“人間活動”宣言から約6年、2016年4月に待望の音楽活動を再開した宇多田ヒカルさん。この秋は8年ぶりとなるオリジナルアルバムのリリースや音楽番組出演などで、日本中を沸かせています。

そして6年ぶりとなるCM出演も!しかも、かなり険しそうな山を本気で登っているという内容で早くも話題になっている様子。一体なぜ山に宇多田ヒカルが?あの山はどこ?CMで流れている曲名は?気になる点にスポットライトを当てながら紹介します。

映像は「#水の山行ってきた」というハッシュタグから始まります。

水の山?どこだろう…。気になっているところに、次のハッシュタグ「#南アルプス行ってきた」とともに、深い森の中に佇む宇多田さんが登場。

これは間違いなく宇多田さん!普段のアーティストイメージとは違い、とってもカジュアルで自然体な姿に新たな魅力を感じます。

宇多田さんに気を取られてしまいましたが…ここは名峰甲斐駒ケ岳やそこで育まれる天然水で有名な南アルプスのようです。

“水の山”の名にふさわしく、こんなに透明でキラキラしています。

素足になって岩場に立ち、美しい渓流を眺める宇多田さん。

躍動感あふれる水の流れに思わず「#うぉぉぉ」。自然への驚きと感動が伝わってきます。

渓流を前に、南アルプスの天然水をゴクリ。澄んだ空気の中で飲む清らかな天然水は、さぞかしおいしいでしょうね。

ところで今回のCM撮影は大自然が相手だっただけになかなかハードだったのだとか。
宇多田さん自身、今回のような自然の中での国内ロケは初めてらしく、

雨に降られたり

岩壁をよじ登ったりした結果…

雄大な自然に圧倒されながらも、宇多田さんが自然を思いっきり体感して何かを感じ、自然の恵みに感謝している様子は彼女の後ろ姿からもひしひしと伝わってきます。

一面に広がる南アルプスの山々を目の前にして、想いがあふれたのでしょうか。大きな声で何かを叫んでいるようです。

また、美しく雄大な自然の中を行く宇多田さんの姿と映像の世界観をさらに魅力的にしてくれているのが、CMの楽曲。

これは9月28日リリースのニューアルバム「Fantôme」の1曲目に収録されていて、タイトルは「道」。宇多田さんらしい深い歌詞は、彼女が辿ってきた道、これから歩んでいく道、私たちが将来進むべき道、いろんな道を思わせてくれます。

▼「道」を聴きながらCMを見る

出典 YouTube

宇多田さんが辿った“水の山”の道は、私たちに豊かな自然の恵みを与えてくれる大切な道。これまでも、これからもこの道がずっと続いていくといいですね。

100年先もこのおいしい天然水を飲み続けられるように、私たちにできることを考えてみませんか?

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス