記事提供:wondertrip

先進国日本にも「秘境」と呼ばれる、時間が止まったような場所があります。そう呼ばれるだけあって、なかなかアクセスが大変なスポットも。苦労してたどり着いた先には、疲れも吹き飛ぶほどの絶景が!日本の秘境10選をお届けします。

この記事の目次

#1 マイナスイオンでリラックス・山梨〈西沢渓谷〉
#2 切り立った崖の下は、美しい世界・青森〈仏ヶ浦〉
#3 アウトドア好きさんにおすすめ・広島〈帝釈峡〉
#4 選ばれしものの島・東京〈青ヶ島〉
#5 秘境よりもすごい「桃源郷」・徳島〈落合集落〉
#6 屋久島の穴場スポット・鹿児島〈蛇之口滝〉
#7 「こだま」に会えるかもしれません・青森/秋田〈白神山地〉
#8 スリル満点の絶景・奈良〈大台ヶ原〉
#9 日本人のあたたかさ再発見・長野〈遠山郷〉
#10 厳寒の絶景・北海道〈ウトロ〉
#11 時間を忘れに行きませんか

マイナスイオンでリラックス・山梨〈西沢渓谷〉

西沢渓谷は、山梨県秩父多摩甲斐国立公園の中にある美しい渓谷です。一番の見どころが写真の七ツ釜五段の滝。トレッキングコースを歩いていくといくつもの滝や奇岩を目にすることができます。

日本有数の清流で、マイナスイオンを体いっぱいに浴びられるスポットとしても知られています。首都圏に位置しながらも歩いてしか行けない絶景。紅葉の時期には言葉を失うほどの景色に出会えますよ。

切り立った崖の下は、美しい世界・青森〈仏ヶ浦〉

本州最北端、下北半島にある仏ヶ浦は「神の業」「鬼の手造り」ともいわれるほどの巨岩や奇岩が連なる景勝地です。断崖絶壁の姿を、まずは展望台から見てみましょう。その後、遊歩道を下りて仏ヶ浜に向かい岩たちを間近で感じてください。

おすすめなのは、佐井港から出ている仏ヶ浦観光船。海の上から高くそびえる断崖を見上げることができます。干潮時にしか見られない「不老長寿の水」という湧き水をぜひ探してみてください。

アウトドア好きさんにおすすめ・広島〈帝釈峡〉

広島県にある帝釈峡は、18キロにも及ぶ渓谷で雄大な景色が魅力のスポットです。見どころの一つ、雄橋は自然が作り出した橋で「世界三大自然橋」にも数えられています。

より「秘境感」を感じたい方にはカヤックツアーがおすすめ。歩いて入れない場所にもカヤックで進むことができます。両側にそびえたつ緑豊かな山肌と静かな水に癒されること間違いなし。ガイドさんがいないと入れない、難コースの鍾乳洞も密かな人気スポットです。

選ばれしものの島・東京〈青ヶ島〉

まるでRPGゲームに出てきそうな姿の青ヶ島、実はここ東京都なんです。八丈島の南に位置する人口160人の有人島で、日本一人口が少ない島でもあります。二重カルデラといわれる珍しい形が特徴的で、アクセスの難しさから「選ばれた者しか行けない島」なんて呼ばれているそうですよ。

周りを全て海に囲まれ、中心部以外にはほとんど建物がないため、星空の美しさは世界一ともいわれています。島の展望台からは、360°の青い海を見ることもできます。まさにここでしか見られない絶景がある秘境島です。

秘境よりもすごい「桃源郷」・徳島〈落合集落〉

西日本には「平家の落人伝説」がある地域がいくつかあります。ここ、徳島県の落合集落もその一つです。「かずら橋」で知られ日本三大秘境に数えられる祖谷の奥、山道を登った先にある里山です。

急斜面に石垣や畑が広がり、茅葺き屋根の古民家が並びます。一番古いものは江戸時代のものだとか。平成24年から始まった「桃源郷祖谷の山里」という古民家宿プロジェクトにより茅葺き屋根の家でのお泊りが可能に。桃源郷の静かな夜を体験してみませんか?

屋久島の穴場スポット・鹿児島〈蛇之口滝〉

世界遺産にも登録されている鹿児島県の屋久島。樹齢7200年ともいわれる縄文杉までは片道6時間、日帰りでは難しい秘境スポットです。旅行会社などでツアーが組まれるようになってからはたくさんの人が訪れるようになりました。

そんな屋久島で比較的人が少なく、しかも絶景なのが蛇ノ口滝です。2時間ほど登山道を歩くと一枚岩を這うように流れる滝に出会うことができます。滝壺は水流がないので、泳ぐことも可能なんですよ。

「こだま」に会えるかもしれません・青森/秋田〈白神山地〉

ジブリ映画「もののけ姫」のモデルとなったといわれているのが、秋田から青森にかけて広がる白神山地です。世界遺産にも登録されている原生林の面積は13万ヘクタール。散策ハイキングから本格的なトレッキングまで楽しめる懐の深い森です。

青森側にある十二湖、その中でも青池はその水の色と周りの木々とのコントラストが幻想的な空気を醸し出しています。遊歩道はありますが、自然の厳しさも感じられる山です。入山する際にはビジターセンターにぜひお立ち寄りを。

スリル満点の絶景・奈良〈大台ヶ原〉

奈良県、吉野熊野国立公園にある大台ヶ原は日本屈指の降水量が独特の原生林を形成した貴重な山として知られています。かつては苔の生育に適した気象条件から「苔むす山」と呼ばれパワースポットでもありました。

ビジターセンターを出発したら、大蛇嵓(だいじゃぐら)を目指しましょう。登り切った先には断崖絶壁、周囲の山々が見晴らせるパノラマスポットです。標高1000メートルから谷底を覗いてみてください。登った人にしか味わえないスリル満点の絶景ですよ。

日本人のあたたかさ再発見・長野〈遠山郷〉

長野県には「日本のチロル」「天空の里」と呼ばれる秘境があります。遠山郷「下栗の里」は標高1100メートル。公共交通機関では行くことができません。急斜面に造られた水田や畑はまさに日本の原風景。

地元のガイドさんが自然や町のお祭りなどを親切に案内してくれます。南アルプスを一望できるビューポイントも地元住民の手で作られました。景色だけでなく、おもてなしも「昔ながらの日本」な秘境です。

厳寒の絶景・北海道〈ウトロ〉

北の果ての秘境もご紹介しましょう。知床半島にあるウトロはオホーツク海に面し、流氷が見られることでも有名なスポットです。氷に覆われた海面に夕日が反射し、真っ赤に染まる世界は絶景以外のなにものでもありません。

厳しい寒さの時期しか見られない流氷。その上を歩く「流氷ウォーク」や氷の下の世界が見られる「流氷ダイビング」など「え?そんなことできちゃうの?」というアクティビティも盛りだくさん。秘境を目いっぱい楽しんでください。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス