記事提供:TOCANA

「巨大海底都市」から「謎の地上絵」まで、バーチャル地球儀ソフト「グーグルアース」が成し遂げた発見は枚挙に暇がない。

今回は、そのグーグルアースが捉えたさらに不思議な世界のミステリースポットを科学ニュースサイト「Live Science」(9月18日付)の記事から7つ厳選してご紹介したい。

■車輪の地上絵

古代人の作品(works of the old men)と呼ばれ、ヨルダンのオアシス都市アズラクで発見された。紀元前200年頃に描かれたとされるナスカの地上絵よりも遥かに古く、紀元前6500年ごろに作製されたと言われている。

その目的や製作者など一切不明であるが、APAAME(中東考古学航空写真アーカイブ)の科学者らの調査で、車輪のスポークの数が一定ではなく、円形のものから四角形のものまで様々な形のものが存在することが分かっている。

■未発掘のピラミッド

エジプトには未踏の遺跡群が多く存在していると噂されており、この構造物も未発掘のピラミッドではないかと目されている。

真偽は発掘調査をしてみればすぐに分かりそうなものだが、安全保障上の理由でエジプト政府が発掘許可をなかなか出さないそうだ。もしかしたら、ピラミッド内部に保存されている古代テクノロジーや宇宙人の痕跡が隠蔽されているのかもしれない…。

■幻の島

ニューカレドニア島北端から西北西約400km、フランス領海内に存在すると“されていた”島―サンディ島。なお、グーグルアース上ではすでに削除されている。

1792年以来、地図上に実在する島として記載されていたが、2012年オーストラリア連邦科学産業研究機構(CRISO)が実地調査を行ったところ、島が存在するとされていた場所には何も無いことが明らかになった。

(座標19.22°S 159.93°E)

■巨大五芒星

カザフスタンに現れた直径366mの巨大“逆”五芒星。五芒星を逆さにした逆五芒星といえば、「悪魔崇拝」のシンボルとして用いられるため、ネット上では、同地で悪魔崇拝が行われている証拠だと話題になったという。

しかし、実際には星型の公園だと判明。とはいえ、わざわざ五芒星型に作った意図が気になるところだ。

■謎の双子円環

米ニューメキシコ州で見つかった奇妙な巨大円環。

その目的から製作者まで全く分かっていないが、英「Daily Mail」紙によると、どうやらサイエントロジー教会が関係していて、“アルマゲドン”の後にサイエントロジー会員が地球に帰還するためのガイド的役割を果たすのではないかと言われているが、実際のところは分かっていない。

■超巨大基地

中国のゴビ砂漠で発見された巨大基地(?)。陰謀論者らの間では、宇宙人の基地、様々な軍事兵器の実験場、スパイ衛星やレーダーの調整器、指向性アンテナではないかと噂されているが、真相は…?

■トライアングル型UFO

2007年にオーストラリアで発見され、UFO研究家らがトライアングル型UFOだと主張し、話題になった。近隣の風力発電所のアンテナではないかとも言われているが、確かなことは分かっていない。

トカナで追跡調査をしてみたが、三角形の物体はどこにも見られなかった。このことが何を意味するのかは読者のご想像にお任せしたい。

(座標30°30'38.44“S 115°22'56.03”E)

如何だろうか?グーグルは機密地域を意図的に隠蔽しているとも言われているが、地球上のミステリースポットをこれだけ見つけ出してきてくれるグーグルアースには脱帽せざるを得ないのではないだろうか。

世界にはまだまだ謎が満ち溢れている。今後もグーグルアースの活躍に期待しよう。

出典:Live Science

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス