりーは逆に、皆からすごく期待されてデビューしたので、自分がCAPSULEとかでやってきた過去のテクニックを総動員したんですね。

本人のキャラクターからいろんなキーワードが浮かんだので、歌詞に関しては今までとは違うことをやってるんですけど、サウンドに関しては必殺技しか使わない、みたいな。ずっと昇竜拳と波動拳を打ってるみたいな感じ(笑)。

――中田ヤスタカ名義のソロはどうでしょう?

中田ヤスタカ 
僕はエレクトロハウスと呼ばれるようになるジャンルの音楽を、ポップスとして聴く人も作る人もあまりいない時にスタートできてたので、普通じゃないものを普通に変えるっていうところに運良く実感を持って立ち会えた時があって。

だから、そういうことをずっとやり続けたいと思ってるんです。それで、ソロは何のためにやってるかと言うと、今の時代、「アーティスト」になりたい人は一杯いると思うんですよね。

で、アーティストというのは、歌う人か踊る人。それが今の時代の“普通”になっている。今の日本では、歌手に参加してもらって自分の名前でアルバムを出せる作曲家って、すごく少ないと思うんです。

そういうことをやれる人がもっと増えた方がいいと思うし、僕は作曲家の人がもっと世に見えるようになったほうがいいと思う。それが“普通”になったらいいと思っていて、だからやってるっていう感じですね。

――米津さんは、そういった中田さんの音楽性やスタンスについてどんな風に感じていますか。

米津玄師 
僕が音楽を作る上で一番大事にしているのは言葉とメロディなんですけど、そういう点で中田さんは、ちゃんとキャッチーなところとエッジなところを行ったり来たりできる人だと思います。その両方をできる人って、あまり他にいない。

自分はひねくれ者だし、マイノリティ側の人間だと思ってるんですけど、マイノリティの中だけでやっていっても面白くない。自分自身には、音楽をやる上で、どんどん遠くに行きたい感覚がすごくあるんです。

それこそJ-POPのメインストリームしか知らないような人にまで波及するものを作りたい。中田ヤスタカさんはそういうことをすごく高精度にやっている人という認識なので、そういうところを目指したいという気持ちはありますね。

“東京を代表するサウンド”はまだ定まってないと思う(中田)

――中田さんは日本だけでなく、海外からも高い注目を集める存在ですが、海外から見た日本の音楽、東京の音楽を担う一人として、ご自身が考えるところはありますでしょうか。

中田ヤスタカ
僕自身は、海外の人から見た時に“東京を代表するサウンド”っていうのは、まだ定まってないと思うんです。日本の人はいろんな国に勝手なイメージを持ってるじゃないですか。

ロンドンのバンドはこういう音を出してるとか、フランスだったらフレンチ・エレクトロがあったり、ブラジルにはボサノヴァがあったり。決してその街のミュージシャンが全員そのジャンルをやってるわけではないけど、ある時期にあったムーブメントがそういうイメージを作ると思うんです。

でも、東京には海外でのそういったものはまだないと思っているんですよ。それに、クラブ・ミュージックだと、国の名前とか都市の名前がジャンルにつくようなことってあるじゃないですか。

たとえば、最近だったらオランダが強いし、昔だったら、シカゴとかデトロイトとか、アメリカの都市の名前がついたハウスやテクノのジャンルがありましたよね。でも、東京の名前がついたジャンルはまだない。

――確かにそうですね。

中田ヤスタカ
日本はすごく大きなマーケットだし、音楽が好きな人も多いし、それにちゃんとお金を払うという人も多いから、東京は「音楽好きの街」としてはものすごくいい街だと思うんですよ。世界でもトップレベルだと思います。

でも、コンテンツを作っている側が受け身な気がする。それは、日本の人が自国の音楽をちゃんと買ってくれるから、それ以上のことを考える必要があまりなかったせいだと思っていて。

だから、海外から見た東京の音楽がどういうイメージになるのかは、これから決まっていくんじゃないかと思うんです。それはやってる側が決めるというよりは、勝手に定まっていくんじゃないかと思うんですけど。

――海外進出についてはどう思いますか?

中田ヤスタカ
海外発になるって意味での海外進出なら、最初から引っ越さないといけないと思います。知らない土地でウケる曲を想像して作っても仕方ないですし。僕は東京に住んでいる以上、“東京発”でいたいと思う。

東京という街にいて自然と生まれてくるものを、ちゃんとやりたいんですよね。僕が感じる東京を反映させながら、都市のサウンドを作っていきたいなと思います。

(文/柴 那典)

主題歌「NANIMONO(feat. 米津玄師)」が聴ける映画『何者』予告

出典 YouTube

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス