記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
対人恐怖症って聞いたことあるでしょうか?人前に出ると緊張することはだれでもあると思いますが、対人恐怖症は特に日本人におおく見れらる疾患であると言われています。

その理由はなんなのでしょうか?

要チェック項目

□対人恐怖症は珍しい病気ではない
□対人恐怖症は社会不安障害とも言われる
□薬は根本的な解決にはならない

対人恐怖症ってどのような病気のことを言うのですか?

対人恐怖症なんて言うと、大変な病気のように思ってしまいがちですが、実は10人に1人から2人程度に見られる病気であると言われています。

人前で緊張することは誰にでもあると思うのですが、それによって学校や会社に行くのも苦痛になる場合には対人恐怖症である可能性があります。

社会不安障害

対人恐怖症は社会不安障害とか、対人恐怖、社交不安症とも言われます。人前に出れば、だれで多少は緊張したり不安になるものです。

しかし、この「社会不安」が過剰になると、社会生活に支障をきたす程の緊張や不安、恐れを抱くようにになってしまいます。

こういったことから最近では「社会不安障害」と呼ばれる訳です。そしてこの疾患はとりわけ日本人に多いと言われています。

なぜ日本人に多いのか

日本人はいい意味でも悪い意味でも和を重要視するという国民性があります。そのため、欧米などの自由を重視する国と比べると、人間関係が崩れてしまうことを極端に恐れてしまうのです。

ちょっと前に流行した言い方だと「空気を読む」というやつですね。もちろんそれがプラスに働く時もあるのですが、空気を読み過ぎるあまり、コミュニケーションに障害が出ることもあります。

病気と思われないのが問題

対人恐怖症の人にとっては深刻な問題でも、他人から見た場合、それほど深刻にみえないのがこの病気の厄介なところです。

「気にしすぎじゃないの?」とか「甘えてるんじゃないの?」などと言わると、余計にプレッシャーが増大してしまい、最悪の場合ひきこもりになってしまいます。

対人恐怖症はどのような人に多く見られますか?

女性

対人恐怖症は意外といったら怒られるかもしれませんが、女性に多く見られる疾患であるということです。男性に比べると2倍も多いそうですよ。

若い人

対人恐怖症がみられるのは、主に10代後半から20代前半の人が多いということです。ただ、実際に病院を受診する人を見てみると、20代から30代が多いようです。

何故かというと、20代から30代という時期には就職や結婚、出産などで他人とかかわる機会が増えてきます。公園デビューなんて言葉もありますが、女性にとっては頭の痛い問題でもある訳です。

対人恐怖症の症状について教えてください

対人恐怖症チェックリスト

・人前ではマスクやサングラスをしている方が落ち着く
・人前で話をする時に赤面してしまう
・人前で字を書こうとすると手が震えてしまう
・人の中にいると緊張して手汗をかいてしまう

・電車に乗った時にどこを見ていいかわからない
・電車に乗る時は、出入り口のすごそばにいないと落ち着かない
・エレベーターなどの狭い空間で他人と一緒になると緊張する
・近所の人と目が合うとどうしたらいいかわからずうろたえてしまう

・自分は正直で素直な性格だと思う
・会話中に、自分がおかしいと思われているのではないかと感じる
・それほど親しくない知人と会ったときに挨拶をするかどうかかなり悩む
・人付き合いは広く浅くよりも狭く深くの方がいい

…以上に当てはまる数が多いほど、対人恐怖症の可能性が高いと思われます。

対人恐怖症の原因としてはなにが考えられますか?

性格

「三つ子の魂百まで」ではないですが、対人恐怖症になってしまうような人は、小さいころから神経質で、些細なことにこだわりを見せるなど、怖がりな性格傾向があるそうです。

環境

対人恐怖症の人には、分離不安の傾向も見られるということです。どういうことかというと、例えば小さい時に保育園や幼稚園に行った時に、母親と別れるときに泣いてしまってなかなか離れられないようなことがこれにあたります。

また、他の子供が怒られたことに対して過度に恐怖してしまったり、先生の質問に答えられないのではないかと不安になってしまったり、失敗した経験が足かせになってしまったりと、その要因としてはいろんなことが考えられます。

対人恐怖症はどのようにして治療すればよいのでしょう

薬物療法

対人恐怖症の病院での治療は、一般的に薬を用いて治療することが多いようです。用いられる薬は、うつ病の治療と同じく抗うつ薬、抗不安薬がメインとなります。それによって症状がある程度抑えられるということです。

心理療法

薬は症状を抑えるだけで根本的な解決にはならないので、合わせて心理療法も行うことが大事です。それによって、不安や恐怖を感じてしまう場面に対処する方法を身につけるトレーニングとなります。

≪人に嫌われるのが怖い…どう思われているの気になる…≫
他人事じゃない「対人恐怖症」の可能性をチェックしてみよう!

薬の飲み過ぎには要注意です!

実際に自分や周りの人が精神的な疾患になってみないと分からないのですが、日本では抗うつ薬や抗不安薬、精神安定剤などによる薬物依存の弊害がかなりあるそうです。

薬は薬は根本的な治療ができるものではないので、考え方を変えていくことが重要です。

(監修:Doctors Me 医師)

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス