・ママの気持ち

Licensed by gettyimages ®

子供はとても可愛いですが、育てるのは思ったよりもずっと大変なことです。経済的にも体力的にも精神的にも…その大変さは経験した人にしかわからないかもしれません。

今回は、子育てに奮闘するシングルマザーに起こった出来事をご紹介したいと思います。

・シングルマザーのアリー・ブラザーズさん

出典 https://www.facebook.com

彼女は幼い男の子を2人持つシングルマザーのアリー・ブラザーズさん(22)です。2人の子供のために一生懸命子育てをする日々。やんちゃ坊主の2人の世話は賑やかで楽しい反面、少し大変みたいです。

そんな彼女がある日、スーパーへ買い物へ行ったときに事件は起こりました。

・ミルクを切らしたので買いに行ったら

Licensed by gettyimages ®

この日ミルクを切らしてしまったブラザーズさん、朝の8時にスーパーに子供二人を連れて出かけました。すると、下の子がぐずり出し泣き始めたのです。

幼い子が出かけた先で泣き始めてしまうことは珍しいことではありません。そんなとき、ママたちは周りの方に迷惑にならないようにあやしたり、店の外に連れ出したりしますよね。ブラザーズさんも何とかしようと下の子に手をかけていたところ…。

・上の子がスーパーマンになり始めた

Licensed by gettyimages ®

上の子が「スーパーマンになる」と宣言してカートの中で立ち上がったのです。
ブラザーズさんは息子を止めたそうですが言うことを聞かずに、カートから落ちて陳列されている食品を倒してしまいました。
その後も冷凍庫の扉を次々と開けるなどイタズラが続きました。

・2人がケンカ

Licensed by gettyimages ®

この後なんとか上の子を落ち着かせたブラザーズさんですが、次は一つだけ買うと約束していた風船をめぐって2人がケンカを始めてしまいました。

Licensed by gettyimages ®

こういった光景は一般的にも珍しいものではありません。。特に兄弟の場合は下の子に上の子が嫉妬してしまうことがよくあります。
今回の場合ももしかしたら、弟に手をかけているママを見てお兄ちゃんはさみしかったのかもしれません。なのでスーパーマンごっこをしてママの気をひきたかったのかもしれませんね。

・「子供のしつけもできないの?」

Licensed by gettyimages ®

子供たちは泣き叫びました。ブラザーズさんがレジに風船を持っていくとそれはさらにひどくなったと言います。さらに下の子はクレジットカードの機械のボタンを押し、上の子はお菓子に手を伸ばしました。

レジに並んでいた人は眉を顰め、彼女の方を見ていました。レジの人も同じ表情でこちらを見ています。それはまるで「子供のしつけもできないの?」と言われているようでした。

・「若いのに、もう2人も子供がいるんだね」

Licensed by gettyimages ®

そして傍にいた高齢の男性が「あんな若いのに、もう2人も子供がいるんだね」と周りにささやく声が聞こえてきました。
それを聞いてブラザーズさんは心の糸がプツンッと切れました。

・「母親失格」

Licensed by gettyimages ®

彼女はスーパーのレシートを握りしめ、店を飛び出しました。「母親失格」と言われているようでその場にいれなくなったのです。一生懸命子育てをしているのに辛い思いをしたたブラザーズさん、ショックで家につくまで涙が止まりませんでした。

・ある行動に出た

Licensed by gettyimages ®

そして、辛い体験をしたブラザーズさんはある行動に出ました。それは…

・Facebookに自分の思いを投稿

出典 https://www.facebook.com

Facebookに今日起こった出来事を含め、シングルマザーとしての自分の思いを投稿したのです。自分が思っていることを自分の中だけに閉じ込めずに人と共有することで、気持ちが楽になるかもしれません。彼女の勇気ある投稿は、多くの方の共感を呼び、現在2万近くシェアされています。

・ほぼスッピンの画像を添えた理由

出典 https://www.facebook.com

彼女がこの投稿にほぼスッピンの画像を添えたのにも理由がありました。

これが母親です。
ファンデーションもつけず、新しい口紅もつけず、完璧な照明で可愛いフィルターをかけた写真なんてとれませんでした。雨でぐちゃぐちゃになった髪と、昨日疲れて落とせなかった化粧、そして涙のあと、今の私はこんな姿です。
母親をするということは大変です。シングルマザーの母親も大変です。

出典 https://www.facebook.com

彼女は、スーパーであった出来事で泣きつかれて昨日は化粧も落とさずに寝てしまっていたのです。子育てがいかに大変なのかを伝えるためにあえて今の自分のそのままの姿を写し、投稿したのです。

・シングルマザーになった理由

Licensed by gettyimages ®

投稿の中で彼女はシングルマザーになった理由を語っています。それは夫のDV(家庭内暴力)が原因でした。当初は結婚していたけれど、暴力を振るう夫と離れ、子供たちを自分の手で育てることを決意したブラザーズさん。
しかし、「シングルマザー」というと、無責任に子供を作って…など事情もよく知らないのに心無い視線をおくられてしまうことがあるのも事実です。今回、高齢の男性が「あんなに若いのに、もう2人も子供がいるんだね」と発言されましたが、これもシングルマザーに対する偏見だということが言えます。

ブラザーズさんは非難の目線を周りから浴びせられるたびに辛い思いをし、我慢してきました。

・「子供たちは天使」

出典 https://www.facebook.com

彼女は、今回言うことを聞かなかった子供たちに怒ってはいませんでした。愛する我が子、手がかかることは多い、困ることもあるけれど、大切な存在であることには変わりはありません。
子供たちも、ママが泣いて家に帰るとき車の後部座席でママの顔を見ないようにしていました。ママが自分のせいで泣いてしまったのだとショックを受けていたのかもしれません。ブラザーズさんは「子供たちが私のことを愛してくれているということは伝わってくるの」と話しています。

・ママもキレイでいたい

出典 https://www.facebook.com

今回はショックな出来事でオシャレをする余裕がなかったブラザーズさんですが、以前はキレイにお化粧をされた写真もFacebookにあげられていました。こちらはピンクの口紅をつけたら息子に褒められたと喜んでいる姿です。

本当は子供たちもママが疲れていたり泣いている姿よりも、キレイで笑顔でいる姿をみたいはずです。

・「温かい言葉をかけてあげて」

Licensed by gettyimages ®

ブラザーズさんがこの投稿で多くの人に伝えたかったことは以下でした。

一生懸命子育てしている人、かんしゃくを起こしている子供、それに半泣きのママ…そんな人たちを見かけたら、どうか温かい言葉をかけてあげて下さい。どうか、非難の視線を送らないであげてほしいのです。
私と同じような毎日を送っている、ママへ。私は皆さんの気持ちが良くわかります。あなたは強くて立派な母親です。

出典 https://www.facebook.com

頑張っているママに非難の視線を、声を浴びせないで。彼女はその思いをFacebookを通して伝えました。

・共感の声、励ましの声

Licensed by gettyimages ®

これに対して、Facebookには多くのコメントが寄せられています。「アナタは立派だわ。周りのいうことなんか気にしないで」「ありがとう。すごく美しい投稿だわ」「とても頑張っている姿が目に浮かびます。子育てを楽しんで。」「アナタはそのままでキレイよ」「素晴らしい母親ね」「私たちの多くが感じている気持ちをシェアしてくれてありがとう」

・ママを応援

Licensed by gettyimages ®

いかがでしたか。
シングルマザーも含め、ママは子供のためにいつだって一生懸命です。子供のために思って必死に毎日を過ごしています。そんなママを前に、ママの気持ちもよく知らないまま「しつけもできないのか」など非難の視線を送るのはよくありません。

周りにママや子供たちがいたら、温かく見守り、時には声をかけてあげる思いやりが必要だと感じた出来事でした。

この記事を書いたユーザー

PERUME このユーザーの他の記事を見る

考えさせられる話から面白い話まで…ジャンルにとらわれず自分の心に響いたことを伝えていければと思います。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • エンタメ
  • 感動
  • おもしろ
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス