自らの体を実験台にして、昆虫や動物の様々な生態を解き明かす、世界で最もクレイジーなユーチューバー“Coyote Peterson”さんが、自身のYouTubeチャンネル「Brave Wilderness」にアップした

牛をも殺すという最強の蜂「アリバチ」に刺されたらどうなるか?

という…前代未聞の検証実験。これが、YouTubeにアップされるやいなや、たった5日で1700万回も再生され、世界中で話題となっているので紹介したいと思います。

見るからにヤバそうな…コチラの「アリバチ」。名前は「ベルベットアント(velvet ant)」と呼ばれているアリバチだそうで、別名「Cow killer」と呼ばれているこのアリバチは、その名(別名)の通り、牛をも殺してしまう毒針を持つ…ハチの中では最強と呼ばれているモンスター。

体長は約2cmほどで、ぱっと見「蟻」に見えますが、ベルベットアントはれっきとしたスズメバチの仲間。

さすがに心配そうなCoyoteさん。(笑)

はたして彼は、牛をも殺すという“激痛”に、耐える事が出来るのでしょうか?

ワニや大型のカニを始め、これまで様々な痛みに耐えてきたという彼ですが、さすがに、死んじゃうかもしれない「ベルベットアント」との対決は、これまで以上に怖かったと語るCoyoteさん。(笑)

そしていよいよその時が!

手の震えを抑え…

どうにかピンセットでベルベットアントを捕獲したCoyoteさん。

覚悟を決め…

いざ、挑戦!

では、ハチの中では世界一痛いと言われている「ベルベットアント」の衝撃の一刺し!動画にてご覧下さい!

出典 YouTube

これはヤバイ!!!

なかなか刺さない「ベルベットアント」に痺れを切らし

蜂のお尻を、腕に擦り付けてみたCoyoteさん。

すると、お尻からめちゃくちゃ細い毒針が現れ、Coyoteさんの腕にプスリ!

その直後!奇声をあげ…

痛みに悶えるCoyoteさん。

そして、震える体を抑え、必死に痛みと戦うCoyoteさん。

たったこれだけの針跡なのに…

その痛みは、数々の昆虫や動物に攻撃されてきたCoyoteさんでさえも、耐え難い痛み。さすがは「Cow killer(牛の殺し屋)」。これ、私だったら、きっと死んでしまうに違いありません。(笑)

しばらくすると、腕はミミズ腫れとなり、その後も、ズキズキと突き刺すような痛みが襲う…地獄のような様相に!ちなみに、ベルベットアントの毒は、死に至るようなタイプの毒ではないそうですが、昆虫や動物全体で“痛みだけ”なら、世界でもトップ5に入る痛みとのことです。

ベルベットアントがなぜ「Cow killer(牛の殺し屋)」と呼ばれるのか、十分理解したというCoyoteさん(笑)。もう二度とベルベットアントとの対決。行うことはないでしょうね。(笑)

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス