記事提供:TOCANA

これだけ科学が発達した現在でも、海にまつわる謎は計り知れない。とりわけ幽霊船の話は、まさに深い海のように不気味だ。乗組員が奇妙な失踪を遂げ、永遠に解明されないであろう謎に満ちた幽霊船10隻をご紹介しよう。

10. オーシャン・ウェーブ号(The Ocean Wave)

出典 http://listverse.com

1975年にオランダ人パフォーマンス・アーティスト、バス・ヤン・アデルは、船艇を使ったパフォーマンスを実行した。それは小さなヨットで米国マサチューセッツ州ケープコッドを出発し、英国コーンウォールのファルマスまで航海する計画であった。

いろいろと仕掛けがなされ、出港時には学生たちが船乗りの歌で送り出し、そして無事アデルがファルマスに到着した暁には、残り半分の歌を彼自ら歌う手筈であった。しかし彼は目的地に到着することなく、10カ月後に空のボートだけが見つかった。

事故、犯罪、もしくはこのパフォーマンスは彼自身、自殺を隠蔽する目的だったのか――。今となっては全てが謎だ。

9. ハイ・エイム6号(The High Aim 6)

出典 http://listverse.com

2002年10月、中国船籍の「ハイ・エイム6号」は台湾を出港したが、2003年1月にオーストラリア付近で乗組員がいない状態で発見された。

なぜこの船が放棄されたのかは一切不明で、食品も良好な状態で貯蔵されており、移民の密入国を企てた様子もなかった。しかしその後、唯一の生き残りとなる乗組員が発見され、再びニュースとなった。

その乗組員によれば船長とエンジニアの2人が乗組員(本人以外)全員を殺害し、2人は自分の国に戻ったということだ。この殺人事件の背後にある理由は全く謎である。

8. ジャン・セン号(The Jian Seng)

出典 http://listverse.com

「ジャン・セン号」は2006年にオーストラリア水域で、乗組員がいない状態で見つかった。船は綱の巻き上げ機やエンジンが壊れていたが、その他の故障や海賊に襲われた形跡はなかった。

しかしその後の調べで、この船に識別番号はなく、この船は一度も正式な登録がされていないことが判明した。またどこからも捜索願が出されていなかった。船内からは多量の米が見つかり、この船は漁船の補給船だと推測された。

その海域は不法漁業を行うインドネシア船のメッカであったが、結局どこの国の船かはいまだにわからずじまいだ。

7. カズ2号(The Kaz II)

出典 http://listverse.com

デ・バッテン、ピーター・タンステッド、ジョン・タンステッドの3人が乗船していた、小さなヨット「カズ2号」は、2008年にオーストラリアの海岸で無人の状態で発見された。

ヨットの帆は裂け、船内にはまだ動いているノートPCとコーヒーが入ったカップが見つかった。検死官は状況をこう推理した。まず一人がプロペラに絡まった釣り糸を解こうとして海に落ち、別の乗組員は、その彼を救おうとして同じく海に落ちた。

3番目の乗組員が彼らを助けようとヨットの向きを変えたが、風向きが不意に変わり、ヨットの帆台に打たれて彼も水の中に落ちた。この推理は道理には適っているが、現実には一体何が起きたのかは謎である。

6. ルナティック号(The Lunatic)

出典 http://listverse.com

「ルナティック号」は、72歳のスロベニア人ジュア・スタークの船であった。彼は、ある記録達成を目論んでいた。エンジンの付いていない最小ボートで世界中をノンストップで航海した最高齢の人物になることである。

スタークは経験を積んだ船乗りで1991年には世界一周旅行を行っており、その冒険についての本も4冊書いていた。ルナティック号には無線機も備えられていたが、2009年の1月1日に彼は突然応答を絶った。

その後ボートは通りかかった船によって見つけられたが、ルナティック号には嵐による多くの損傷があり、船後部にあるはずの緊急ボートはなくなっており、その後も発見されることはなかった。

5. レゾルベン号(The Resolven)

出典 http://listverse.com

1884年8月、「レゾルベン号」は別の船によって発見された。船からは何の応答もなかったので、乗組員たちが船に乗り込んだところ、船内には何のトラブルの兆候もなく、最近まで誰かが住んでいたかのように見えたという。

ギャレーには灯りがともり、テーブルには食事の用意ができていたが、それを食べる人間はいなかった。レゾルベン号に起こった事の唯一の手がかりは、船長が蓄えていた金貨と救命ボートがなくなっていたことだった。

4. 朝鮮人民軍の幽霊船

出典 http://listverse.com

2015年、日本の海岸付近で死体を乗せた謎の木造船11隻が相次いで見つかった。

ボートの状態からして、彼らは長い間海を漂っていたようであったが、それぞれの船には死体(計22体)があり、ある死体は首を切られ、1つのボートからは6個の頭蓋骨が見つかった。

唯一の手がかりは、1隻のボートに書かれた「朝鮮人民軍」というハングルと、別のボートから見つかった北朝鮮の国旗の一部であった。

一説によれば軍の無理な漁業推進による海難事故、もしくは脱北者とも考えられるが、実際に船で何が起きたのかは謎である。

3. シー・バード号(The Sea Bird)

出典 http://listverse.com

「シー・バード号」は、1750年に米国ロードアイランド州に流れ着いた商船である。船に人間の姿はなかったが、犬と猫だけが残されていて船の調査をする人々に嬉々として走り寄ってきたという。

船の調査後、いくつかの手がかりが発見された。ストーブの上にはコーヒーやコインがあり、朝食の支度がされており、まだタバコの匂いもしていた。船には災害や反乱があった形跡もなく、むしろ掃除も行き届いていた。

乗組員消失の唯一の手がかりは、航海日誌に書かれた最後の「ブラントン岩礁発見」というものだった。船の緊急ボートもなくなっており、ボートと乗組員は永遠に消えたままである。

2. マンフレッド・フリッツ・バヨラット氏(Manfred Fritz Bajorat)

2016年、地元のフィリピン人漁師が、風雨に曝されたままの操縦している人間が見当たらないヨットを発見した。

船内を調べると、ドイツ国籍のマンフレッド・フリッツ・バヨラット(59歳)がラジオの方に手を伸ばし、机に突っ伏した姿で死体となっていた。死因は心臓発作で彼の体がミイラ化していることは、素人目にも明らかであった。

彼は2009年から行方不明になっていたので、数年間海を漂っていたことによりミイラ化したものと初めは推測された。

しかし検視結果は驚くべきもので、バヨラットが死んだのはわずか1週間前であったという。たったの1週間でどうやって彼の身体がこれほどまで黒くなり、ミイラ化したのか誰にも説明できない。

1. メアリー・セレステ号(Mary Celeste)

世界的に有名な「メアリー・セレステ号」は、幽霊船の代表である。1872年11月、ベンジャミン・ブリッグス船長は妻、2歳の娘、そして8人の船員と共にメアリー・セレステ号に乗船した。

船はニューヨークを出発し、イタリアまで行く予定だったが、わずか1カ月後に無人で発見された。船からは救命ボートがなくなっており、積載されていた工業用アルコール6樽も空になっていた。

また、積載された6カ月分の食物と水は手付かずで残っていた他、船にダメージや争いの痕跡も見つからなかったという。この謎には諸説ある。

それは乗組員による暴動、海賊襲撃、海の怪物、食中毒、暴風雨、工業用アルコールの爆発等だ。しかし原因はいまだに究明されておらず、メアリー・セレステ号はこれまでで史上最大の謎を秘めた幽霊船として語り継がれている。

「幽霊船」などはるか昔の出来事と思っている読者も多いだろうが、このように、ごく最近でも不可思議な海難事故が起きているのだ。

多くの場合、緊急ボートがなくなっているので、何らかの理由で乗組員が船を離れたと思われるが、なぜそうしなければならなかったのだろうか。これらの謎がいつか解明される日は来るのだろうか。

出典:List Verse
出典:HISTORY

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス