記事提供:まだ東京で消耗してるの?

こんにちは、プロブロガーのイケダハヤトです。現在月200~300万円ほどを、ブログで稼いでます。定期ポストとして、「ブログで稼ぐ」の現実について書いておきます。

プロブロガーになるためのハードルは高い

周知のとおり、ブログだけで生活費で稼ぐ「プロブロガー」になるのは、かなりハードルが高いです。ブログ一本で長期的に稼げている人って、国内でも100人いないんじゃなかろうか……。プロ野球選手よりレアな存在ですよ、多分。

どのくらいのハードルがあるかというと、安定的に収益を出すためには……少なくとも3,000本程度の記事ストックがほしいです。1日10本の記事を書く。これを300日続ければ、まぁ、そこそこ稼げるようになっていると思います。えぇ、それができれば苦労しないんですけどね。

ちなみにうちは、7,000本くらいの過去記事があります。7年以上コツコツと書き溜めてきたものが、今になって資産になっているわけです。このくらいになると昼寝しててもアクセスがくるんで、いい不労所得になっています。

関連記事:ブログは不労所得になる:更新サボっても、毎月80万円くらい稼げるようになりました

と、夢のような話ですが、ぼくはトップクラスのブロガーであることを忘れないでください。そうですね……ゼロからのスタートの場合、赤字期間が3年続く覚悟でやらないと「プロ」になるのは難しいと思ってください

3年はずっと赤字。これに耐えてください。そうしたら、プロになれるかもしれないし、なれないかもしれない。そんな感じです。

えぇ、そりゃそうですよ、いきなり野球始めてプロになれるわけないじゃないですか。ごくまれに数ヶ月でプロになれる人もいますが、ああいうのは例外的なので、凡人は努力するしかありません。ぼくも毎日こうして記事書いてます。

副業なら簡単

ただし、あくまで「副業」と割り切るのなら、話はだいぶ変わります。そうですねぇ、毎月2~3万円でいいのなら、上手い人なら1年もあれば稼げるようになりますよ。怪しい話とかではなく、そのくらいの事例はゴロゴロ転がってます。

リアルな数字でいうと、素人の方がゼロから始める場合、概ね、1ページビュー(1回の閲覧)は0.2~0.3円程度になります。1回ページを見れくれたら、それが0.2円くらいになる、ということですね。

となると、月間で10万PVあれば、それだけで2~3万円になってしまいます。アフィリエイトなんかも同時攻略していけば、5万PVでも余裕で2~3万円に届きます

月間10万PVを目指せ

んで、この「月間5~410万PV」というのは、そこまで高いハードルではありません。実際、うちの元アシスタント・矢野大地さんは初月で大ホームランを打ったこともあり、1年足らずで10万PV規模のブログを作ることができました

ちなみに、彼は文章めちゃくちゃ下手です。一冊本を作ったのですが、いやー、ひどかった。全面的に書き直しましたよ……。そんな文章力でも、10万PVは達成できるんです。で、月に2~3万円のお金になるんです。

あなたの好きなことを書こう

そして、この程度のページビュー数なら、どんなコンテンツを扱っても達成できると思われます。あなたが盆栽が好きなら、盆栽について書いてください。あなたがサイクリングが趣味なら、サイクリングブログを書きましょう。

差別化を意識しながら淡々と更新していけば、10万PVは到達できるはず。なので、副業としてブログを始めるのなら、自分が「好きなこと」をベースに記事を書くのを強くおすすめします

「好きなこと」についてなら、記事も書きやすく、更新頻度も高く保てます。読書が好きなら読んだ本の感想を、映画が好きなら映画の感想を、料理が好きならレシピでも。これ本当に、なんでもOKです。

また、好きなことについて書く場合は、「アフィリエイト」も攻略しやすくなります。
たとえば、「お菓子作りが好きな人」なら、「お菓子作りが好きな人が、何を欲しがるのか」を掴みやすくなる、という具合。

その商品をブログで売って、アフィリエイト収益を得ることができるのです。

1日1本更新を365日

というわけで、ブログを副業にしたいみなさん。まずは、「あなたが好きなこと」を軸にして、「毎日1本」、ブログ記事を更新していきましょう。で、それを1年。つまり年間365本。これが最初の目標地点です。

うまく書けば、検索エンジン経由で1記事あたり5~6PVは稼げます。365本×5PVで、月間2万PV程度の検索流入。あなたが書いた記事が、20,000ページビューを稼ぐ資産になる、ということです。

加えて、ツイッターやフェイスブックから毎月3万PVの流入を獲得できれば、それだけでもう5万PVです。つまり1万円くらいの収益になります。もちろん、本数が増えれば増えるほど、アクセス数も収益も増えていきます。ね?簡単でしょう?

ポイントはやはり「検索経由の流入」で、この点に関してはアクセス解析とにらめっこして、「ブログ記事のタイトルと中身」を日々改善を続ける必要があります

ぼくの場合は、Google Analyticsの「オーガニック検索」の項目をチェックしてます。ここは超重要なので、毎日見てますね。

このデータを見ながら「あ~こんな記事が検索エンジンで読まれてるのか。じゃあ次はあの話を書こう」と考えてます。

「長年ブログを続けているのに、ぜんぜん稼げない」という人は、だいたいこの部分のPDCAが回ってないですね。「検索エンジンを狙ったコンテンツ制作」は、ブログで稼ぐなら必修科目だと思ってください。

クラウドソーシングよりも、ブログがおすすめ

と、つらつらと書きましたが、実のところ月3万円の程度なら「クラウドワークス」「ランサーズ」「シュフティ」あたりを使えばサクッと稼げたりもします。

これらはいわゆる「クラウドソーシング」で、会員登録をするだけで、サイト上で仕事をゲットできる仕組みです。最近はテレビや雑誌でも特集されてますし、ご存知の方も多いでしょう。

どんな仕事があるかというと、たとえば「ブログ記事の執筆」なんかがたくさんあります。一番上の「犬の餌について書いたら2,000円以上払います」というのは面白いですね。

と、手っ取り早く稼ぐならクラウドソーシングはありなんですが、ぼくはやっぱりブログをおすすめしますね。というのも、クラウドソーシングは稼ぎやすい代わりに「発注主ありき」の文章の執筆なので、やっぱりあんまり面白くないんです。

コンビニバイトみたいなもんですね。エキサイティング!という感じはないと思います。加えて、クラウドソーシングの仕事は収益が「単発」なので、仕事が終わったら収益は途切れます。

クライアントとコミュニケーションを取って、いい関係を継続していく……というスキルが求められます。ぼくが苦手なやつですね!でも、ブログの場合は「更新していない日」にもアクセスが集まり、収益が発生するんです

わかりやすくいうと、ぼくが鼻くそほじりながら漫画読んでいる間にも、誰かがこのブログを読んでおり、広告収益が発生しています。ほら、今この瞬間も、全国で200人以上の方がぼくのブログを閲覧しています。鼻くそほじっているぼくのブログを!

しかも、ブログは自分が書きたいことを自由に書けます。その代わり、お金になるかどうかも自分次第。クラウドソーシングは与えられた仕事をこなす。ブログは自分で仕事を作り出す。ぼくはやっぱり、ブログのほうが面白いと思いますよ。

クラウドソーシングはせいぜい月商30~40万が限界だと思いますが、ブログなら100万とか超えますしね。どうでしょ、ブログやりませんか?

まずは書き始めてみましょう

始めるだけならタダなので、まだブログやっていない方はぜひ挑戦してみてください。入門本としては、ぼく(と編集者のTさん)が書いた「武器としての書く技術」をどうぞ。半分くらい編集者の方がリライトしているので、たいへん良い内容になっております。

あと、ブログで稼ぎたい人のために、2,980円の「教科書」を作りました。本気でチャレンジしてみたい方はこちらをどうぞ。

教科書プロブロガーによる「ブログ運営の教科書」(随時更新)

マネタイズ概論「ブログで稼ぐ」主要な方法を、月商300万稼ぐプロブロガーが丁寧に解説します。(随時更新)


教材を買うにせよ、まずは自分でやってみるのが一番です。今ならlivedoor Blogがいいでしょうね。サクッと開設して記事を書いてみましょう!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス