記事提供:CIRCL

小学生は毎日、ランドセルにたくさんの教科書を入れて学校へ行く。わが家にも小学校2年生の女の子がいるが、背負うときは「重いー!」と悲鳴を上げる。大人が持っても、ずしっと重みを感じる日もある。

ランドセルや教科書を家に置いて学校へ行くわけにもいかないので仕方がないと思ってきたが、重い荷物は姿勢の問題など子どもの健康を損なう恐れがあるという。

リュックサックが子どもの健康を損なう?

アメリカの小児科学会がある警告を出した。学校へ行くときのリュックサックの不適切な使用は、筋肉や関節の損傷、首や肩の痛みを引き起こすだけでなく、姿勢の問題も起きる。子どもの健康を損なう恐れがあるとの指摘だ。

アメリカにはランドセルを使う習慣はない。子どもたちはリュックサックに教科書やお弁当を入れて学校へ行く。しかもアメリカの教科書は図鑑ほどもある大きさと重さなのだ。

おそらく想像を超えた重さのものをリュックサックに入れているので、きちんとした背負い方をしないと確かに何か問題が起きそうだ。

リュックサックの“正しい使い方”とは

では、学会が推奨する理想的なリュックサック、また、その理想的な使い方はどのようなものなのだろうか。

リュックサックそのものの重さが軽く、肩ひもに肩パッドが付いていること。肩ひもは両肩にかけられるよう2本あること。背中にもパッドが付いていること。ウエストで固定できるひもが付いていること。

使うときには、片側だけでなく、両方の肩ひもを使って背負うこと。背中にぴったりとくっつくように固定し、腰から5センチ高い位置までの間に収まっていること、としている。

ランドセルは大丈夫か?

ここまで読んで、急に心配になったのが日本の小学生のランドセルだ。重さが軽いこととウエストにひもが付いていること以外は条件クリアだ。しかもランドセルは、そもそもぴったり体にフィットするように作られている。

理想的な使い方を考えなくても背負えば自然とその形になる。しかし、安心するのはまだ早い。ランドセルにはかなり不利な条件が1つあるのだ。

荷物は子どもの体重の20%を超えないこと

重い荷物が子どもの体の負担になる恐れがあることから、背負う荷物に重さ制限が付いていることだ。子どもの体重の10~20%を超えないこととされている。昔と違って最近のランドセルは軽量化が進んでいるが、軽いものでも1キロ前後はある。

試しに、わが家のランドセルの重さを測ってみた。2年生の長女は体重30キロ。翌日の準備が完了したランドセルの重さは3.8キロだった。上限の20%なら許容範囲内だが、下限の10%ではアウトだ。

長女はクラスで一番大きいので、2年生の平均体重、24キロ(男子)、23.4キロ(女子)で計算してみたが(※1)、今回測ったランドセルの重さでは20%を超えているということはなかった。ひとまず安心だ。

重い荷物は膝を使って持ち上げよう

また、どうしても重いものを運ばなければならないときの注意点がある。重いものは片側に寄らないように、ちょうど真ん中にくるように入れること。そして、背負うときには、膝を曲げて背負うこと。腰を曲げて背負うことは避けよう。また、背筋を鍛えておくとよいということだ。

ランドセルを背負っての登校は毎日、しかも6年間ある。お子さんのランドセルの重さは大丈夫か、背負い方は大丈夫か、今一度、確認していただきたい。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス