散骨についてどれくらい知っていますか?

自分の大切な家族に「散骨してほしい」と願いを託されたらあなたはどうしますか?

誰しも願いを叶えてあげたいと思い散骨を実行しようと思うでしょう。しかし散骨にはトラブルが起こり得るのです。散骨のルールや費用、トラブル事例などをまとめてみました。

■散骨できる場所

よく耳にするのが海へ散骨する海洋散骨。山へ散骨する方もいらっしゃいます。驚かされるのは自宅の庭に散骨する方もいらっしゃるとか。

散骨できる場所を詳しく解説されているサイトがありましたのでご参照ください。

散骨を選択するメリットは何なのでしょうか?

一般的にはお墓にお骨を入れて供養する方やお寺にお骨を預けて供養する方が多いと思います。

しかし散骨は前者に比べて年間に支払う維持費がかからない事やお墓の購入にかかる莫大な費用などがいらないメリットがあります。

墓地の種類によって管理料や護持会費などが違います。墓地には、「民営霊園」「公営霊園」「寺院墓地」と大きく三つに分類することができます。この墓地の種類ごとに基本的な維持費である管理料が変わってきます。

管理料や護持会費とは、霊園や寺院を運営管理するための料金で、お墓を洗うための水や園内の清掃などお客様がお参りされても困らないようにするための金額です。

民営霊園の年間管理料は、平均で5,000円から14,000円
お墓を維持するのにかかる料金は、管理料のみとなります。

公営霊園の年間管理料は、平均で4,000円から10,000円
お墓を維持するのにかかる料金は、管理料のみとなります。

寺院墓地の護持会費の年間料は、平均で10,000円前後
お墓を維持するのにかかる料金は、護持会費と年に1~2回ほどの行事参加費です。

出典 http://www.ishinoya.co.jp

上のリンク先にそれぞれの墓地のメリット、デメリットが書いてありましたのでご参照ください。

散骨にかかる費用はどれくらい?

重要!!散骨トラブル事例

安易に散骨を選択すると、思いがけないトラブルと遭遇することになる。

■「主人の遺骨を希望通りに海洋散骨したところ、親戚から『墓を建てるカネが惜しいのか』と総スカンに遭い、冠婚葬祭にも呼ばれなくなってしまいました」

■「散骨した親族が、親戚から『お参りができないじゃないか』『成仏させてあげられない』と責め立てられてしまうケースもある」

■家族が業者を通さずに個人で散骨すると、「国立公園になっている山中に勝手に撒いてしまい、バレて問題になることもある」(関西の葬儀社関係者)という。

出典 http://www.zakzak.co.jp

家族・親族間でしっかり話し合っておく事が大事ですね。

重要!!散骨をめぐる法律やトラブル

土地に散布を行う散骨は各地でトラブルが起こっています。

■北海道夕張郡長沼町において発生したトラブルもその一つです。 平成16年3月、NPO法人により樹木葬森林公園の施設設置の届け出が行われましたが、 地元では大騒ぎとなり平成17年5月に日本で初めての散骨を規制した条例が制定されました。

■墓地造成と同じく、陸地での散骨場は設置を予定する場所の近隣住民が、農作物に対する風評被害や地価の下落を懸念しトラブルになりやすいようです。

出典 http://sankotsu-sou.com

散骨に関する条例や規制がある自治体があるので事前に調べておいた方がいいようです。

よかれと思って散骨を希望したのにかえって家族を困らすことはしたくありませんね。散骨を希望されるならよく調べて家族・親族間で話し合う事です。

この世の中突然何が起こるかは予測できません。私も慌てないために自分はどう供養してほしいのかを家族にきちんと伝えておきたいと思います。

この記事を書いたユーザー

好奇心つよめスナフキン このユーザーの他の記事を見る

何事も興味深々な好奇心つよめスナフキンです。

得意ジャンル
  • 音楽
  • 動物
  • 社会問題
  • テレビ
  • エンタメ
  • コラム
  • おもしろ
  • ニュース

権利侵害申告はこちら