ハリウッド女優にとって美容整形は特別なことではありません。日本においても近年、美容整形手術は一般的になりつつあります。

顔にメスを入れる手術はもちろん、ボトックスやヒアルロン酸を肌に注入してシワをカバーするといったライトなものまで、美容ケアは広がりを見せています。

一方で、美容整形は選ばずに、ありのままに美しく年を取りたい。そんな発言を始めたセレブたちがいます。

『タイタニック』のケイト・ウィンスレットが口火を

映画『タイタニック』(1997年公開)をご覧になったことがありますか?

1912年、大西洋に沈んだ豪華客船タイタニック号の悲劇に、若い男女の恋を絡めたスペクタクル映画です。『ターミネーター』『エイリアン2』のジェームズ・キャメロン監督が描く手に汗握るパニックは世界中で大ヒットとなり、一大ブームが訪れました。

青年ジャック役を演じ、一躍大スターとなったレオナルド・ディカプリオさん。
ヒロインのローズ役を演じ、溢れだす愛嬌と芯の強さで観客を魅了した主演女優がケイト・ウィンスレットさんです。

1975年10月5日 イギリス出身
アカデミー賞主演女優賞の受賞をはじめ、同賞へ6度のノミネート経験を持つ実力派女優として知られている。1994年にヴェネツィア国際映画祭銀獅子賞を受賞した『乙女の祈り』で映画デビューを果たす。翌年に公開された『いつか晴れた日に』でアカデミー助演女優賞にノミネートされ、英国アカデミー賞では助演女優賞に輝き、実力が認められるように。『エターナル・サンシャイン』、『愛を読むひと』など、話題作に多く出演し、数々の賞を獲得している。プライベートでは3度の結婚歴があり、3人の子どもを持つ母親。

出典 http://www.vogue.co.jp

『タイタニック』で共演以来、親友となったケイト・ウィンスレットさんとレオナルド・ディカプリオさんは、今年のアカデミー賞授賞式にも一緒に登場。お2人は19年前はヤングスターでしたが、今ではすっかりアカデミー賞の常連に。

ケイトさんは現在40歳。変わらぬ美しさに見えますが、年齢も感じさせます。
というのも、ケイトさんは医療的な施術で若さを作り出そうとはしていないから。

2011年、メディアにおいて「美容整形は選びません」と最初に口火を切ったのは、ケイトさんでした。

私は美容手術は受けません

Kate Winslet has declared that she will never give in to Hollywood pressure to undergo cosmetic surgery.

“It goes against my morals, the way that my parents brought me up and what I consider to be natural beauty," says the 35-year-old star ofTitanic.

出典 http://www.telegraph.co.uk

ケイト・ウィンスレットは、彼女がハリウッドのプレッシャーから美容整形手術を受けるようなことは決してないと宣言しています。

「それは私のモラルに反しているんです、自然に美しくあるためによく考えるよう、両親が私をそう育ててくれたから」と、『タイタニック』のスターである(当時)35歳の彼女は話しています。

“I am an actress, I don’t want to freeze the expression of my face.”

出典 http://www.telegraph.co.uk

「私は女優です、だから私は自分の顔の表現をフリーズさせたりしたくないのです」

ケイトさんの言葉は、美容整形を選んできたハリウッドの業界に一石を投じました。この発言が各誌の誌面を飾ると、ケイトさんに賛同する女優たちが声を上げたのです。

ハリウッド女優が賛同を

Licensed by gettyimages ®

アカデミー賞女優エマ・トンプソンさんは現在57歳。

1959年4月15日 イギリス生まれ
芸能一家。ケネス・ブラナー率いるルネッサンス・シアター・カンパニーに参加し、BBCラジオやコメディ・ツアーなど数多くの舞台に立つ。1989年に『彼がステキな理由』で映画デビューを果たし、1993年に『ハワーズ・エンド』でアカデミー主演女優賞を受賞。1995年公開の『いつか晴れた日に』でアカデミー脚色賞を受賞している。プライベートでは、ケネス・ブラナーとの結婚、破局を経て、『いつか晴れた日に』で共演した俳優のグレッグ・ワイズと交際し、1999年に長女を出産、2003年に再婚。また同年には当時16歳のルワンダ人の少年(ティンジェブワ・アバガ)を養子に迎えた。

出典 http://www.vogue.co.jp

“I’m not fiddling about with myself,” said Thompson, 52. 

“We’re in this awful youth-driven thing now where everybody needs to look 30 at 60.”

出典 http://www.telegraph.co.uk

「私は自分自身を誤魔化してないわ」と(当時)52歳のトンプソンはそう言います。

「私達は今、誰もが60歳の時に30歳のように見えなくちゃいけないという、ひどい若さ重視の中にいるんです」

エマ・トンプソンさんのコメントからは、ハリウッドでのプレッシャーの強さが垣間見えます。60歳の人が30歳の若さを求められる世界。

ハリウッドの基準は極端ですが、これは特別な価値観でもありません。我々の日常においても、若くあることが正解とされる傾向があるからです。

セクシーなレイチェル・ワイズも

Licensed by gettyimages ®

2011年に、007ジェームズ・ボンド役のダニエル・クレイグさんと電撃結婚したレイチェル・ワイズさんは現在46歳。

生年月日:1971/03/07 出身地:イギリス
名門ケンブリッジ大学で英文学を専攻する傍ら、劇団を結成し、エジンバラ演劇祭でガーディアン賞を受ける。その後も舞台を活躍の場とし、ロンドン批評家協会の新人賞を得る。映画デビューは96年の「魅せられて」で、同年には「チェーン・リアクション」でハリウッド・デビューも果たす。05年には「ナイロビの蜂」の演技で高い評価を受け、みごとアカデミー賞助演女優賞に輝き、女優人生の大きな節目を迎えた。私生活では、ダーレン・アロノフスキー監督と06年1月に婚約、同年5月末に男の子が誕生したが入籍をしないままその後破局。

出典 http://www.allcinema.net

Rachel Weisz said, “People who look too perfect don’t look sexy or particularly beautiful.”

出典 http://hollywoodlife.com

「パーフェクトすぎて見える人ってセクシーにも見えないし、特に美しくもないものです」とレイチェル・ワイズは言いました。

レイチェルさんの言うパーフェクト、それはシミやシワの無い完璧な美しい顔を指しています。自分は逆の立場にいるという表明でした。

アンチ美容整形同盟

ハリウッドで活躍する3人の女優を見てきて、何か気づかれたことはありませんか?
そう、3人は皆、イギリス出身なんです。

Kate Winslet, Emma Thompson And Rachel Weisz Create The “British Anti-Cosmetic Surgery League”

 — What Incredible RolesModels!

出典 http://hollywoodlife.com

ケイト・ウィンスレット、エマ・トンプソン、そしてレイチェル・ワイズは『英国アンチ美容整形手術同盟』を作りました。

―なんて驚くべきお手本なんでしょう!

ハリウッドのニュースサイトはそんな見出しを付けましたが、同盟を作ったという部分はケイトさんは否定しています。しかし、この一連の動きはハリウッドに新たな価値観をもたらした、まさにニュースでした。

一般にイギリスは、ナチュラルに年を取ることが良しとされる国。その点、日本の感覚にも近いと言えるでしょう。

ではハリウッドがあるアメリカの女優は、どのように考えているのでしょうか。

キャメロン・ディアスは悔やんでいた

Licensed by gettyimages ®

キャメロン・ディアスさんは現在44歳。
今年、自らのスッピン写真を表紙にした本を出版しました。

誕生日:1972年8月30日 出身:アメリカ
キューバ人とアメリカ人のハーフの父とアングロサクソンとドイツのハーフの母親に生まれる。16歳でモデル・エージェントと契約し、その後5年間日本、オーストラリア、メキシコ、モロッコ、パリといった外国でモデルとして生活する。21歳のとき、カリフォルニアに戻り、エージェントの勧めで受けた「マスク」のオーディションに見事合格し、映画デビューを飾る。98年の「メリーに首ったけ」で大ブレイク。

出典 http://eiga.com

"I've tried [Botox] before, where it was like a little tiny touch of something.”

"It changed my face in such a weird way that I was like, 'No, I don't want to be like that' - I'd rather see my face aging than a face that doesn't belong to me at all,”

出典 http://www.mirror.co.uk

「私は以前、ボトックス注射を試したことがあるんです、それはほんのちょっとだけっていう感じで」

「それで顔がなんだか変になっちゃって、私は”やだ、こんなの望んでないわ”って。全く年を取らない顔になるよりも、年を取っていく顔がいいわって思ったの」

以来、美容の施術は受けていないというキャメロンさん。
ただ、彼女は美容整形を受ける人たちを批判するつもりもないと話しています。

Cameron Diaz says she understands that people choose to opt for botox because it makes them feel better about themselves and she will never judge someone for it.

出典 http://www.hindustantimes.com

「ボトックス注射を選ぶ人のことも理解しています」と、キャメロン・ディアスは言います。「なぜなら、それは彼女たちの気分を良くするわけだし、それに、そのことで誰かを裁こうなんてしないわ」と。

「劣化」は誰にでも訪れる

日本もまた、美に敏感な国。特に女性有名人の風貌は批判されがちです。メイクが変われば整形したと、少し疲れた顔を見せれば劣化したと、大騒ぎに。

でも、待ってください。誰もが年を取るのですから。

ケイト・ウィンスレットさんは去年、化粧品会社ランコムとの契約更新に際し、自分を使った宣伝写真にフォトショップ等の画像加工を行わないこと、という条項を足しました。

"I do think we have a responsibility to the younger generation of women ... We're all responsible for raising strong young women, so these are things that are important to me."

出典 http://tribune.com.pk

「私たちは若い世代の女性に対して責任があると思うんです、強さを持った若い女性を育てる責任があって、だからこういう(ありのままを見せる)事が私には重要なんです」

ケイトさんの自分を恥じない生き方から、勇気を貰えませんか?

生き方としてのエイジング

美容整形やプロの手を借りて、上手にアンチエイジングしている人は多くいます。また、自分で肌のケアをしている人はもっとたくさん。

どう向き合っていくかは自分次第です。老いは誰にでも訪れるもの。

ただ、素肌をさらして映画界で闘っている女優さんたちの潔い姿勢は参考にもなり、お手本にもなります。

彼女たちのように、年を取ることを恐れない自分でありたいものですね。

この記事を書いたユーザー

キタコ このユーザーの他の記事を見る

映画感想ブログ『世界映画博』やってます。第28回東京国際映画祭WOWOW賞選考委員。主に食べてます。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス