記事提供:CIRCL

イギリス・エディンバラ大学の研究グループは、世界中から35万人の遺伝子情報を調べ、親の遺伝的特徴が違うほど、子どもの身長、認知能力(学習、記憶、問題解決などの能力)、学業成績、心肺機能が優れているという結果を示した。

遺伝子で結婚相手を決める時代に?

お互いの遺伝子を見比べて結婚を決める。そんな時代がくるかもしれない。身長、認知能力、学業成績、心肺機能が高いということは、人生に大きな影響を与えるだろう。

エディンバラ大学の研究者らは、特にこのような形質は、子どもが成長して結婚相手を見つけ、また次の世代の子どもを残すといった、生物の生存競争に有利な遺伝形質であると考察しており、このような遺伝形質は両親の遺伝的特徴の違いによって、もたらされる傾向があることを示した。

一方で、両親の遺伝的特徴と血圧、コレステロール値、体重との相関関係は見られなかったという。その理由はこう考えることができる。

このような遺伝形質は、人生の後半、ある程度の年齢を重ねた後に関わってくることが多く、そのころには既に結婚相手を見つけ、子どもを残している可能性が高い時期であり、そのような遺伝形質は両親の遺伝的特徴の差異とは無関係だということだ。

両親の遺伝的差異によってもたらされる子ども(子孫)の遺伝形質は、その子孫が次の世代を残すための生存競争に早期に打ち勝つための形質と言える。

その子ども性質は遺伝によるものか、それとも環境か

研究者らは、両親の遺伝的特徴の違いが、子どもに与える影響を主張しつつも、その影響は極めて限定的で、遺伝子が全てではない、と指摘している。

「遺伝か? 環境か?」の議論は、一部の遺伝性疾患を除いては、結論が出ない。遺伝と環境の両方が複雑に絡み合って、さまざま性質が決まるのである。

自分とは違うタイプを好きになる?

自分にないものを持っている人に引かれることや、人によって好き嫌いのタイプが異なることは、異なる遺伝的特徴の相手を見つけ出し、優れた子孫を残すために、私たちが生まれながらに持っている本能の表れかもしれない。

だとすると、結婚相手を選ぶ際には、相手の人間性への素直な自分の気持ちを大切にすることが、最良の選択となるのかもしれない。

子どもは二人にとっての最高の宝物であり、あなたが子どもにしてあげられる最高のプレゼントは、子どもの遺伝子の半分(相手)を選ぶことであるのだから。

参考:Health Day
参考:医療ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス