少し前に、ネット上で話題となった…

メキシコ、コアウイラ・デ・サラゴサにあるサルティヨ教会で、教会内に設置してあるキリスト像が突然目を見開いたという衝撃のニュース。

ご存知ない方は、まずは↓コチラをご覧頂きたいのですが…

出典 YouTube

普段目を閉じているキリスト像が魅せた…奇跡の「まばたき」。

ちなみに、専門家や、映像編集者がこの映像を鑑定したところ、不自然な箇所は見当たらないという結論に至り、画像加工説を一蹴!ただ、懐疑派を説得できるほどの根拠がない為、現在も調査が行われているとのことなのですが…

そんな中、同じ、メキシコで撮影されたという…これまた奇跡の動画。これが、海外の大手ネットサイトに取り上げられ、話題となっているので紹介したいと思います。

撮影された場所は、メキシコ第2の都市であり、ハリスコ州の州都「グアダラハラ」にある…

グアダラハラ大聖堂

そして現在、話題沸騰中なのがコチラ!少女のミイラ「サンタ・イノセンシア」。

なお、この少女は、300年ほど前、カトリック信仰を許さない父親にナイフで刺殺された少女なのだそうで、信仰により殉死した少女の身体は“信仰への愛の証”として、教会関係者により大聖堂へと運ばれ、以後、大切に保管されていたのだそう。

エンバーミング処理(死体防腐処理)によって、まるで本当に眠っているかのような少女。

そして、目を疑う衝撃の光景は…突然訪れます!

ピントが一瞬ズレ、再度、ピントが合った次の瞬間!

突然、目を見開いた「サンタ・イノセンシア」。

その間、わずか3秒ほどですが、視線も若干、動いたようにも見える…衝撃の映像!

そして、またもピントがずれると…

何事もなかったように目を瞑る「サンタ・イノセンシア」。

では、衝撃的すぎる映像。ご自身の目でご確認下さい!

出典 YouTube

これぞまさに奇跡!

撮影されたのは2014年頃だそうですが、この奇跡に、信仰深きカトリック信者たちは感動!現在も「サンタ・イノセンシア」を礼拝する為、たくさんの人が「グアダラハラ大聖堂」に訪れるのだそうです。

「フェイクだろ!」「一瞬、映像がブレるのが怪しい!」という声もあがってはいますが、真相はいまだ分かっていない「サンタ・イノセンシア」の奇跡。信じるか信じないかはあなた次第です。

信じられない現象!コチラも合わせてどうぞ!

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス