記事提供:gori.me

時代を先取りする、完成度に磨きが掛かったiPhone

iPhone 7」のブラックモデルを手に入れてからかれこれ1週間が経った。見た目は今までにないクールなカラーでとても気に入っているが、「iPhone 6s Plus」からの乗り換えなので、サイズダウンしたことに関しては「iPhone 6 Plus」から「iPhone 6s」に乗り換えた時に抱いた感想と非常に近い。

とは言え、「iPhone 6s」も一時期使っていた僕としては4.7インチモデルとしては進化している点も多く、「iPhone 6s Plus」を上回る点も多々ある。よって、iPhone 7」は小型化されてパワーアップした「iPhone 6s Plusと言えるのではないかと考えている。

iPhone 7」を購入しようとしている人のために、本記事ではiPhone 6s Plus」から「iPhone 7」に乗り換えて使ってみて分かったことについてまとめたので、今後購入を検討している人は参考にどうぞ!

外観はよりシンプルに美しく、ブラックの完成度は高い

何よりも先に触れておきたいのは外観の美しさ。新カラーモデル2色のうち、残念ながらジェットブラックは未だに実機を見ることができていないが、僕が手に入れたブラックモデルのマット仕上がりは予想以上だ。

特に気に入っているのはカメラ周り。これまでのモデルはカメラの突起が唐突で非常に目立つ存在ではあったが、カメラが本体のカラーと一致するようになったことで一体感があり、以前ほど主張していないような印象を受ける。

背面を図々しく横断していたアンテナラインは見事に消え去り、本体上部のみに。残されたアンテナラインも本体とほぼ同化し、ほとんど目立たない。多くの人がケースを付けるので関係ないかもしれないが、やはり背面が美しいと思わずケースを付けずに持ち運びたくなる。今年はクリアケースが売れそうな予感。

ヘッドホン端子廃止は全く困らない

何かと騒がれているヘッドホン端子の廃止だが、僕は以前から有線オーディオが面倒だと感じていたので、既に手元にあるほとんどのヘッドホン/イヤホンは無線。個人的には全く困っていない。むしろ、iPhone本体の底面が左右対称になり、デザインとしてはとても良いのではないかと感じる。

僕は音楽の専門家でもなければ特別耳が良いという自覚もないが、最近のワイヤレスヘッドホンは十分な音質を提供し、有線ヘッドホンを上回る快適さがある。満員電車の中でコードが他人のカバンに引っ掛かることもなければ、カバンに放り込んで出した時にケーブルが絡まっている心配もない。電池持ちも決して悪くない。

僕がこれまで買って試しているBluetooth接続のワイヤレスヘッドホンやイヤホンは以下の記事でまとめているので、是非参考にどうぞ!もう少し待てる人は海外で「電動歯ブラシのブラシにしか見えない」と話題のAppleの「AirPods」を待つのもありかもしれない。

わざわざ新しいヘッドホンやイヤホンを買いたくない、という人も安心してください。同梱されているアダプタを利用すれば今まで使っていたものを引き続き使うことができる。今すぐお気に入りのイヤホンにアダプタを挿しておきましょう!

同梱されている純正イヤホンもLightning接続となっている。

感圧タッチ式になったボタンには違和感 慣れが必要

ホームボタンは劇的に変わった。見た目こそ大きな変化はないが、物理ボタンではなく感圧タッチになったため、ボタンの感触は全く持って異なる。「iPhone 7」と「iPhone 6s」を並べてホームボタンを押してみるとその違いがよく分かる。

出典 YouTube

個人的にはこのホームボタンには未だに慣れない。ホームボタンを押しているというよりはホームボタンとその周りを押しているような不思議な感覚だ。12インチ型MacBookのトラックパッドのように通常のトラックパッドと見分けが付かないと言えるほどの感触は再現できていないため、とにかく慣れが必要。

違和感はあるものの、使いづらいことはない。ホームボタンとしての機能は従来と変わりないが、懸念点を上げるとしたら爪先でホームボタンを押す人は反応しないということ。冬場は通常の手袋も反応してくれないため、スマホ用手袋は必須になりそうだ。

何かと便利なIP67耐水仕様

僕は湯船に浸かるのが日課だ。夏でも冬でも必ず浸かる。そして半身浴をしながらYouTubeを見る、毎日の娯楽タイムを過ごすのだ。

これまでは換気扇をしっかりと回しながらタオルを風呂蓋の上に敷いて動画を楽しんでいたが、「iPhone 7」はIP67相当の耐水性能。ハッキリ言って最高だ。

今更ではあるが、この機会に「IP67」の意味を解説しておく。これはIEC(国際電気標準会議)およびJIS(日本工業規格)が定めた電気機器内への異物の侵入に対する保護の等級表す文字列。IPに続く最初の数字が防塵等級、2つ目の数字が防水等級を指している。

ITmedia Mobileによると、防塵型「6」は粉塵が内部に侵入しない、防水型「7」は一定の水圧で一定時間(30分間)水中に浸けても有害な影響がない、ということを表している。

たかが風呂に持ち込むぐらいでは問題ない。とは言え、液体による損傷は保証の対象外となっているため、IP67仕様だからと言って無闇に水に浸けないようにしましょう。

耐水性能を試すために、僕の「iPhone 7」を水槽の中に入れて水を注いだ映像も撮ってあるので、どうぞご覧あれ!

出典 YouTube

ステレオスピーカーは動画再生時に快適

「iPhone 7」には僕のお風呂タイムをさらに充実させてくれる機能がある。

それがステレオスピーカーの搭載。発表前はヘッドホン端子があった場所にスピーカーがもう1つ用意されると噂されていたが、結果的にその箇所には気圧ベントが配置されたことが判明。

代わりに通話をするためのスピーカーが必要に応じてスピーカーになる仕組みになっている。最大音量も以前より大きくなり、防水スピーカーいらずで動画を楽しむことができるようになった。

ただ、このステレオスピーカーには欠点もある。ホームボタンを右側にして本体を横向きにした場合、底面のスピーカーは右方向に、左側のスピーカーは前を向いている。個人的には慣れてしまったが、これが気になる人は気になると思われる。

また、ステレオスピーカーなのか「iOS 10」のせいなのか分からないが、カメラのシャッター音ならびにスクリーンショットを撮影するときの音は必要以上に大きい。現時点ではこれを消音化する裏技があるが、後のアップデートで無効化される可能生は高く、Appleとしてどうにかしてもらいたいところ。

チップ性能は劇的に向上するも、体感は変わらず

「iPhone 7」に搭載されている「A10 Fusion」の性能は凄まじい。どうやら歴代の「MacBook Air」の大多数よりもプロセッサー性能が高いという事前情報があったので、一体どれほど変わるのかとワクワクしていたが、結論から言うと体感としては従来機とほとんど変わらない

正直なところ、「A9」チップも十分すぎる性能を持っているため、「iPhone 6s Plus」の動作に不満を抱いた記憶が全くない。

確かにCPUの動作クロック数は1.83Hzから2.33GHzと大幅にクロックアップされ、Geekbenchのシングルコアスコアは約35%、マルチコアは約22%向上している。ただ、僕が普段iPhoneをコミュニケーションツールとして使うことが多く、負荷の掛かる操作はほとんど行わない。ゲームもプレイしないので完全にハイスペックの持ち腐れだ。

恐らく動画の編集やハードコアなゲームをプレイする人にとってはパフォーマンス向上を実感できるのではないかと思う。

写真サンプルで比較するカメラ性能(7/6s/6s Plus/SE)

そして気になる「iPhone 7」の写真性能。細かいところが気になる人向けに、カメラ性能が本当に進化したのかどうかは追って記事として公開する予定だが、取り急ぎ「iPhone 6s Plus」「iPhone 6s」「iPhone SE」と比較した写真サンプルを数枚載せておく。個人的には外向き・内向きどちらも写真のクオリティが向上しているような印象を受けた。

iSight(外向き)カメラの写真サンプル

左(Before):iPhone 7
右(After):iPhone 6s Plus

左(Before):iPhone 7
右(After):iPhone SE

左(Before):iPhone 7
右(After):iPhone SE

左(Before):iPhone 7
右(After):iPhone SE

FaceTime(内向き)カメラの写真サンプル

左(Before):iPhone 7
右(After):iPhone SE

左(Before):iPhone 7
右(After):iPhone 6s

広色域対応ディスプレイはまだ実感できず

「iPhone 7」は広色域対応の3D Touch搭載Retina HDディスプレイを搭載している。よりカメラの性能が向上したため、個人的には劇的な変化を期待していた部分ではあるが、今のところ実感は皆無。「iPhone 6s」と同じ写真を並べてみてなんとか違いを見出そうとしてみたが、今のところ同じにしか見えない。

この分野については写真同様、さらなる調査を進めて追って報告したいと思う。

4.7インチというサイズは絶妙かもしれない

今回、「iPhone 6s Plus」から「iPhone 7」に乗り換えている。「iPhone 6 Plus」から「iPhone 6s」に乗り換えた時に書いた記事には以下のようなことを指摘していた。

・意外と4.7インチでも画面の端は届かない

・画面の狭さ、要素の狭さには徐々に慣れつつある

・手にフィットする安心感、片手操作できる快適さ

・画面が狭くなり、両手フリックは少ししづらくなった

・タイトなジーンズにもねじ込める安心感、取り出しやすくなった

出典gori.me

これは「iPhone 6s Plus」から「iPhone 7」に乗り換えても抱いた感想はほとんど同じ。当初は手狭に感じていた画面サイズも使っているうちに慣れ、片手ですべての操作ができないものの、少なくとも片手による文字入力は「iPhone 6s Plus」よりも遥かに快適。吊革に捕まりながらでもポケットに片手を突っ込んだままでも操作できる。

片手操作が可能だが「iPhone SE」よりも画面が広く、「iPhone 6s Plus」よりも持ちやすい。この1週間「iPhone 7」を使っていて4.7インチというサイズ感は絶妙である、という印象を強く抱いた。

4.7インチながらも非常に優秀な電池持ちに感心

「iPhone 7」に乗り換えてから僕の中で驚いているのは電池持ちの良さ。「iPhone 6 Plus」から「iPhone 6s」に変えた時は電池持ちが悪いことを気になる点として挙げたが、「iPhone 7」は違う。体感としては「iPhone 6s Plus」とほとんど変わらないのだ。

公表されている電池持ちを見比べてみると、僕の体感は間違っていないことが判明。インターネット利用時間が全く同じなのだ。むしろWi-Fi接続時のインターネット利用時間は「iPhone 7」の方が長い

朝から晩までみっちり使っても電池の減り方は「iPhone 6s Plus」と変わらず。かつては5.5インチ型のiPhoneを選ぶべき理由として電池持ちの良さがあったが、今となっては4.7インチ型のiPhoneでも十分すぎる電池持ちが実現されていたのだ。

まとめ

僕にとって「iPhone 7」は「iPhone 6s Plus」が小型化されてパワーアップしたiPhoneだ。基本性能やカメラ性能が向上し、コンパクトで軽くて片手で操作できる。チャレンジングな機能を搭載した「iPhone 7 Plus」に対し、基本的な機能を充実させ、iPhoneとして完成度を高めた1台であるように感じる。

ただ、それだけではない。「iPhone 7」は時代を先取りする、完成度に磨きが掛かったiPhoneだ。

発表される前は「変化の乏しい期待はずれのiPhone」になると思われたが、変化が乏しいのは大まかなデザインのみで、細部を見ればしっかりと進化していることが良く分かる。

長年スッキリしなかった背面のアンテナラインが消え、カメラの突起がボディと一体化した。新色ブラックはスペースグレイよりも黒が強く、光を寄せ付けないマットな仕上がりはシックで大人びている。

カメラ性能は向上し、本体のスピーカーもついにステレオに。プロセッサーもますますパワフルになり、Macと肩を並べる時代にまでやってきた。

ヘッドホン端子の廃止や物理ホームボタンから感圧タッチ式ホームボタンへの変更は賛否両論あるが、来年以降発表されるであろうiPhoneの姿が少しだけ垣間見えたような気がする。

未来と言えば、「iPhone 7」はまた日本に大きな話題を巻き起こす。10月中に「Apple Pay」が国内でローンチし、「おサイフケータイ」を含むFeliCa関連サービスが一気に利用できるようになるからだ。

「iPhone 7」は「買い」か。既に「iPhone 6s」で満足しているのであれば、無理に買い換える必要はないだろう。カメラ性能も確かに向上しているが、買い換えるほどではない。急いでいない人はあえて今年のモデルを見送り、来年に登場すると噂されているメジャーアップデートに期待するのも手かもしれない。

ただ、完成度の高いiPhoneであることは間違いない。買おうと思っている人には安心してお勧めできる仕上がりだと思っている。

何よりも、大画面派の僕がとても満足している。まだ慣れない部分もあるが、時代を先取りしているようでワクワクする!早くSuica使いたいなあ!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス