タクシーや教習車として用いることを前提に開発された車、トヨタ「コンフォート(COMFORT)」を自家用車用として、新車で購入した一人の男性。これが「凄い!」「教習者って買えるの!?」と、Twitterを中心に話題となっていたので紹介したいと思います。

「頭がおかしいのでコンフォート教習車を新車購入しました。」

というコメントと共に、ピカピカの新車を披露したのは、Twitterユーザーの“編集担当”さん。ちなみに、「コンフォート」は、タクシーの基本である快適性・機能性・経済性をしっかりと踏まえながら、さらに信頼と品質を追求したというモデル。

これは期待感が高まります。(笑)

Twitter上に並ぶ…称賛コメントの数々。

では、衝撃的すぎる…個人所有の教習車。どうぞ、ご覧下さい!

マジカヨ! (゚Д゚) スゲェェェェエエエ!!!

無駄なモノは一切ない室内!

トランクリッドには「COMFORT」のエンブレム!

そして、取り扱い説明書には

「教習車」

の文字が!これは凄い!

絶対に目立つであろう…個人所有の「コンフォート」。

なお、2018年から対歩行者に対する安全基準が強化されることにより、2017年秋に生産終了となっている「コンフォート」。購入者の“編集担当”さんは、生産終了のアナウンスを聞き、悩みに悩んだあげく、購入を決意したのだそうです。

助手席にもブレーキがある「教習車」。もちろん、この「コンフォート」にも存在するのですが…

もしもの時に、教官が踏む「補助ブレーキ」。普通の車には絶対についていない代物ですが…

残念ながら、これがあると車検に通らないとのことなので、金属製のカバーで使えない状態となっているのだそうです。ちなみに、見た目が面白すぎるので、邪魔ではあるものの、ペダルは撤去せず、このままにされるそうですよ。(笑)

興味深すぎる「コンフォート」。燃料や価格は!?

“編集担当”さんの思い切った行動によって、次々と明かされる謎多き「コンフォート」の秘密。「一目惚れした!」「私も欲しい!」という方は、参考にしてみては?

■購入価格■

216万円か…。高いのか安いのかはよくわかりませんが、人とかぶらない(個人車)という意味では、高級スポーツカーよりもレアかも!?

■燃料■

「LPガス」スタンドとは違い、どこにでもある「ガソリンスタンド」を利用する為、ガソリン車を選んだという“編集担当”さん。ちなみに、「LPガス」仕様の車も、購入する事は出来るそうです。(要手続き)

車内(内装)はこんな感じ!

さすがは、教習車仕様!

バックミラーは2つあり…

プラズマクラスターも装備!

これ、もう個人で自動車学校始めるべきですよね。(笑)

頼み込んで販売してもらった「コンフォート」

前例がないとのことで、最初は販売を控えていたディーラー。しかし、“編集担当”さんの熱意によって、販売してもらえることに。やはり、何事も諦めてはダメですね。

では、“編集担当”さんの男前すぎる行動に魅了された方々の、称賛コメントの数々。一挙にご覧下さい!

見れば見るほど魅力的に映る「コンフォート」。編集担当さんの影響で、2017年の販売終了時までに、あと数台売れるような気がする。

良い意味でぶっ飛んでる!(笑)

お仲間も登場!「コンフォート」愛され過ぎ!

買うなら今しかない!(笑)

周囲の視線を独り占めするに違いない(笑)、個人所有の教習車。興味を持った方は是非、お近くのトヨタ販売店へ足を運んでみてはいかがでしょうか?

※この記事は権利者の許可を得て掲載しています。

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス