フィリピン「セブ島」の英語留学が人気

出典 http://www.usknet.com

英語を習得したい!留学したい!という人は多いはず。英語圏の国への留学と言えば、アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリアなど、英語を母国語とするそんな国が多いですよね。しかし、そういった国への留学費用は非常に高くて、あきらめてしまいがち…

ところが、近年人気爆発の英語留学先に、「フィリピン」の「セブ島」があります。

出典 http://www.celi-cebu.jp

セブ島の位置はコチラ。

太平洋に浮かぶ7000を越える島々からなるのがフィリピン(正式名称 フィリピン共和国)。首都はメトロ・マニラです。

出典 http://www.celi-cebu.jp

フィリピンには大都市マニラを始め、世界的ビーチリゾート地として知られるセブ島・ボラカイ島・パラワン島など、都市生活と共に、自然が身近に溢れる魅力的な島々です。

出典 http://www.celi-cebu.jp

出典 http://blogs.yahoo.co.jp

ここは南国のまさにリゾート地。そんなところで英語留学するんです。

セブ島は南北に伸びる細長い島で、マクタン島と呼ばれるセブ市東部に位置する小さな島との総称です。セブ島とマクタン島は2つの大きな橋で繋がっています。

出典 http://www.celi-cebu.jp

なぜフィリピンのセブ島なの?

費用がとにかく低額

出典 http://philryugaku.seesaa.net

フィリピンのセブ島での英語留学の費用は、安く済ませると、1か月15万円ほど。それは授業料のみならず、衣食住全て含まれているのです。

プログラムによっては、費用はさまざまですが、英語圏のネイティブたちのいるアメリカなどへの高額な留学費用より、驚くほど安いんです。


フィリピン人の英語力がスゴい!

出典 http://phil-portal.com

フィリピンの人々の英語力をご存知ですか?字幕なしで普通にネイティブのスピーチなども簡単に理解します。

元々アメリカの植民地であったフィリピン。公用語は英語です。コールセンター業などがポピュラーで、教育水準の高さや英語が公用語ということ、人件費の安さなどで、欧米企業に大変人気があります。

そもそもフィリピンの映画館に行くと、アメリカ映画が字幕なしで普通に放映されています。そして皆面白いところで笑ったり、ひゅーひゅー言ったりしていますので、リスニング力は日本人よりかなり高いと言えると思います。

出典 http://phil-portal.com

何を隠そうフィリピンの公用語は英語なんです。家庭内ではみな現地語を話しますが、学校や職場となると英語の場合も多いです。

出典 http://phil-portal.com

韓国式がベースだから英語が身につく

出典 http://www.englishbird.net

いきなり「韓国」?ってびっくりですが、元々韓国企業がこのフィリピン・セブ島の英語留学というビジネスに目を付けたんです。ですから、かなり多くの韓国ベースの英語学校が設立され、韓国と言えばスパルタに近い教育で有名です。その教育方針がセブ島の学校でも取りこまれているので、生徒たちは一生懸命勉強し、英語力を飛躍的にアップできるというんです。


※韓国とセブ島の英語学校については、次にご紹介します。

「韓国人」がつくった英語学校

Licensed by gettyimages ®

それでは先ほど出てきました「韓国」と「セブ島の英語学校」の関係です。

フィリピン人のハイレベルな英語力に着目した韓国が、語学研修施設をセブ島に創ったのが始まりです。

Licensed by gettyimages ®

フィリピン(セブ島)は韓国からも非常に近く、フィリピン人の公用語が英語であること、人件費がとても安いということ、そんなことがピッタリと当てはまって、「セブ島」で英語留学をするのがベストだと判断したのです。

出典 https://www.ryugaku-onebridge.com

そんなわけで、英語のネイティブスピーカーたちのいるアメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリアなどの費用が高くつく地域より、フィリピンへ英語留学するほうがよっぽど安上がりなのです。

2000年を皮きりに、韓国資本の英語学校が次から次へと設立され始めたのです。留学ブームに火がつき、年間10万人を超す留学生たちが来たと言われています。

出典 http://philenglish-ryugakutsushin.com

設立当初は、韓国資本の学校というだけあって、圧倒的に韓国人留学生の数が多かったのです。

今では、日本、中国、インド、台湾、タイ、ロシア、イランなどなど、国籍もさまざまです。

出典 http://phil-english.com

「韓国」と言えば、ひと昔前の日本のような「勉強勉強勉強」という教育。韓国資本のセブ島英語学校にもその特徴は受け継がれているようで、プログラムには、「スパルタコース」などというものが存在します。

例えば通常50分のクラスが1日8コマあるとすれば、スパルタコースではそれが10コマだったりと、1日中勉強することとなります。


※写真はイメージです。

出典 http://philippines-ryugaku.com

スパルタコースの例として、朝食前の「朝のスパルタ」が6:30頃からあり、日中は10コマほどを夜6:00くらいまで立て続けに行い、夕食後は1時間半ほど「夜間スパルタ」があります。

日中の授業では、マンツーマン授業やグループ授業などさまざまなカリキュラムが組まれています。

出典 http://souspeak.com

スパルタコースをおススメしたい人は、数週間の短期留学者。即急に英語力を伸ばしたいという人たちには向いています。セブ島というリゾート地でもあるので、その雰囲気に飲みこまれやすい人や観光気分で留学をしにくる人には、あまりおススメできないプログラムです。

ですから、本気で留学を考え、本気で英語力を伸ばしたいという人が取ると、かなり英語が上達するとも言われています。

スパルタの最大のメリットは失敗する確率が低いという点です。苦しみ、悩みながらも前に進めば最後には感動が待っています。期間中は脇目も振らずに勉強に専心できます。

出典 http://phil-english.com

出典 http://www.cduesl.center

そしてセブ島の韓国資本の英語学校では、他にも、韓国らしく「全寮制」を採用しているところが多いです。それは学校に併設されていたり、もしくは近くの学生寮に住んで、そこと学校との往復で勉強に専念するのです。

部屋は、一人部屋から、複数人でシェアする大部屋までさまざま。宿泊費もそれによって変わってきます。

出典 https://3d-universal.com

全寮制を取り入れていると、1日3食が提供され、その他カフェや売店もそろっていたり…。学校によっては、マッサージ、ジム、プール、シアターなどという特典も。

学費は他の英語圏への留学より安いうえに、食費も含まれている場合が多いようです。フィリピン料理、日本食、洋食、そして韓国資本ということで韓国料理もいっぱい。日本人シェフを雇って、ワンランク上の食事を提供する学校もあるとか。

韓国資本の学校だと、やはり韓国人も多くいますので、韓国料理は欠かせなく、毎回キムチが出たりという話も聞きます。

出典 https://www.ryugaku-onebridge.com

留学費用が安い分、ちょっとばかり高めの一人部屋も大人気のようです。特にスパルタコースを取る学生は、一人部屋でプライベートを確保した上で、勉強に集中できるというメリットもあります。

ただ、一人部屋は数が少なく、人気の上、あっという間に取られてしまいますので、早めの予約ををおススメします。

出典 http://www.cebu-english.com

ただ、複数人のルームメイトとシェアするタイプの部屋だと、安い上に、英語を使って他の留学生たちと頻繁にコミュニケーションを取ることが可能です。英語のスピーキング力をアップさせるには、もってこいの場所です。

ビジネスマンなどのプライバシー重視の留学生もいるので、ホテル滞在のプランもあります。それぞれの予算と相談のうえで選択するといいでしょう。

今から英語習得も大丈夫。格安プランでセブ島へ!

出典 https://ryugaku.kuraveil.jp

これから本気で英語を習得したいとか、夢だった海外留学を実現させたいなどあるようでしたら、費用のあまりかからないリゾート地「セブ島」へ行ってみるのもいいのではないでしょうか。きちんとしたプログラムに、住むところの心配もなく、やり方によっては、短期間で英語力が飛躍的にアップします。

インターネットで検索しても、本当にたくさんの英語学校の情報が出てきます。自分にぴったりの場所を見つけて、いざ国際人になってみましょう♪

この記事を書いたユーザー

シロクマInTheSky このユーザーの他の記事を見る

Spotlightプラチナライターとして執筆しています。日々の生活に役立つ情報をどんどんネット配信していきたいと思います♪日本も含め、海外などあちこちに出没しています(笑)世界中のいろんな記事を書いていきたいと思います(^_-)

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 動物
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • テレビ
  • 美容、健康
  • ファッション
  • おもしろ
  • ニュース
  • 話題
  • ライフハック
  • 暮らし
  • カルチャー

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス