記事提供:TABIZINE

最近テレビでも国際結婚や外国人彼氏にフィーチャーした番組もあり、国際恋愛に憧れを持つ女性も多くなってきた近年。旅好きは「外国人と恋愛」しやすいというデータもあるそうです。

「だけど実際はどうなの?」という外国人と付き合って分かったアレコレを、アメリカ人を彼・夫に持つ経験者の意見と、筆者の経験談も踏まえご紹介したいと思います。ちなみにアメリカ人は、日本人女性が結婚相手にしたい外国人男性ランキング第2位です!

1. 変化にすぐ気付く

髪を数センチ切っただけですぐに「髪切ったよね?」と気付いてくれたり、新しいピアスなどの小さい変化にもすぐに気付いてくれる人が多いアメリカ人。

気付いてくれたあとは必ずといっていいほど一言褒め言葉を添えてくれるのは小さな頃から親から「女性を褒める」ということを徹底して教育されているからなのだとか。

なにかいじわるをすると「そんなんじゃ女の子にモテないよ」と言われて育ったアメリカンボーイも多いというのだから、これは一種の英才教育ともいえますね。

2. 表現がド・ストレート!

物事をオブラートに包むことはせずに、思ったことをそのまま口にだして表現する人が圧倒的に多いアメリカ人。愛の言葉や褒め言葉などもそうですが、それは逆もしかりで喧嘩のときにも共通することです。

「そんなにはっきり言わなくても…」と思うこともはっきり言う彼らですが、そんな彼らにとっては言いたいことを黙って飲み込むことを美徳としている日本人女子が不思議でしょうがないんだとか。

3. 気分の浮き沈みが激しい!

人にもよると思いますが、アメリカ人は自分の持っている感情を抱え込まず外に出す人が多いです。

例えば日本人だとジェラシーを抱いたときにどれだけそれを隠せるかで度量というものが試されがちですが、彼にとってはそういった感情は隠すものではありません

思いっきり表情や態度に出すのが普通と考える彼らだからこそ、日本人女子にはもっと自分の感情を出して欲しいと思うのかもしれません。

4. 早い段階で友達に会わせる

日本だと顔も合わせたことのない人の結婚式やパーティーに参加するなんてことはないですが、アメリカだと配偶者だけでなく彼女・彼氏という立場で参加することが慣習のひとつ。

アメリカ人はこういった場で「自分の友達とどう接するか」「友達は自分の彼女のことをどう思うか」というポイントを見ていたりするので、実は気が抜けないシチュエーションだったりするんです。

5. I love youまでが長い!

意外かもしれませんが、アメリカ人はすぐに”I love you”とは言いません。アメリカ人にとってこの言葉は、日本人が思っているよりも重く大切な言葉。

外国人と付き合ってみる!?ちょっと曖昧な欧米人の恋愛スタイル」でも紹介したように、付き合ったとしてもきちんとお互いの関係が深くなるまで軽率に”I love you”とは言わないことが暗黙の了解となっています。

デート期間を設けて適切な人かきちんと判断してから彼女・彼氏としてスタートするアメリカ人の感覚からしたら、理にかなっているのかもしれません。

6. 友達よりも恋人との時間を大切にする

みなさんは友達と恋人から同時に遊びの誘いがあったらどうしますか? きっと状況やそのときの気分などによるかと思いますが、アメリカ人は「恋人との時間」と答える人が圧倒的に多いです。

彼らにとってはそれが「普通」のことなので、恋人を優先することで友人から非難されることもありません。

できるだけ一緒にいたい、できるだけ甘い時間を過ごしたい、というアメリカ人と一人でいることが好きな日本人女性のカップルの場合は、すこし距離の取り方が難しいかもしれません。

7. サプライズが大好き!だけど…

とにかくサプライズが大好きなアメリカ人。サプライズしてくれるのは嬉しいですが、実はそんなサプライズにも注意事項があるんです。

喜ばそうと一生懸命計画して実行してくれるのはありがたいのですが、その熱量と同じくらいの大きなリアクションが必要となるんです。

もしリアクションが薄かったり男性が想像と違うものだった場合は、露骨に悲しみその場が凍りついてしまうこともしばしば。それが原因で喧嘩になることだってあるんです。


バックグラウンドが違うからこそ、相手のことだけではなく自分の新たな一面を発見できたりもする国際恋愛。外国人男性の7割が日本人女性に恋したことがあると回答したという事実もあり、実際ご縁のある人も増えているのかもしれません。

アメリカ人を一括りにすることはできませんが、総じて陽気でユーモラスな人が多い国であることは間違いありません。

大変なこともありますが、普段当たり前だと感じている凝り固まった偏見や常識など国際恋愛を通して気付く色々なことは、ライフワークにも生かされる財産かもしれませんね。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス