知られざるママの実態や本音を紹介するコーナー「ママのホント。」

出産を経験したママ同士、出産のエピソードについて話すのはよくあること。ところがこのとき、「帝王切開だった」と口にしたおかげで、苦い思いをするママは少なくありません。

帝王切開に対して、「楽できてよかったわね」「自力で産むより手術の方が手っ取り早そう」「麻酔するし痛くなかったでしょう?」など、偏見に満ちあふれたものもあります。帝王切開で産んだママたちは産後さまざまな苦難に対峙しているのだというのに…。

本来、帝王切開は差別されるほどに珍しい事例ではありません。厚生労働省『我が国の保健統計(平成22年度)』によると、帝王切開で出産する割合は平成20年で23.3%。4人に1人が帝王切開で出産しているとのこと。むしろ、誰の身にも高い確率で起こり得るものなのです。

そこで今回は、帝王切開を経験したママの声を集めた「帝王切開が大変な理由」を5つご紹介します。

1. 自然分娩に比べてリスクが高い

まず自然分娩に比べて、リスクが否応なく高くなるのが帝王切開。ですから、「楽そう」だと決めつけるのは大きな間違いです。

開腹手術である以上、やはり相応のリスクがあるのが事実。お腹や子宮を切った傷口からの感染症や、麻酔による合併症のリスクはゼロと言い切れません。合併症というのは、たとえば頭痛や吐き気、呼吸困難、誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)などがその一例。

このようなリスクを好き好んでとるママはいません。つまり帝王切開とは、赤ちゃんの命を守るために、母体を危険にさらす覚悟を決めたママたちの勇気ある決断の先にある出産方法なのです。

2. 出産後、すぐに動けない

自然分娩のママたちは、出産で体はヘトヘトだけれど、なんとか自力で病室へ戻れるし、新生児室へ赤ちゃんを見に行くこともできます。「一仕事終えたら、お腹空いちゃったわ!」なんて、出された食事をパクパク食べるほど元気なママもいるくらい。

ところが、帝王切開後のママはそうはいきません。術後何時間も意識がなくベッドに横たわり「面会謝絶」の状態だったり、「早く赤ちゃんに会いたい」と思いながらも麻酔による発熱で苦しむこともあります。

テレビドラマや映画でよくある、ニコニコ微笑みながらベッドで生まれたての赤ちゃんを抱く妻と、傍らでうれし涙をながす夫…というのは、帝王切開ではあり得ない図です。

3. 術後の体調が安定しない

術後すぐは縫合した傷がズキズキと痛みます。中には産後数年たってでさえ、「雨の日には傷が痛む」というママも。自然分娩に比べて、帝王切開の回復には時間がかかるのです。

また、帝王切開のママの方が後陣痛(出産後、子宮が元の大きさに戻ろうと収縮するために起こるもの)で強い痛みを感じやすいという傾向も。

理由は、陣痛のピークを感じないまま出産したために、痛みに対する耐性が低いということ、そして開腹手術による傷の痛みが加わるためだといわれています。帝王切開後のママは、産後さまざまな痛みに耐えなくてはならないのです。

4. 次回の出産も帝王切開になるケースが多い

帝王切開で産んだママは、次の出産も帝王切開になる…こんな話を聞いたことがありませんか? これは事実で、その理由は「一度帝王切開でふさいだ個所が裂傷するのを避けるため」というのがまずひとつ。

ほかにも、一度目の出産が「骨盤が狭くて帝王切開した」「高齢出産で帝王切開した」という場合などは、医師から「今回も帝王切開にしましょう」と言われることが多いよう。

出産のためとはいえ、何度も開腹手術を受けるのは母体にとって負担であることは間違いありません。ですから、帝王切開で産んだというママは「楽した」などと後ろ指をさされる筋合いなどまったくなく、むしろ「本当に頑張ったのね」と称えられるべき存在なのです。

5. 周りからの心ない言葉に苦しむ

「帝王切開は自力で産まない分、楽に決まっている」。そんな思い込みからくる心ない言葉に傷つくママたちも多いようです。

「寝てる間に済んで、楽だったでしょう?」「すぐ終わってよかったね」などは序の口で、もっとヒドイことを平気で口にする人も。特に、「わたしは分娩で苦労したのよ」というママ友や、「お腹をいためて産んでナンボ」と考える親世代などから、こうした無神経な言葉を投げかけられて、自分を責めてしまうママは少なくありません。

残念ながら「苦労すること」「我慢すること」が美徳とされる日本では、いまだ帝王切開に対する偏見が根強く存在しているのです。

出産したママは、誰もが等しく「頑張ったね」と尊ばれるべき存在

いかがでしたでしょうか。「帝王切開は、自然分娩よりも楽なんだろう」という見方が存在するのは事実です。しかし本来ならば、命をこの世に生み出すことは何にも代えがたい尊い行為であり、そこに「自然分娩だから」「帝王切開だから」という差別があってはいけないはずです。

出産において大切なのは、あくまで「母子ともに無事」であることで、そこに至る方法はどうであっても関係ないのです。出産したママは誰もが等しく「頑張ったね」と尊ばれるべき存在なのですから。ぜひこの機会に、出産を控えているプレママも、また出産経験者も、帝王切開への理解を深めてみてくださいね。

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら