記事提供:しらべぇ

女性は、男性の育ちの良し悪しをしっかりとチェックしているものだ。そして食事作法には、育ちがもっともよく現れるだろう。しらべぇ取材班は、女性たちに「育ちが悪そう…」とドン引きした男性の食事作法を聞いてみた。

①お寿司に甘いジュース

「食事デートでお寿司を食べに行った時に、彼はドリンクにコカ・コーラを注文。お寿司に甘いジュースを頼むなんて…見ているだけで気持ち悪かった

本人いわく『子供の頃から、食事にはジュースを飲んでいたからこれが当たり前』と言っていて…。ちょっと引きました」(Yさん・29歳)

出典しらべぇ

②なんでも唐辛子をかける

「その男性は辛いものが大好きで、マイ唐辛子を持ち歩いていて。かける量も味噌汁に1瓶の半分ほどドバッと入れるなど、尋常じゃない。

味覚が度を超えている人って、大人になってからの嗜好かもしれないけれど…なんか『育ち悪そう』って思っちゃいますね…」(Sさん・29歳)

出典しらべぇ

③かなりの偏食

「その人は、肉以外は食べられないというかなりの偏食。本人は『お腹に虫が沸いたら大変だからと、親が魚などを一切与えなかった。

大事に育てられたから偏食なんだ!』と偉そうに言っていましたが。はたから見たら、甘やかされて育ちすぎた『育ちの悪い人』にしか見えないです…」(Rさん・33歳)

出典しらべぇ

④ハムスターの頬袋

「食事をする時に、口に詰めこみまくる人がいて。ハムスターの頬袋みたいで、いまにもはち切れんばかりにパンパンに…。

たまに詰めこみすぎて、口からニュッと食べ物が出てくることもあって。こんな下品な食べ方をする人は、はじめて見て…最悪でした」(Sさん・25歳)

出典しらべぇ

⑤クシャミや咳をする

「食事中に相手が目の前にいるのに、手で覆わずにクシャミや咳をする人がいました。向かいにいるから当然、料理の中にツバも飛んでくるし。

ヒドい時だと食べ物が口に入ったままでするから食べカスがバーッと飛んでくることも。こんなことを平気でできるなんて、どんな育ちかたをしたんだか…」(Tさん・27歳)

出典しらべぇ

「育ちが悪そう」と思われる食事作法をすれば、女性から一瞬で嫌われる可能性がある。気をつけたい。

・合わせて読みたい→トイレに行っている隙に…! 「食事デート中の男性の恐すぎる行動」

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス