お好み焼き(肉と玉子入り) 290円

お好み焼きの本場と言えば、広島と大阪。多くの人がそうイメージするに違いない。しかし名古屋には、大阪府民や広島県民をも納得させる、歴史あるお好み焼き屋が存在するのだ。それが「鈴木商店」(愛知県名古屋市中区大須3-33-7)。

仕上げに半分に折る

ここのお好み焼きは独自の進化を遂げた、名古屋だけのテイスト。レシピ的には広島のお好み焼きに近く、鉄板に生地を敷いてキャベツと紅生姜をのせ、卵を落として焼き、仕上げに半分に折る。

ソースをドバドバたっぷり

半月型になって生地しか見えない見た目にハデさはないが、その美味しさは大阪府民と広島県民が「悔しいけど美味しい」と認めるほど極上だ。しかし、すぐに食べるのはちょっと待って。そのまま食べるのはナンセンス。

ソースをドバドバとたっぷりかけて食べるのが、鈴木商店流。

別次元のお好み焼き

ここのソースはサラサラとした粘力のない液体で、さらに塩分が強くない。フルーティーな爽やかさと、ほのかに感じる塩気のソースが記事にじゅわっと浸透し、そこで初めて微細な甘味が生まれる。

ジャンクに思えるこのお好み焼き、その味は本場大阪や広島にも負けない。いや、別次元のお好み焼きと言えるだろう。

あなたはどっち派?

ちなみに、鈴木商店の客には「お好み焼き派」と「焼きそば派」がいる。なかには「鈴木商店に行ったらどっちも注文する」という人もいるが、はたしてあなたは、どっち派になるだろうか。

出典 YouTube

鈴木商店
住所:愛知県名古屋市中区大須3-33-7
時間:11:20~18:00
休日:水曜日

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス