出典 https://www.youtube.com

写真の女性は、ミカエラさん。17歳で日本に留学、日本での生活をYouTubeに投稿しチャンネルの登録数は約27万人の大人気コンテンツを持つYouTuber。

芸能事務所にも所属しバラエティ番組にも多数出演していたのですが「ある理由」があり日本でのタレント活動に終止符を打ちました。

出典 https://www.youtube.com

ミカエラさんがなぜタレント活動をやめてしまったのか?27万人もの人が彼女の投稿を楽しみにしているのだから、タレントになっても人気が出るのではないかと誰もが思います。けれど、ミカエラさんにはミカエラさんの「深い理由」があったのです。それでは、彼女の主張をご紹介します。

① 宣伝になるから?!

出典 https://www.youtube.com

まず最初に言いたいこと。ブログの宣伝になるからってタダで出演依頼って何?

出典 https://www.youtube.com

ブログの宣伝をするからとギャラを払ってもらえなかったと言うミカエラさん。当時、彼女は英会話教室の講師をしていました。テレビ収録のある日は、英会話教室を休むことになります。しかも、収録の時間が延びれば丸一日が潰れる事だって珍しくありません。それなのに、番組内でブログの宣伝をするからギャラはなしって!しかも…

「私が長年にわたって力と時間をかけ信頼を築き集めた視聴者たちを、テレビ番組の視聴率を上げるために利用されました。頑張って作り上げてきたものを利用するなら、ちゃんとギャラという形で補ってほしいです」

出典 https://www.youtube.com

何年もコツコツと時間をかけ集めた視聴者たちを番組のために利用されるなんてたまったもんじゃありません。挙句の果てに『TwitterやYouTubeで番組宣伝してね』と言われたそう。密着取材やVTR、テレビ出演と様々な番組が続き、生活が苦しくなったと訴えるミカエラさん。

② やらせ?!

出典 https://www.youtube.com

『ちょっと大げさでいいから、もっと元気よく紹介してよ』とずっと要求されてました。『はい、もっと弾けて!元気に!もっと興奮して!』と。日本にきて6年。もう慣れてるんだから、馬鹿騒ぎはしないですよ。普通は

出典 https://www.youtube.com

強要されるキャラ作り。本当の自分は、こんなことに興奮なんてしないのに、さも初めて見たかのように興奮しろと…なんとコンビニでの撮影で『もっと元気に興奮して』と言われたんだとか。コンビニって世界中にありますよね。初めて行く他国のコンビニでも『販売しているものが違って面白いな〜』程度で興奮しませんよ。普通は。

6年日本で暮らすミカエラさんにとって、コンビニは日常にあるもの。それでも、外国人だからという理由でやらせを強要するのは問題ですよね。そして、この撮影が実際に放送され、それを見たミカエラさんはショックを受けたと言います。なぜかというと…

ナレーションが言ったんです。『ミカエラさんにとって日本のコンビニは遊園地みたいなもの』と。ショックでした。そんなこと思ってないし、言ってないし

出典 https://www.youtube.com

自分が感じてもいない編集を勝手にされていた。しかも、コンビニが遊園地って…しかも、この番組を見たYouTubeのファンの方々から『キャラ変更しました?』『こんな人じゃなかったよね』との声があがったとのこと。自分とは異なるキャラがテレビの編集により作り出される。これってある意味、恐怖です。

出典 https://www.youtube.com

街に出ると「テレビで見ました。ファンです」と声をかけられる程になったミカエラさんでしたが、実際の私ではなく「テレビ業界が作り上げた私?それとも本当の私?」と落ち込み悩んだりもしたそう。更に…

③ 芸能界では「下の下」

出典 https://www.youtube.com

元々、YouTuberな私はテレビ業界では下の下にいた立場です。

出典 https://www.youtube.com

芸能界にも何かしらカースト制度があるのか知りませんが、TYouTuberとして成功していた彼女、自分の立場を『下の下』だと語っています。そのため、テレビ業界に足を踏み入れることで、『偽者タレント』扱いされ、成功者の成りすましのような感覚に陥ってしまったとのこと。このような結果、彼女はある決断をくだしたのです。それが、『タレント活動を辞める』というもの。

タレント活動自体は良い経験にもなったし、チャレンジしてよかったと感想を述べています。やはり人には向き不向きがあり、彼女は自分自身を振り返った時、タレント活動には向いていないと感じたそう。作られたキャラではなく、本当の自分を受け入れてくれる場所はやはりYouTubeだと改めて思ったのです。

・メディアで働く人ってどの国も気の毒な人になってしまうのかしら。

・テレビなんか見なくなったよ。その代りYouTubeを見てるんだ。

・あなたはよく自分の立場を考えたと思う。YouTubeに戻ってきてくれてありがとう

・『私が興奮するもの知ってる?ギャラよ』って言えばよかったのに

・ちょうど日本のメディアに疑惑の目を向けてたの。内側から教えてくれてありがとう。

出典 https://www.youtube.com

日本と海外の方々からの反応。『私が興奮するもの知ってる?ギャラよ』ウマイ!本当にこれ、言えばよかったのに!


ファンを裏切らないことが大事です

出典 https://www.youtube.com

最後に他のYouTuberへアドバイスを送るミカエラさん。そのままの自分で続けていくことが大切だと語っています。

テレビの影響力は計り知れません。おバカキャラや清純キャラ、いろんなキャラの人たちが日々活躍しているテレビ業界ですが、それぞれの役柄をしっかり演じているだけで、実際の彼らはまったく違うのかもしれませんね。

Why I Quit Japanese TV | タレント活動をやめた理由

出典 YouTube

オススメ記事も合わせてどうぞ♪

この記事を書いたユーザー

パトリシア このユーザーの他の記事を見る

主にスポットライトで書かせて頂いています。
ありがとうございます。
Twitterアカウント開設しました。
よろしくお願い致します。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • ライフハック
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス