記事提供:小林麻央オフィシャルブログ

ブログを始めようと思ったきっかけのひとつに、送られてきた手紙がありました。

私の病気のことが公になり、主人が会見をした後のことでした。

『私も癌になり、ずっと治療をしてきたけれど、一度も泣いたことがありませんでした。でも、ご主人の会見をみて初めて、涙を流すことができました。初めて、自分自身の癌を悲しむことができました。まおさん、ありがとう』という内容でした。

私は学校に行くのがあまり好きでなく、そんなときに、めざましテレビのお天気おねえさんの吉田恵さんが「今日は傘もってケーイ!」と元気に語りかけてくれると、「よし、仕方ないから行くか!」と(笑)思えました。

毎朝、「あ!けいちゃん、でるよー!」と母や姉に呼ばれて、テレビの前に行きました。

私も、そんなふうに誰かを元気づけたいとテレビの世界で仕事を始めました。

元気、明るい、幸せ、前向きを伝えることが私にとって理想の「良いこと」でした。

でも、そのお手紙を頂いて、暗いことや悲しいことでだって、誰かの心にプラスでつながれる瞬間があるのだと、知りました。

つまりなーんでも、なーんにもなりうるのだ、と。

好きや嫌いはあるけれど、良いや悪いはない。

だから、ただ、ただ、私は、今の自分を生きるだけで、その生き方に、良いも悪いもないのだ、と。

前向きであることが良いことだからではなく、前向きであることが好きだから、後ろ向きな日が続いても、いつかは前向きに戻るだけ。

そんなことを思った昼下がりでした。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス