記事提供:cataso

季節外の布団収納にお悩みの方も多いかもしれません。IKEA SKUBBシリーズの収納ケースを使った、布団収納をご紹介します。

我が家は狭いマンションで家族5人暮らし。モノは減らせても、収納スペースは増やせません。少しでも収納方法を見直してスッキリ暮らす為の工夫をしています。

布団圧縮袋からIKEA SKUBB収納ケースへ

今回は、ダブル羽毛布団×1、シングル羽毛布団×3、合計4枚の布団を収納します。狭いマンションで収納するには、結構辛い量です。

少しでもコンパクトにと、これまで布団圧縮袋に入れて収納していましたが、圧縮するのは地味に大変な上、どうしても重くなるので、押入の枕棚に上げるにも重労働でした。

そこで、IKEA SKUBB収納ケースを試してみることに。SKUBB収納ケースは、3サイズあります。

我が家では、収納ケースを入れるスペースを考え、掛布団1枚用としてSサイズを選んでいます。但し、羽毛の密度によってはSサイズでは入らない場合もありますので、Mサイズが妥当かもしれません。ご家庭の収納スペースに合わせて調整してくださいね。

縦収納できて、取り出しもラクに

縦収納にしたら、これまでの1/3のスペースで布団収納することができました。更に、必要なモノだけ1つずつ出すことができ、軽いのでとてもラク。その上、見た目もスッキリして大満足です。

右側から、ダブル羽毛布団、シングル羽毛布団3つ、そして最後は冬限定のモフモフ敷きパッドが3枚入っています。実は、ここはL字型変形スペースなので、圧縮袋が入っていた部分だけ奥行きが深かったのですが、今回は、その奥行きは無視しています。

狭いマンションで家族5人暮らしなので、モノは減らせてもスペースは増やせません。ライフスタイルをしっかり見つめて、家庭に合わせた収納方法を探してみてくださいね。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス