記事提供:Techinsight

12月31日をもって解散すると発表したSMAPだが、メンバーからラジオ番組で「解散することになりました」と報告はあったものの釈然としないファンは多い。そしてメンバー自身も伝えたい気持ちがあるのに口にできないもどかしさがあるのではないか。

中居正広や香取慎吾のレギュラー番組ではゲストを絡める形でSMAPの話題に触れる場面が続いている。

9月21日、フジテレビ系で放送されたバラエティ番組『おじゃMAP!!2時間SP』で“おニューMAP!!カラオケ店編SP!!”に指原莉乃が出演した。

彼女が放送後に『指原莉乃(345_chan)ツイッター』で「おじゃMAPたのしかったなあ」とつぶやくと「さしこーーSMAPの事言ってくれてありがとう」「初めてリプします!おじゃMAPのさっしーの言葉すごくすごく嬉しくて泣きました」「さっしー、27時間テレビの話、ぶっこんでくれてありがとうございます!SMAPファンより」など感謝のコメントが続々と寄せられている。

移動する車の中で指原が「香取さんにお礼が言いたかった」と2014年7月放送の『SMAP×FNS27時間テレビ』について話したからだ。

この時、27時間テレビの目玉としてSMAPがノンストップで27曲メドレーに挑戦する企画があった。ライブステージ前では指原莉乃が声を張り上げて熱い応援を送る姿が映った。

実はこの当時の指原は、自らのファンへの対応が冷たくなっていることを自覚していた。しかし、ステージのSMAPを一生懸命に応援するファンたちを間近に見て心境に変化が起こり、再びファンを大切にするようになったという。

彼女のカミングアウトに、香取慎吾が「“夢を与えてくれて”ってアイドルは言われるけどさ、逆に僕らの夢を叶えてくれてる」とファンへの思いを語り出した。

「“頑張って”って言われたくて始めたのに、言われすぎると分からなくなる」「多くの人に応援して欲しいし、応援してくれることがありがたい」という言葉は、指原に答えつつも彼からSMAPファンへ向けられたものだろう。

そこで指原へもコメントが届いたというわけだ。

9月7日放送の同番組でゲスト出演したヒロミも香取慎吾と『笑っていいとも!』時代の話で盛り上がり、中居正広とのエピソードが飛び出した。ゲストがSMAPの話題に触れれば、香取もその口を開きやすい。

その日の『ヒロミオフィシャルブログ「時遊人」』には「ありがとうございます。ヒロミさん…5人も言いたいことも言えず、言わず、色々耐えてるんだろうと思うと胸が苦しくなります。今日の番組を見て、少しだけど心が軽くなりました」「ヒロミさんの優しさ、慎吾にもSMAPファンにも届いています。これからもSMAPの事宜しくお願い致します」といったコメントが多数届いた。

また、9月21日の深夜に放送された『ナカイの窓』(日本テレビ系)では、メインMCの中居正広が収録中にトイレに行った間、ゲストMCの近藤春菜(ハリセンボン)をはじめいとうあさこ、井戸田潤(スピードワゴン)、大久保佳代子(オアシズ)などゲストたちがSMAPについて話す場面が流れた。

解散発表を受けて「5人が決めたことだし、解散後は今まで出来なかったことがたくさんあると思う」と理解を示したり「SMAPがいなくなるんだよ?悲しいし、寂しい」と解散に反対する意見が飛び交うが、中居が戻ってくるとその話題には触れない。

これは中居が直接は関わらないが、SMAP解散の話題をあえてシャットアウトするのはおかしいとの番組側の意向だろう。

特に中居正広においては、他の番組等の出演時にSMAPの話題に触れる場面が多く見られる。

12月31日までは、まだ3か月以上残されており『SMAP×SMAP』をはじめとするメディア露出のなかで、SMAPメンバーは何とかファンにメッセージを送ろうと試行錯誤しているのではないだろうか。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス