記事提供:ミラクリ

集団に馴染めないのは、結構なビハインドですよね。みんなと一緒にいるのに孤独を感じる習性があったり、群れとは違う方向に歩くクセがあると、人と衝突することも多いでしょう。

いやですよね、大変ですよね、そんな人生。でも、最近になって「集団に馴染めない人」が生きていく方法がなんとなくわかってきたんです。

集団に馴染むのが苦手な人の特徴

集団に馴染むのが苦手な人って、どんな感じなんでしょうか?ぼくが思うポイントをいくつか挙げてみます。

自分勝手、プライドが高い

自分が思った通りにしか行動しない人って、嫌われますよね。「納得するまでやりません!」とか言っちゃうような人でしょうか。そんな自分勝手な人を分析していくと、必ず謎のプライドがあるものです。しかも、そのプライドの壁がぶ厚くて、どこに扉があるのかわからないんです。

・好き嫌いがハッキリしている

好き嫌いがハッキリしている、つまり自分の価値観が明確な人も、集団では浮いてしまいますよね。

最近では「嫌われることを恐れない」「自分にウソをつかない」みたいなのが流行っているようですが、「たまには自分にウソをつけ」と言いたくなる人がいますよね。好き嫌いがあるのは自由なんですけど、趣味嗜好を押し付けられるのは面倒です。

・忍耐力がない

人間関係は、えてして我慢が大切ですよね。とくに仕事は自分だけの意向では進められないものですから、ときには顧客の要求に応えるために、自分のこだわりを諦めることもあると思います。

会社組織であれば、理不尽なことを我慢したり、専務の自慢話をじっと聞くことも仕事のうちだったり。ところが忍耐力がない人は、我慢して人に合わせることができません。

・干渉されるのが嫌い

人に干渉されるのが好きじゃない人も、集団から孤立しがちですよね。やはり会社の人間関係でも、近所付き合いでも、ある程度の干渉は潤滑油になります。週末は何をしていたのか、昨日はどんな食事をしたのか、そんな情報を交換することは、人となりを知ることと同義ですから。

プライベートな情報を隠す謎めいた人は、やっぱり敬遠されてしまいます。では、「集団に馴染めない人」にはなくて、「人付き合いがうまい人」にあるものって、一体なんなのでしょうか?

人付き合いがうまい人がもつ「最適化能力」

最近気づいたんですけど、人付き合いがうまい人って、どうやら最適化能力があるみたいです。最適化能力がある人とは…。

「冷蔵庫にある食材で美味しいチャーハンを作れる人」のことです。つまり、どんな環境に放り込まれても、上手に生きていける人のこと。「適応能力がある」とも言えますよね。

最適化能力がある人は、ときに自分の存在を消して、またあるときは色濃く表現して、集団に合わせていきます。「今日はギトギトの中華でも食べに行くか?」と部長に言われたら、お世辞でもなんでもなく、「いいっすね!」と心から言えてしまう。

これは本当にすごい能力だと思います。ちなみぼくには、この能力が備わっていないようです。では、集団に馴染めない人は、1人で生きていくしかないのでしょうか?

孤立しがちな人がもつ「こだわり」

集団に馴染めなければ、孤立しちゃいますよね。孤立しがちな人とは…。

「チャーハンを作るために好きな食材を買いに行く人」です。つまり、冷蔵庫にちゃんとベーコンがあるのに、「チャーハンはやっぱりチャーシューだろ」と言って買いに行ってしまう人。

やっと帰ってきたと思えば、チャーシューを煮込みはじめ、実際に食べられるのは明日だという。「こだわり」と表現すればカッコいいけど、実際はワガママすぎるだろ…って感じですよね。

集団に馴染めず、孤立しがちな人は、大なり小なりこの要素があると思います。この先どうやって生きていけば良いのでしょうか?

集団に馴染めない人は「創造」するしかない

集団に馴染めない人は、結局のところ、創造するしかないと思うんです。だって、誰かが用意した冷蔵庫の食材じゃ満足できないんですから。

・仕事を創る
・環境を創る
・人間関係を創る
・組織を創る

そう、与えられたものじゃなくて、自分で選択して、自分で創りあげるプロセスこそが、「集団に馴染めない人」にとって重要なんですよね。創造するためには、働き方を見直すことも大切だと思います。

会社員でいるのか、フリーランスになるのか、起業するのか。独立にはリスクが伴いますが、居心地の良い環境を作りやすいことだけは確かだと思います。

馴染む努力をするよりも、居心地のいい環境を自らつくること

もし今の環境に馴染めなければ、思い切って飛び出してみるといいですよ。ハッキリ言って転職には勇気が必要ですし、独立は決死の覚悟かもしれません。ぼくも実際そうでした。

でも、集団に馴染めない人は、いくら環境に馴染む努力をしても息苦しさがつのるばかり。居心地のいい環境を自ら創らないかぎり、その苦しさは解消できないように思います。新規事業にチャレンジしたって、「この指と~まれ」で集団を作っても良いじゃないですか。

集団に合わせられないなら、どれだけ合わせる努力をしてもズレてしまうのなら、いっそのこと自分で創ってしまえばいい。少しは生きやすくなるはずです。

ミラクリから一言

13年も会社員をやったのに、馴染めませんでしたから。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス