記事提供:いいモノ調査隊

今年1月にツイッターから火が付き、一気にメジャー化した「おじいちゃんの方眼ノート」を覚えていますでしょうか。どのページを開いても、決してふくらまず水平に開くことができ、綴(と)じがはずれてバラバラになることもないという方眼ノートです。

話題になっていたので、1回は使ってみたいと思い、今回、いいモノ調査隊での紹介をきっかけについに導入を決めました。

これが中村印刷所の「ナカプリバイン 水平開き 方眼ノート」。4冊ひと組で購入しました。外見は普通のキャンパスノートです。

さっそく使ってみたのですが、本当にどのページを開いても水平になり、綴じた部分に手がひっかからず、快適に文字を書くことができます。

筆者が仕事で雑誌の記事を書く場合、まずラフというページの原案みたいなものを書くのですが、このノートなら雑誌と同じく見開き単位で書けるのもいい感じです。

普通のノートも、開いたときに強めに折り込めば、水平に近い状態にすることができますが、綴じた部分が弱くなり、そこからほころんでバラバラになってしまうこともありました。この方眼ノートは、その心配もないのがうれしいところです。

名前のとおり、方眼になっています。閉じた部分、のどまでキレイに方眼が印刷されています。

1ページめくったところ。普通のノートだとふわっとなってしまいますが、キチンとフラットになっているのがわかります。

十数ページ開いてみました。ちゃんとフラットになっているうえ、しっかりと綴じられたままです。

半分ちょっとまで開いてみました。フラットさ加減は変わりません。書き心地も一緒です。

水平に開くことの利点は書くときだけではありません。スキャニングしたり、コピーしたりするときにも利点があります。普通のノートをコピーすると、どうしても綴じた部分が浮いて、暗い影が落ちてしまいます。

綴じた部分までびっしりと文字を書いているような人のノートをコピーする場合は、影によって文字がつぶれてしまい、読めなくなったりもしてしまいますよね。

しかしこの方眼ノートであればフラットにコピーできるので、まるで、どこが綴じた部分かわからなくなるほど、キレイにコピーができてしまいます。

普通のノートを開いてスキャニングしてみました。やはりノドの部分には影が落ちてしまいます。ある意味ノートらしいたたずまいと言えなくもないですが。

こちらが方眼ノート。まるで1枚の方眼紙のような感じです。よく見ればどこがノドであるかはわかるのですが、この程度で済むのはスゴイのひと言。

ノドの部分に書いてみました。さすがにちょっとペンが引っかかるのですが、それでもフラットな紙に文字を書いたり、絵を描いたりしている感覚です。

これまで方眼ノートは、中村印刷所という町の印刷所で生産されていましたが、ショウワノートとの提携が決まり、生産力が大幅にアップするそうです。販売力もアップするので、数年後にはスタンダードなノートになっているかもしれませんね。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス