記事提供:mamaPRESS

児童手当や保育園の利用のための手続き…ママになると何かと事務手続きって増えるんですよね。これらの子育て関連手続きは、今までわざわざ自治体の窓口に行かないとできませんでした。

それがなんと…! 来年7月より、それらの子育て関連の手続きがオンラインでできるようになるんです! ママの負担がグッと減りそうなこの施策について詳しくみていきましょう。

子育て関連手続きの電子化でこんなことができる!

これまで、窓口に出向いたり、郵送でしか対応してもらえなかった手続きがオンラインでも可能に! 具体的にはどんな手続きがオンラインで可能になるのでしょうか?

オンラインでできるようになる手続き

・児童手当ての申請(2017年7月~)
・現況届の提出(2018年8月~)
・幼稚園・保育園・認定こども園などの申し込み認定(2017年9月~)
・妊娠届の提出(2017年7月~)

などなど、ママが面倒に感じていた手続きがネットでぱぱっとできちゃんです!さらに、これまで手書きで書いていた個人情報も、マイナンバーカードを利用するので、手書きの必要なし!

忘れた頃にやってくる乳幼児健診や予防接種のお知らせもスマホにプッシュ通知で送られてくるんだとか…!とっても便利になりそうな予感♪

ネット上の意見は?

良いこと尽くしに思える子育て関連手続きのオンライン化。ネット上で声を拾ってみると賛否両方あるようです。

賛成意見

役所があいている時間に手続きに行くため、有給休暇を取得するということも珍しくありません。実現すればとても便利になりますね!

確かに書類を毎回すべて手書きで記入するのは確かに面倒…。オンライン申請だとその手間も省けて楽ですね♪

反対意見

一方で、手続きのときに役所の人と顔を合わせて話す機会がなくなることを懸念する声も。育児中のママの孤立を解消するきっかけがなくなるのではという不安はあります。

また、手続きに関してわからないことがあるときは、窓口で相談しながら進めたほうがむしろ早く終わるということもありますね。

そもそも、本当にオンラインでできるのか?と実現を疑問視する声も…。

実際に利用するには?

2017年7月から運用が始まるマイナンバー制度の専用ホームページ『マイナポータル』上で手続きが可能になります。

政府は全国的に導入し、将来は医療や介護などの手続きにも利用できるようにしたい考えですが、導入の判断は各市区町村にゆだねられるとのこと。将来的にはスマートフォンからもアクセスが可能になるよう検討されています。

簡単な書類の提出のために、毎回自治体の窓口に出向くというのは大変! ママの負担がちょっとでも軽くなることを願います…。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス