記事提供:R25

セックスは、愛情を確認するための行為でもある。夫婦が仲良く過ごすためにも、できればセックスレスにはなりたくないものだけど…。

20~30代の既婚男女300人(各150人)を対象にアンケートを行ったところ、過半数の54.0%が「セックスレスだと思う」と回答(R25調べ/協力:アイリサーチ)。夫婦生活を継続するのはそう簡単なことではないのかもしれない。

では、セックスレスを防ぐにはどうすればいいのだろう?先の質問で「セックスレスではない」と答えた138人(夫65人、妻74人)に「セックスがなくならないように心がけていること」を答えてもらった。その結果を理由とともに、男女別に紹介しよう。

【夫編】セックスレスにならないように気をつけていることTOP10

※気を付けていることを全て選択

1位 念入りに歯磨きをする 40.0%(26人)

1位 念入りに体を洗う 40.0%(26人)

3位 日頃から愛情を伝える 36.9%(24人)

4位 日頃からキスや手をつなぐなどのスキンシップを欠かさない 29.2%(19人)

4位 積極的に誘う 29.2%(19人)

6位 一緒にお風呂に入る 27.7%(18人)

7位 身に着けるものに清潔感を保つ 24.6%(16人)

7位 誘われたら断らない 24.6%(16人)

9位 太るなど、スタイルが崩れないよう気をつける 21.5%(14人)

9位 特に気を付けていることはない 21.5%(14人)

【1位 念入りに歯磨きをする】

「口臭(を防ぐの)が大切だから」(27歳)
「キスをしやすくする」(32歳)
「自分なら嫌だから」(34歳)
「エチケットだから」(36歳)

【1位 念入りに体を洗う】

「体臭がすると萎えるから」(29歳)
「汚いとしつれい」(31歳)
「臭くないように気をつける」(35歳)
「体臭や汗の匂いでムードをげんなりさせないように気を付けている」(38歳)

【3位 日頃から愛情を伝える】

「これが一番大事だと思うので」(26歳)
「毎日のキスを忘れない」(39歳)
「感謝の気持ちを伝え、仲良くするように心がけている」(36歳)

【4位 日頃からスキンシップを欠かさない】

「寝る前は必ずキスをする」(39歳)
「いつも手をつないでいる」(30歳)
「夫婦になって子供もいると生活感が出て家では恋人気分にはならないが、いつもありがとうの言葉を忘れずにして、月に一回はデートをするようにして手を繋ぐようにしている」(39歳)

【4位 積極的に誘う】

「求められていると思わせる為に」(38歳)
「妻は積極的ではないので、こちらから積極的に誘う」(38歳)
「相手が疲れていなそうなときに誘うようにしている」(34歳)

以降、

【6位 一緒にお風呂に入る】

「そそられるから」(35歳)

【7位 身に着けるものに清潔感を保つ】

「加齢臭でテンション下げないように」(38歳)

【7位 誘われたら断らない】

「仕事で疲れていてもセックスする」(38歳)

など。妻に拒まれないように清潔感を保ったうえで、アプローチを欠かさないようにしているという声が寄せられた。一方、妻側(74人)が気をつけているのは次のようなこと。

【妻編】セックスレスにならないように気をつけていることTOP10

※気を付けていることを全て選択

1位 誘われたら断らない 41.1%(30人)

2位 太るなど、スタイルが崩れないよう気をつける 38.4%(28人)

2位 日頃からキスや手をつなぐなどのスキンシップを欠かさない 38.4%(28人)

4位 恥じらいを忘れない 35.6%(26人)

5位 体臭予防やムダ毛処理などのボディケアを欠かさない 34.2%(25人)

6位 身に着けるものに清潔感を保つ 27.4%(20人)

6位 日頃から愛情を伝える 27.4%(20人)

8位 念入りに体を洗う 26.0%(19人)

9位 下着に気を使う 17.8%(13人)

10位 念入りに歯磨きをする 13.7%(10人)

【1位 誘われたら断らない】

「連続で断ると誘ってくれなくなりそうなので、どうしても無理な時以外は少々きつくても断らない」(29歳)
「自分からはなかなか誘えないので」(31歳)
「誘ってくれることが少ないので、そのときを大事にしています」(36歳)
「誘ってくる時が相手のしたい時だから、生理中や体調が悪くないかぎりその気持ちにこたえる」(38歳)

【2位 スタイルが崩れないよう気をつける】

「太ってしまったら夫もしたいと思わなくなるかもしれないし、太った自分を見られるのが嫌で自分もしたがらないから」(26歳)
「女として見ていてもらうため」(32歳)
「自分に自信がなくならないようにするため」(38歳)

【2位 日頃からスキンシップを欠かさない】

「普段からよく触れていないと、久しぶりにスキンシップをとろうとしても違和感や気恥ずかしさが出てしまうと思うから」(23歳)
「愛を感じた時は日頃からよくだきついたりと、一緒に触れあうことのいとしさをお互い味わえるように努力している」(39歳)

【4位 恥じらいを忘れない】

「いつまでも女として見てもらえるように全ては見せない」(29歳)
「目の前で着替えない」(38歳)
「忘れてしまったら相手にドキドキしない」(34歳)

【5位 ボディケアを欠かさない】

「自分が男性の立場だったら、普段人に見られないようなムダ毛の処理まできちんとしていた方が気を遣っている事が分かって良いと思うから」(29歳)
「(ムダ毛や体臭があったら)ちょっと引くと思うので。こっちも、女であることを忘れないためでもある」(39歳)
「最低限のケアをすることで、いつまでも女としての意識を持つようにしている」(39歳)

以降、

【6位 身に着けるものに清潔感を保つ】

「定期的に下着を新しくしたり、部屋着もだらしなくならないようにしている」(35歳)

【6位 愛情を伝える】

「気持ちが離れることが一番よくないと思うから」(26歳)

など。夫とは対照的に、誘われるための努力がメイン。女性らしさをキープすることでセックスレスを予防している、という意見が多かった。

夫婦がセックスをするのは自然なことだが、長い期間継続するにはある程度の努力が必要な様子。心も体も満たされた夫婦でいたいという人は、ぜひランキングを参考にしてほしい。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス