記事提供:mamaPRESS

無駄遣いをしているつもりはないのに、なぜか貯金ができない。毎月決まって給料日前になると家計がピンチ!そんな人はいませんか?貯金ができない人にはいくつかの特徴があります。普段何気なくやっていることが実は大きな落とし穴になっているかも…!?

具体的な目標を決めていない

ただやみくもに「貯金しなきゃ!」と思っていませんか?そもそも何の為に貯金が必要なのかを考えてみましょう。マイホームの頭金?車の購入費用?それとも旅行に行く為?

いつまでにいくら必要かをはっきりさせることで、“毎月○万円”などの計画が立てられます。まずは無理のない金額で貯金額の目標を定めることから始めてみましょう。

クレジットカードの支払い額を把握していない

買い物をするとき、支払いはほぼクレジットカードということはありませんか?クレジットカードは手持ちがなくても商品を購入できる半面、現金がお財布から出ていく感覚がないのでついつい使い過ぎてしまう危険性があります。

ただ、クレジットカードにはお得なポイントがついたり、支払う際に割引になったりと魅力的な部分もあるので、カードで支払う場合には使用額をきちんと把握しておくことが大切。そしてもちろん、きちんと支払いができる範囲で利用しましょう。

“残ったら”貯金しようと思っている

残った分を貯金しよう、という考えではいつまでたっても貯金はできません。おすすめは『先取り』貯金。毎月いくらと決めて、お給料が入ったらすぐに別の口座に移すように癖を付けましょう。“残った分を貯金する”のではなくて、“残った額でやりくりする”のです。

頻繁にコンビニのATMや時間外にATMを利用する

足りなくなったらお金を引き出す癖がついていませんか?ATMは場所や時間帯によっては手数料が掛かります。1回は少額でも、チリも積もれば結構な金額に…!

手数料が無料の時間帯を狙って利用するか、まとめて引き出すようにして手数料を払う必要がないようにしましょう。もちろん、まとめて引き出したからといって使いすぎには要注意ですよ!

必要以上に外食が多い

遊びに行って疲れた、ちょっと気分を変えたい、理由を付けては外食をしていませんか?例えファーストフードであったとしても、家族4人分となれば結構な額です。

仮に1人600円だとしたら、4人分は2,400円。自宅で食べていれば…と考えるともったいなく感じませんか?たまの外食は良いですが、しょっちゅうとなると貯金ができないばかりか栄養が偏って健康を損ねてしまうことだって考えられます。

そうなる余計な医療費だって掛かりますね。外食はときどきだから楽しい!ということもありますので、外食のし過ぎは避けましょう。

“自分へのご褒美”がやたら多い

女性にありがちなのが、コンビニのスイーツなどを自分へのご褒美と称してついつい買ってしまう行動。そのご褒美、本当に必要ですか?

これでは貯金は貯まらないばかりか余計なカロリーを摂取してしまい、「ダイエットのためにダイエット用具を買わなきゃ!」なんてことにまでつながってしまうかもしれませんよ!

これらの項目にドキッとした人もいるのではないでしょうか。ここで気がつけたあなたはラッキーです。今からでも遅くありません!悪い習慣を見直して、貯められない体質から“貯め体質”に変わりませんか?

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス