いっときInstagramなどでも話題を呼んだ“沼サン”。
私も始めて沼サンを見た時は衝撃が走りました。(笑)
と同時に『自分でも作ってみたい』という好奇心も駆け巡ったのを覚えています。

今や“沼サン”は色んな形で進化しています。
その1つが“わんぱくサンド”。
野菜たっぷりの具をぎゅぅっと押し詰めたヘルシーなサンドです。

今回はそのわんぱくサンドの作り方を紹介したいと思います。

まず始めに
食パン2枚(6枚切りか8枚切り)にマスタードを塗り
1枚にはチーズをのせてトースターで焼きます。

出典筆者撮影

ポイントは
“必ずサンドする前にトースターで焼く事”です。
焼く事によってサンドする野菜の水分を吸いにくくします。

出典筆者撮影

パンに焼き色がつくまで焼けたら
ラップをしいた上にチーズをのせた方のパンを置き上に具をのせていきます。

ラップは1番最後
サンドを切る時に折角のせた具が崩れないために使います。

出典筆者撮影

具は左上から
ハム類・キュウリ・絞った人参の甘酢漬けなど順番にのせていきます。
この時切った時の断面を想像しながらのせていくと綺麗な断面になります。

好きな具をのせた最後は
レタスたっぷりのサラダを山のようにのせます。(笑)

出典筆者撮影

サラダはたっぷりな方が美味しいので山のようにのせて下さい。

サラダをのせたら
スプーン1杯のドレッシングをサラダの上にまわしかけるのが私流です。

出典筆者撮影

最後にトースターで焼いたもう1枚のパンをのせてラップに包んでいきます。

出典筆者撮影

左上から
始めにパンの上下を押さえてぎゅぅうっとラップします。
左右も同じ感じにラップをして裏に返して半分に切ったら出来上がりです。

出典筆者撮影

ラップを使えば簡単に具沢山のわんぱくサンドが作れちゃいます。

詳しくはブログにて投稿しているので良かったら覗きに来て下さい。

他にも色んな具で作っています。

出典筆者撮影

3種類のハムを使った三重奏の“カルテットサンド”

出典筆者撮影

娘が広島風お好み焼きを作っているのを見て思い付いた“お好み焼きサンド”

出典筆者撮影

チキン南蛮のタルタルのせで“南蛮サンド”などなど…
他にも色んなわんぱくサンドを作りました。

詳しくはInstagramに投稿しています。

忙しい朝や寝坊した時のお弁当にも
ポイントさえ分かっていれば簡単で美味しくボリューム満点のサンドが誰にでも作れます。
食欲の秋…ご家族でピクニックや遠出する時など具沢山わんぱくサンド
是非作ってみて下さい。
野菜たっぷりなのでヘルシーなのも嬉しいですよね。

この記事を書いたユーザー

美桜 このユーザーの他の記事を見る

料理研究家事務所HMHに所属しています。子供達3人の日々の記録をお弁当の内容を中心にブログとinstagramに記録しています。

得意ジャンル
  • 音楽
  • グルメ
  • 育児
  • 料理
  • テレビ
  • 感動

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス