記事提供:AbemaTIMES

9月27日、モデル・近藤千尋(26)がAbemaTVの芸能番組『芸能㊙チャンネル』にゲスト出演した。近藤は渋谷ギャルがなりたい顔No.1のモデルにも輝きお笑いトリオ・ジャングルポケット太田博久(32)と結婚。夫婦でのバラエティ共演も多い。

この度近藤は6年分の集大成のスタイルブック『ちぴ本』を発刊。同書ではセミヌードも披露していた。結婚するまでは週刊プレイボーイ等でセミヌードを出していたが、結婚してからは初の体験だ。

同番組では「わたしはこうして芸人の嫁になりました!」と題し、近藤と太田のなれそめについて語られた。

「きっかけは、歌手のソナーポケットのko‐daiくん、お互いの友達。ポケット好きはたまたま。それまで私は男運がなくてダメンズばかり好きになり、それをko‐daiくんが相談に乗ってくれていた。

今の夫もko‐dai君と仲良かった。『お前、いい人がいるよ』となり、3人でご飯を食べて、連絡先を交換して付き合ったのです」

近藤によると、芸人はチャラかったり、いいイメージはあまりなかったのだとか。だが、太田と出会って全部覆されたそうだ。嘘をつかなかったり、本当に、心から信頼できるなと思ったことがたくさんあり、結婚したいと思ったという。

近藤は25歳から26才ぐらいまでには結婚をしたいと考えていた。ただ、それまでにであった男性は、実父が許してくれなかった。しかし、太田を紹介した時に、父は『ぜひお願いします』となった。それほど太田は父のおめがねにもかかる男だったのだ。

また、夫とのこれから生活が苦しくなったとしても、近藤は強い気持ちをこう述べる。

「もしも彼が芸人として生活できなかったら私が頑張ろうと思った。あと、彼って世渡り上手で、先輩から可愛がられるし、柔道をやっているので、柔道の先生とかなんとか一緒にいれば生きていけるかなと思いました」

そして、番組では、夫の太田と電話が繋がり「結婚式直前に土下座」というエピソードが語られた。

「結婚式の準備に僕が参加していなくて奥さんをイラつかせていた時、車に一緒に乗っていて、僕はお酒を飲んでたんですね。助手席に座っていて、奥さんに、ナビの出発ボタンを押してくれと言われました。僕は『ナビの出発ボタンを押す係ではない』と言った。

そうしたら『うざいから早くやって』と言われたんですよ。その日は大雨の日。車を路肩につけ彼女は僕の財布持って外に出て、タクシーに乗りこんでしまった。

僕はカネもないし酔っぱらっていたし、不審者じゃないですか!彼女から着信拒否されて、何手先までオレの行動をつぶすんだと思って…。

LINEは繋がっていたので、謝り倒して…。そうしたら奥さんがタクシーでやってきて、雨の中土下座をして謝った。あれは怖かったですね。戦国時代だったらいい軍師になったのでは、と思った」

とはいっても、二人は良い仲のようである。

無料 ニュースも音楽もアニメも24時間放送中! AbemaTV

この記事を書いたユーザー

AbemaTIMES このユーザーの他の記事を見る

AbemaTIMESは「見たい!」がみつかる情報ニュースサイトです。無料でみれるインターネットTV局『AbemaTV』の番組を中心に、ニュース映像や面白動画の紹介、著名人コラムやインタビューなど、選りすぐりの情報をお届けします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス