自分が経営する居酒屋にあまりにも客がこないため、Twitterに「やっぱり誰も来ず閉店」「もうあきらめよう」「仕事がしたい料理がしたい」などと店主が書き込みをしたところ、Twitterを2000人以上がフォロー。

そして多くの客が来店し、料理の味も大絶賛されていることが判明した。

・約2か月間も客がこなかった

インターネット上で話題となっている居酒屋は、東京都板橋区の「味ん輝」(ミンキ)。数年前、店主はお店の公式Twitterを作ったものの、店を宣伝する書き込みはとても少ない。

客がこない事に対する悲観の言葉が多く投稿されており、約2か月間も客がこなかったとも書き込みされている。

・Twitter拡散で爆発的に知名度アップ

店主の悲観的な書き込みを見つけたTwitterユーザーがポツポツとリツイート(拡散)をはじめ、さらにニュース記事になったことで爆発的に知名度が上がり、今まで毎日0人だった来客が十数人に増えたようである。

ちなみに、客がこなかった最大の原因は「入りにくい入口」と「意味もなく広くてグリーンな内装」にあると推測されている。

・料理をベタボメして絶賛

もしかすると、行った客の多くは「怖いもの見たさで行ってみるか」「一度くらいならネタになるし行ってもいいかな」と思っていたかもしれない。「可愛そうだからボランティアとして行ってあげようかな」と思っていた人もいるかもしれない。

しかし、行った客の多くが料理をベタボメして絶賛。「美味しかった!」という報告が、改めてTwitterで拡散しているのである。以下は、インターネット上の料理に対するコメントである。

・インターネット上のコメント

「味ん輝行ってきたよ!めちゃ美味しかった」

「料理も(詳しくないけど)しっかり作ってあって美味い」

「値段もリーズナブル。普通に満腹で2人4000円でした」

「やや謎の味付けに一瞬戸惑うんだけど癖になるこの感じ」

「大山の味ん輝っていうお店がコスパ良くて良いよ!お通しの概念が崩れるレベル」

「すっげえくつろげる居酒屋でマジ穴場」

「三種天550円。本日は茄子、きのこ、玉ねぎのかき揚げだったようです。カウンター席では揚げたてがすぐ出て美味!」

「ぶたの唐揚げ650円。油淋鶏風の味付けでなかなか美味しいとのこと」

「ネタ抜きで美味しゅう御座いました。料理の提供には時間かかるので店内のような広い心を持って来てくださいというのがアドバイス」

「大山 味ん輝 ひとくちパスタ(カルボナーラ)三人で割っても一口は無理(笑) お味はピリ辛の和風カルボナーラ。一推し具はウインナー」

「お通しはボリュームのある牛のタタキ。タタキは筋があるが、野菜はシャキシャキしており、切り昆布まで乗っていて、お通しには嬉しい品」

「味もしっかりしてて、値段もリーズナブルだった」

「味ん輝風チャーメンデカすぎだろォ~コレ~」

「大山 味ん輝 みんき風チャーメン 皿うどんかと思ったら、あんかけがテクニカルな味で美味しかったが謎が残った」

「ボトルキープしよ」

・行く客の多くが料理を褒める

単なる話題性だけの居酒屋なら、今だけ流行り、いつしか客がいなくなり、誰もこない状態に戻っていただろう。

しかし、行く客の多くが料理を褒めているのは事実であり、店主の料理スキルが確かなのも事実のようだ。その味がブレることなく続く限り、「味ん輝」から客が途絶えることはないだろう。

ちなみに、「味ん輝」は単品料理がメインだが、食べ放題コースも用意しており、なんと4時間30分も飲み放題&食べ放題で3500円という破格値。いくら客が多く訪れたとしても、経済的に心配になってしまう価格である。

出典 YouTube

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス