総人口の4人に1人が65歳以上であり「超高齢化社会」といわれる日本。しかし、メルマガ『武田邦彦メールマガジン「テレビが伝えない真実」』の著者で中部大教授の武田氏は、この高齢社会はNHKをはじめとするマスコミが「故意に作り出したもの」と断言。

さらに「高齢者」を故意に作り出す、日本の3つの習慣を痛烈に批判しています。

マスコミに踊らされる日本。高齢社会は故意に作られた幻想だった

「高齢社会がくる」「年金が崩壊する」と暗い話ばかりですが、これはマスコミが作り出す幻想です。そんなことを言うと、「何を言っているんだ! 65歳以上の高齢者人口は3200万人、率にして総人口の25%で4人に1人が高齢者だ」と反論される。でも、違う。

まず第一は65歳以上を高齢者としたことによる。高齢者というのはどういう人を言うのだろうか? 仕事をするには体力がなく、家でゴロゴロしていて迷惑で、しかも病院にかかってばかり居るから医療費が高くなる。

年金は受け取るし、町に出れば汚らしい老人がトボトボとあるいている。若い人に言わせれば、仕事もせずに年金や医療費ばかり使って!と怒りが収まらないだろう。

それを加速させるためにNHKは高齢者番組を放送するときは、トボトボと歩く90歳の老人、病院で寝たきりになっている病人を映し出す。でも、いわゆる高齢者と言われる人で、ヨボヨボ老人、寝たきり老人の数は非常に少ない。

90歳以上の老人はわずか150万人、寝たきり老人の数もほぼ同数で、かなりの部分がダブっているので、「本当の高齢者」の数はわずか200万人程度、率にして1.5%、64人に1人だ

だから本当はNHKが映し出すようなヨボヨボ老人は少ないのだが、それを少し拡大して80歳以上の人を高齢者とすると、その数は1000万人、率にして7.8%、13人に1人だ。なぜ、それでも高齢社会と言うのだろうか? それは故意に高齢者を作っているからだ。

65歳以上は本当に「高齢者」なのか?

もちろん、第一に「60歳から65歳の定年制」で、まだ十分に元気で働くことができるのに、定年で失業する。厳密に言えば、女性の差別、門地の差別と同じ年齢の差別だ。元気で人一倍働くことができるのに、ただ「高齢」というだけで職を失うのだから時代錯誤も甚だしい。

そして定年を迎えると、仕事がなくなるので、精神的な支柱がなくなり、運動量も減るので元気を失って、時には病気になり、グチばかり言うようになってしまう。つまりまずは定年制を無くせば、ずいぶん多くの高齢者が元気になる

第二に「悠々自適」などの錯覚を植え付けることだ。人生は適度な労働、頭を使うこと、人のためになっているという実感などが大切で、定年後は悠々自適とか旅行でもしてのんびりとなどは「人間的」ではない。つまり同じ日本人なのに牢獄に閉じ込めるようなものだ。

そして、第三に低血圧に導く」ことだ。高齢になると血管が硬くなり、若い時と同じ血液を流そうとすると、血圧は高くなる。これは物理原則からいって正しい。そうすると血の巡りが悪くなるから、ガンになり、頭がボケる。

最近では「低血圧にしてガンを誘導し、ガンの治療法を研究して長く生きることができるようにする」というマッチポンプの医療政策がとられる。それで高齢者はガンになることを恐れ、ガンになって苦しみ、治療費がかかるというさんざんな結果に陥る。

確かに血管が硬くなっても血液を若い時と同じように流そうとすると、血圧が上がって血管が破裂したりする。しかし、心臓はその人の人生を考えて血圧を高くしているのであって、血圧が高いだけでは病気ではない

病的に血圧が高い場合を高血圧病という。血圧が高ければ、元気で暮らせるし、心も張り切る。楽しく暮らして、あるいは脳卒中になるかもしれないが、苦しんだりボケたりする老人は激減する

(続きはご登録の上、お楽しみください。初月無料です)

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス