お彼岸も過ぎ、徐々に暑さも薄れてきました。落ち着いて読書するのに、良い季節になりましたね。いろいろな場面での「読書に便利なアイテム」をピックアップしてみました。

『寝ながら読書』

就寝前の読書が習慣」「寝っ転がって楽な姿勢で読書したい」そんな方も多いですよね。ただ、長時間になると腕がツライ……。そこで!

●枕職人が作った 本を読むための枕

枕職人とエムールが独自に作り上げた、寝転がって本を読むときのための枕。

寝る前や布団、ベッドの上でのリラックスタイムに本を読む方も多いと思いますが、従来の枕だと読みずらい・・・そんな声にお応えしてできたのが、この『本を読むための枕』。さまざまな姿勢に対応できる優れモノ。もちろん、通常の枕としても使えます。

出典 https://www.amazon.co.jp

枕カバーにはポケットがついていて、そこにタオルなどを入れると、高さ調節ができます。「これでもう座布団を二つ折りにしなくてすむ」というレビューが寄せられていました。枕ですから、そのまま寝落ちしても問題なしですね(笑)

安心の日本製です。価格は6,990円

同じ金額の「抱き枕」バージョンもあります。

●エムール 本を読むための抱き枕

出典 https://www.amazon.co.jp

固めの枕と柔らかい枕が半々になっていて、真ん中がくぼんでいるので、色々な体勢で使えそうです。

『暗いところでも読書』

就寝前の読書は家人に気を使うものですし、入院時や車中泊など、「自分の手元だけ明るくしたい」というシチュエーションにもいろいろあります。

●楽しい人型ブックライト「ライトマン」

手足を曲げて好きなポーズが作れる楽しいLEDブックライト。

LEDライトは目の疲れの原因となるブルーライトを除いたやさしい光で、しっかりと明るく広く照らすことが出来ます。読書の際のブックライトの他にも、座らせてテーブルライト、カードスタンド、眼鏡スタンド、スマホスタンド、ポケットライトなどにも色々な用途でご利用できます。

出典 https://www.amazon.co.jp

こちらは大阪府で今年2016年8月に開催された、日本最大級の文具見本市【文紙MESSE2016】「あなたが選ぶ新製品人気コンテスト!」デザイン部門にて、「最優秀知事賞」を受賞した商品です。

とにかく「カワイイ」の声が多数! 「プレゼントにしたら喜んでもらえた」というレビューも複数寄せられています。お手頃価格ですし、気負わない贈り物にピッタリ。

出典 https://www.amazon.co.jp

メッセージカードがついていますので、持たせてプレゼントしてもいいですね。

ライトマン」と「NEWライトマン」があり、両者の違いは以下の通り。

ライトマン
 使用電池:コイン電池(CR162) 2個
 連続点灯時間:約8時間
 大きさ:幅6.8cm×高さ15.6cm

NEWライトマン
 使用電池:コイン電池(CR2032)1個
 連続点灯時間:約72時間
 大きさ:幅6.7㎝×高さ15.4㎝

価格はアマゾンで964円~、NEWの方は1,060円~です。

『お風呂でも読書』

入浴しながらの読書はなかなかハードルの高いもの。ですが、リラックスのため、健康のため、半身浴のために長風呂がしたい、という方々も。

市川海老蔵さんもお風呂で読書

読書タイムっす
今日の疲れをとりながらの読書
体を動かした後に読書すると疲労が取れやすいらしいですよ
スイッチが違うから切り替わるらしい
確かに本当に舞台で疲れた時は

そんな、入浴時間を持て余さないための読書グッズがこちら。

●ブックボックス お風呂用

出典 http://www.amazon.co.jp

(こちらは通常のブックボックスです)

ケースはもちろん防水加工。 本の開いたページを上から透明フィルムでカバーして読む構造です。フィルムがかかっているだけなので難しいコツも要りません。このフィルムは真ん中が折れるようになっていて、そのままたためばシオリ代わりにもなります。

なんといっても見た目がいいです。このデザインにネット上では「これ、いい」「すごく欲しい」の声が。お風呂で使ってもいいし、普段から普通にブックカバーとしても使えます。

価格は1,620円

●ブルーナのおふろえほん

お子様と一緒に入浴されるならこちら!

おふろだいすき!
ブルーナのおふろえほん」は、おふろに入れると、みるみるうちに絵が変わります。ブルーナの明るくはっきりした色彩とシンプルな線、さらに絵が変化するおどろきは幼児の心をとらえ、おふろにはいるのがまちどおしくなる絵本です。

出典 https://www.amazon.co.jp

このシリーズは1から4まであり、テーマが「どうぶつ」や「のりもの」などに分かれているので、お子様のお好きなテーマの本がいいですね。

さいごに

まずは「読書時間を増やしたい」という方は、コマ切れ時間の活用がおすすめです。具体的には、「トイレに本を置いておく」、「枕元に本を置いておく」、「鞄の中に本を入れておく」など。手持ち無沙汰になってきたな~と思ったら、スマホの代わりに本を開いてみてください。

ちょっとした合間に本を広げるのが「習慣」になると、「読書のための時間」をわざわざ作らずとも、おのずと読書時間が増えていきますよ!

この記事を書いたユーザー

ms.FL このユーザーの他の記事を見る

趣味は読書・たまに絵画鑑賞。

得意ジャンル
  • インターネット
  • ゲーム
  • カルチャー

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス