イギリスでは「いい家主に当たるのは稀」と言われるほど、賃貸契約をする場合その家主が一癖ある場合が多く、なかなか良心的な家主に出会うことが少ないと言われます。筆者も長年こちらで暮らしていますが、いい大家に当たったのは一度きり…。

ではイギリスの「良い大家」というのは何かというと、第一に「借家で修理しなければならないことが起きた時にすぐに対応してくれる」こと。これが一番大切です。

イギリスの賃貸契約って?

Licensed by gettyimages ®

イギリスでは、賃貸契約をする場合は不動産を通してする場合と大家と直接する場合があります。いずれにしても大家が取り仕切るために、家の中で「何か壊れた、すぐに修理が必要」という場合は、不動産会社にすぐに連絡すれば、大家に連絡が回ります。この場合、いい加減な大家だといくら仲介業者の連絡が迅速でも、結局対応が遅れてしまいます。

イギリスはガスや水道などが一旦壊れると、修理に来てもらうまでに恐ろしく時間がかかるために、居住者が大家に連絡して、大家が素早く修理の予約を入れなければいけません。お湯を沸かすボイラーが壊れているのに大家の対応が遅いばかりに、何週間もお湯無しで生活しなければならないというようなケースがイギリスでは往々にしてあります。

大家が自分で修理をする場合もある

Licensed by gettyimages ®

自分でプロ並みにDIYができる大家もいますが、どちらにせよ素早く対応してもらえるか否かで「良い大家」かそうでないかは決まります。また、合鍵を持っているからといって、居住者に連絡せずに勝手に鍵を開けて上がって来るとんでもない大家もいるために、トラブルのもととなるケースも多々あります。

一番厄介なのは、修理などに対応しない大家が悪いにも関わらず、何度もお願いしていると「もう出ていけ」と逆に追い払おうとする非道な大家。「そんなことできるの?」と思うかも知れませんが、イギリスでは契約上そこが大家の所有する家である限り、日にちに少しの猶予があれば大家が居住者に「出ていけ」と言うことが可能なのです。

近所住民が人で鎖を作って猛抗議!

Pinned from metro.co.uk

このほど、そんな非道な大家に散々な目に遭わされている一家のために、近所住民が協力して、この一家を守ろうと人で鎖を作りデモを行いました。

ブリストルのイーストンに暮らすニモ・アブダラヒさん(39歳)は5人の子供の母親です。ニモさんには喘息を患っている子供がいるために、再三、大家に「どうか壁を修理してカーペットを新しいのにしてほしい」とお願いしていました。

部屋が湿気でカビだらけ…

Pinned from metro.co.uk

というのも、ニモさんが住む家は湿気が多くカビがとても湧きやすいのだそう。いくら掃除しても次から次へとカビが生えて来る状態では、衛生的にもよくありません。カーペットも湿気でじめっとしていて、汚れているのだとか。とにかく、家の中を改善してほしいと願うニモさん。

ところが大家はニモさんを無視。しかも「文句を言うなら出ていけ」と逆切れして脅し文句を使ったり、早く出て行くように警察まで仕向けたことも。

恐らく、非道な大家でもニモさん一家がここに留まっているのは、家賃が格安だからでしょう。そして引っ越す余裕もない家族ではここに留まるしかないのです。大家は修理代をケチる非道な人間。「気に入らなければいつでも出て行って」と言ってニモさん一家が出て行けば、リフォームして次の住居人への家賃も値上げするつもりなのでしょう。

「そんなことは絶対にさせない!」

Pinned from metro.co.uk

この非道な大家の振る舞いを知った住民が、一丸となってニモさんを一家を守るために抗議に出たのです。

近所の人たちは口々に「ニモさんはずっとここに住んでいて、私たちコミュニティの仲間なのよ。残酷な仕打ちをさせるわけにはいかない」「居住者へのこんな非道な対応が許されてはならない」と言い、「誰にでも居住者の権利はある。強制的に出て行けというなら闘うまでだ」と、土地の管理人が現れた時も住民によるデモ隊は身動き一つしませんでした。

Pinned from metro.co.uk

「気に入らないなら出ていけ」というのは、5人もの子供を抱えたニモさんにとっては残酷な対応であることは間違いなく、それを言われ続けながらそこに住まなければならない事情というのを察すると、なんとも気の毒になります。

この抗議のおかげで、ニモさん一家は「Acorn(エイコーン)」という「居住者の権利を守る会」の人々にも守られて、彼らの訴えは大家の耳に届いたようです。

今のところ、大家が早急に家を修理するかどうかはまだわかっていませんが、少なくともすぐに出て行く必要はなくなったようで、ニモさん一家も近所住民も一安心でしょう。

賃貸はビジネス。とはいっても、根底にはやはり人間関係というものがあります。お金では買えない「人の心」というものが大家と居住者の間にも必要なのではないでしょうか。ニモさんの喘息の子供たちのことを思うと、大家には一日も早く家のカビが消えるように修理に当たってあげてほしいですね。

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス