記事提供:しらべぇ

出典DragonImages/iStock/Thinkstock

会社に長く勤めていると、ふとした時に周りの社員を見て「この人…老けたなぁ」なんて思うこともあるだろう。そこでしらべぇ取材班は、男性たちに「入社した頃は可愛かったのに、オバちゃんになったな…」と思った女性社員の行動を聞いてみた。

1.「目がかすむ…」

「今年30歳になった子が、PCや書類の小さな文字を見ながら『最近、目がかすむんですよね~。視力悪くなったのなぁ』と、よく目をこすっているんですよ。

『それって老眼の始まりなんじゃ…』という言葉が喉元まで出かかりますが、絶対に言えません…」(Kさん・38歳)

出典しらべぇ

2.後輩をいびる

「入社した頃は、オドオドして大人しかった子。お局様的な先輩女性から目をつけて、よくいびられて半泣きになっていました。

しかし、そんな彼女も28歳に。今では彼女がお局様的な立場になり、後輩女性をヒステリックに叱りつけていびっている…。見ていて切ないです」(Sさん・32歳)

出典しらべぇ

3.声がデカくなった

「若い頃は、蚊の泣くような声で喋っていて、口元まで耳を持っていかないと、何を言っているかわからないくらいのシャイな子でした。

32歳になった今や…二部屋先の会議室にいても、彼女の喋り声や笑い声が聞こえてきて。声が大きいオバちゃんになったなと…」(Kさん・38歳)

出典しらべぇ

4.下ネタが十八番

「29歳になった子は、仕事中に『0.01mmのコンドームが限定発売されるんですって~。買うんですか~?』などと、普通に下ネタを連発する。

昔は、職場の飲み会でちょっと下ネタが出ただけで、顔を真っ赤にするようなピュアな子だったのに。人って変わるんですね…」(Hさん・32歳)

出典しらべぇ

5.「ねぇ、知っている?」

「口を開けば『ねぇ、知っている?』と、◯◯さんが転勤になるだの、取引先の人と交際しているだの、と職場内の噂話ばかりを口にする27歳の子。

入社した頃は、噂話ばかりする先輩女性たちを『年を取ると、噂話しか楽しみがないんだね』と引いていたのに…今や自分が噂話の発信源になっています」(Tさん・32歳)

出典しらべぇ

「オバちゃんになったな…」と思われないためにも、女性社員は自分の行動に気をつけたほうが良さそうだ。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス