9月から新学期が始まったイギリス。ほとんどの大学生は親元を離れて自立します。一人暮らしよりも誰かとハウスシェアをするのが一般的。クラスの友達とシェアする時もあれば、学科が違う全く知らない学生同士が大学構内の掲示板からの応募でハウスメイトとなる場合もあります。

全く知らなかった学生同士が、このハウスシェアを通して仲良くなるケースももちろんありますが、東ヨークシャー州ハルに住むカースティーさん(18歳)の場合は違いました。

ハウスメイトが小児性愛者だったことが発覚

Pinned from metro.co.uk

カースティーさんとボーイフレンドの部屋で酔っ払ってしまったハウスメイト。面白半分にカースティ―さんは、ボーイフレンドに「ハウスメイトのスマホで私たちのセルフィーを撮ってびっくりさせてやろう」と促しました。

そしてハウスメイトのスマホを写真アプリを開けたカースティーさんは驚愕。なんとそこからは子供の画像が大量に出て来たのです。かなりの量を貯め込んでいるハウスメイトのスマホを見て、カースティーさんとボーイフレンドは確信しました。ハウスメイトのネイサン・コーゼル(24歳)は小児性愛者だったのです。「彼のスマホには吐き気がするような画像もあった」というカースティーさん。

証拠を押さえるためにiPadに画像を撮影

Licensed by gettyimages ®

カースティーさんとボーイフレンドは、画像が削除されてしまった時のために、ネイサンが居眠りをしている間にiPadで画像を撮影し、証拠として残しました。ネイサンのスマホには、子供が大人の格好をしている姿や大人と動物の性行為の写真まであったそうです。

その後、通報されたネイサンは、小児の写真を所有していた罪と撮影した罪の合計6つの罪で起訴されました。ところが、彼に課せられたのはたった20ポンド(約2600円)の罰金と60ポンド(約7800円)の加重罰金だけだったのです。

ネット上は批判の嵐に

Licensed by gettyimages ®

児童を保護することに対しては人一倍厳しく、児童福祉に関する法律も厳しいイギリス。ところが、児童の写真を所有しているだけで実際に犯罪を犯していない場合だとこんなにも差があるのかということに愕然とさせられます。

そのショックは、カースティーさんをはじめ、多くのネットユーザーにも広がり処罰に対しての批判の声が寄せられています。

「罰金額を聞いて、冗談でしょ⁉と思ったわ。ネイサンの持っていた写真を見たらそんな処罰だけでは絶対に不十分だと思う」とカースティーさんは言います。「そんなに少額の罰金であれば『処罰を受けた』という気にならないのでは」という声もあります。

小児性犯罪は、重大な犯罪の一つ。そんな程度の罰金額しか払わされずに済むネイサンが、いつまたどこで犯罪を犯すかというのは誰にもわかりません。だからこそ今、しっかりと取り締まる必要があるのでは、という声が多く寄せられています。

「罰金以上の処罰をすべき」

Licensed by gettyimages ®

「この処罰の軽さは絶対に間違っている」と怒る市民の気持ちがわかる気がします。犯罪が起こる前に防ぐのが警察の仕事であるにも関わらず「何かあれば連絡して」という台詞を日本でもよく聞きますよね。

何かあってからでは遅いのに…きっと多くの人が思っていることでしょう。子供を巻き込むこうした小児性愛者による犯罪は残酷極まりないもの。子供の保護に手厚いイギリスというならば、この処罰をもっと重くするべきではないでしょうか。

こうした事件が流れると、やはり子供を持つ親はかなり心配になります。ニュースになるのはきっと氷山の一角…。周りに潜んでいる小児性愛者を見極める方法などあるはずもなく、常に社会の危険に晒されている子供たち。

今回、ハウスメイトを通報したカースティーさんとボーイフレンドの勇気と決断は称賛に値するでしょう。偶然発見してしまったことに対して面倒に巻き込まれるのは嫌だからと知らん顔をするのではなく、摘発するという勇気を持つことも大切。ネイサンの処罰に納得いかない人は多いですが、一人一人の摘発によって、少しでも小児性愛者から子供たちを守ることができる社会になればいいなと思います。

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス