記事提供:TABIPPO.NET

9月も残すところ1週間をきり、いよいよ本格的な秋の行楽シーズンが始まります。美しい紅葉を見て、美味しいものを食べて、ゆっくり温泉に浸かって..。夏はとはまた違った旅をしたくなります。

トリップアドバイザーは「行ってよかった!日本の紅葉名所ランキング2016」を発表しました。実際にその土地を訪れた旅行者の口コミを参考にした、TOP10を発表します!

10位 金閣寺(京都府)

湖面に映される美しい秋の景色。無類の世界遺産スポットでの紅葉は圧巻です。

9位 なばなの里(三重県)

三重にある広大な面積を誇る植物園です。紅葉の時期、夜間はライトアップされとても幻想的に。

8位 仁和寺(京都府)

888年平安時代につくらた仁和寺は現在、世界遺産に登録されています。シーズンには歴史ある金堂や五重塔の周辺が紅葉の赤へと染まります。

7位 千畳敷カール(長野県)

中央アルプス標高約2,600mにある氷河地形。ここには高山植物が多く生息し、秋には色鮮やかな景観を生みだします。

6位 宮島(広島県)

もみじ饅頭に代表されるように宮島といえば紅葉。秋を楽しみながら宮島にゆったり一泊するのもいいかもしれません。

5位 立山黒部アルペンルート(富山県)

標高3,000m級の山々が連なる、北アルプスを貫く山岳観光ルート。紅葉とともに、日本一の高さ(186m)を誇るダムからの放水も見られる、唯一のスポットです。

4位 清水寺(京都府)

「清水の舞台」に形容されるその景色は、秋でその色を一変します。紅葉シーズンは混雑必至。

3位 東福寺(京都府)

京都で1・2位を争う紅葉の名所として知られる東福寺。通天橋から見下ろす紅葉やカエデは、約2,000本というから驚きです。

2位 奥入瀬渓谷流(青森県)

十和田湖畔子ノ口から焼山までの14kmに続く奥入瀬渓流。川のせせらぎとともに美しい紅葉を楽しめます。

1位 禅林寺 永観堂(京都府)

第1位はこちらも京都にある禅林寺。「秋はもみじの永観堂」言われるほど、紅葉シーズンには人気の高い観光スポットです。

秋にはゆっくりと国内旅行に出掛けてみましょう!行ってよかった!日本の紅葉名所ランキング 2016

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス