人それぞれの好みは有るが、『家庭的な夫』を望む奥様は多い。
ならば、『家庭的な夫』と言うのは、どんな過程で出来るのか。

『家庭的』と言うのは、一体何を指して言うのだろうか。
『掃除・洗濯・炊事をする』『子育てに積極的』『個人主義より家族優先』
簡単に言えば、この程度だと思う。

しかし、結婚適齢期の男が、結婚を機会に突然『家庭的』にはならないと言う事を考えて欲しい。
『家庭的な夫』と言うのは、元々『家庭的』な要素が有る人なのだ。

要するに

『家庭的な男』に育てられている

のである。



ウチの息子たちが小学校高学年の頃、密かに嫌な噂が流れる。

『あいつはマザコン』

『○○君は、いつもお母さんと一緒に買い物に行ってる。』
『○○君て、マザコンよね~』

こんな事が、子供たちの間で陰口として言われていた。

要するに、男の子が母親と一緒に買い物に行く事自体

ありえん!!

のである。

男の子は成長と共に、親とは接しなくなるのが『普通』で、ましてや男の子が母親と行動を共にする事は、まさにマザコンその物である訳だ。

私たちの様に母親の立場になってしまえば、男の子が母親と一緒に買い物をしているのを見かけると

『親孝行ね♪』

と思えるが、小・中・高生から見たら

『うわっ!マジ?あいつ母親と買い物に来てる!!キモーーー!!』

になる訳だ。


今回私が言いたい事は

『子供の頃は「母親と買い物に行くのはマザコン。気持ち悪い。」と言っておきながら、結婚した途端「夫には家庭的になって欲しい」と言うのは無理だ!!』

と言う事です。


買い物だけの話ではなく、常日頃から家事が出来る男に育てようと思うと、母親と買い物にも行くし、一緒に家事もする訳だ。
それを、『あいつは母親ベッタリ。マザコンだ。』と言われてしまう。

これは、私たち親が、上にも書いてある先入観から、『男の子は母親を避けるもの。男の子がいつまでも親と一緒は気持ち悪いでしょ?』から来ている。

女の子が母親と買い物に来ていたら

『偉いなー。親孝行だなー。』

なのに、これが男の子だと

『よく母親と買い物に来れるよね。恥ずかしく無いんかな?男の子が母親と買い物なんて、マジありえんよね!』
『もしかしてマザコン~?』

になる。

なので、男の子自身もそう言われてしまうのをよく知っているので、一緒に行きたくても『誰に見られるか解らん!』と、だんだんと行かなくなる。

高校生にもなって、母親と一緒の布団で寝ているとか、一緒に風呂に入っているとかなら別です。
それこそ、明らかにマザコンですし、依存を通り越して近親相姦になり兼ねません。

男の子が親孝行をしても、それを親孝行とは見ずにマザコンだと見る風潮に納得が行かない。

自分が里帰りだの『親が心配』だのと実家に帰るのは『当たり前』だとしているのに、夫が『実家が心配だ』だとか『顔を見せに行きたい』と言うと、『男がそんな事を言うのは親離れが出来ていないからだ。』との話になっている。

お嫁様サイトの愚痴の中には

『実家に里帰りしている間、夫がずっと姑宅で泊まっていました。親離れ出来ていない夫にショックです。』
『結婚後、私は全く親の事が心配だと思った事が無いのですが、夫はしょっちゅう実家を気にします。これって、親への依存心からですよね?』
『ウチの夫は、休日のたびに実家に行こうと言います。これって、マザコンですよね?』

とあるが

『妻も夫も同権!』
『妻がする事は夫も同じ責任を持つ!!』

と言うくせに

『男はしないもの』
『男は思わないもの』

と思うんでしょうか?

『男女差別反対!!』と言っている割には、『妻はイイけど夫はダメ』『男はそんな事言わないししないし、思わないのが普通』と、自分みずから都合が良い様に男女差別しているのに気が付いていない方は居る。

『ウチの夫はもしかしてマザコン?親に依存している??』と思われる方。

今一度、自分はどうなのかを振り返って頂きたい。

そして、

『マザコンと親孝行とは違う』

と言う事も、考えて頂きたい。


『将来家庭的な夫になる息子』を育てる為には

女の子のいらっしゃる親御さんにお願いします。

もし、娘さんが

『母親と一緒に買い物に行ったり、母親を手伝う男子はマザコンで気持ち悪い』

などと思っていたとしたら、それは

『親孝行な息子さん。あんな人が将来妻を手助けしてくれる、家庭的な夫になるのよ。』

と、言って頂きたい。

それじゃないと、家の事が全く出来ず、個人優先の男が将来娘さんの配偶者になるやも知れません。

それが将来

『それって、女の仕事だろ??』

と言う夫になるのです。

この記事を書いたユーザー

かづ このユーザーの他の記事を見る

言いたい放題の毒舌主婦。
ブログは好き嫌いがハッキリと別れる系。
好きな人にとってはアドバイザーで救世主だが、嫌いな人にとってはクレーマーでトラブルメーカー。
11歳年上の手の掛かる旦那と4匹の猫+生真面目な社会人息子と暮す。
日常のあらゆる事に物言う日々。

得意ジャンル
  • 社会問題
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • 育児
  • 料理
  • 暮らし
  • カルチャー
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス