こんにちは!藤田シャケラッチョと申します。4歳の女の子と2歳の男の子と9歳のチワワの育児に奮闘中です。子育ては大変だと、よく言いますが、ヨチヨチ歩き出す頃から、こちらの言うことが分かるようになるまでの期間は特に大変な時期かと思います。

どこへでもフラフラ行ってしまうし、言ってることも分からないので(子供の言い分もわからないので)ギャーギャー泣かれてこちらもイライラ…しかしそんな子供の行動も、じっくりと見てみると不思議で面白いと感じることも…!

今回はそんな「0.1.2歳児のオモシロ不思議行動」をご紹介します!

毎晩のルーティン!お風呂の儀式

毎晩お風呂に入る際、必ずシャンプーとリンスを浴槽に投げ入れます。これをやっとかないと1日が終わらない!という所でしょうか…非常に迷惑なルーティンです。おかげで我が家のシャンプーリンスは、ボトルの中に水が入っちゃってます。

調味料で大実験!

ケチャップや塩、醤油など、手の届く所に置き忘れていたら大惨事確定です。やたらと静かだなと気づいた頃には、辺り一面調味料の海!「これはどんな色?これはサラサラだ、これは液体だ」と、実験でもしているかのようなキラキラした顔で…

こればかりは「子供って不思議だなぁ」などと、のんびり観察している余裕はございません。すぐさま没収です。(手の届かないところに置かなくてはと、毎回思うのですがつい置き忘れちゃうんですよね…)

理想の花見に程遠い

桜の時期には遊歩道をのんびりお散歩…なんて夢のまた夢!いつの間にかアドベンチャーに巻き込まれています。薄暗くてジメジメとした脇道をヒタヒタと歩く親子…子供の方は探検気分でイキイキとしていますが…

「お花見だから桜を見る」という大人の感覚は子供には通用しないようです。

読めない笑顔

え?!その笑顔はなんだったの?!と、言いたくなるような謎の行動!ぬいぐるみも「まさかそんな!」と思った事でしょう。

挟まずにはいられない

究極なお母さんっ子の息子ですが、後ろからついてきては母である私を、扉という扉に挟みます。私のこと、好きなんじゃないの?!なぜ挟むの?!痛いんですけど!挟まれる度に、心の中では疑問符の嵐です。

子供の目に見えている世界

「なんでこんなことするの?」大人にとっては不思議に思える行動も、子供にとっては人生において大事な大発見の可能性もありますよね。

忙しい時に限って理解できない行動(時にイタズラ)をされると、イライラとしてしまいますが、子供のキラキラとした顔を見てると、それもなんだか憎めない。きっと子供にしか分からない「面白い世界」を見ているんでしょう。

大人になると何かと時間に追われる毎日の連続ですが、そんな手を止めて、子供の目線までしゃがんで見るのも悪くないのかもしれません。

この記事を書いたユーザー

藤田シャケラッチョ このユーザーの他の記事を見る

大分県で一姫二太郎と、気の強いチワワを育てています。胞状奇胎という珍しい病気の後、子供を2人授かりました。趣味はブログで子供の成長を漫画にすることと温泉巡りです。

得意ジャンル
  • 音楽
  • インテリア
  • 動物
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • 育児
  • エンタメ
  • ファッション

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス