トライアスロン五輪金メダリストが掴みかけた勝利を捨て、今にも倒れそうな弟を助けるという…兄弟愛溢れる行動。これが

■感動した!
■これぞスポーツマンシップだ!
■金メダルを捨てて弟を救った兄。これぞまさに兄弟の絆!

と、海外を中心に話題となっていたので紹介したいと思います。

メキシコのサン・ミゲル・デ・コスメルで18日に行われた「世界トライアスロンシリーズ」の最終戦に出場した、リオデジャネイロ五輪金メダリストの“Alistair Brownlee”選手と、彼の弟である、リオデジャネイロ五輪銀メダリストの“Jonathan Brownlee”選手。

なお、この日。リオオリンピックの雪辱を果たすべく、最初から飛ばしていったJonathan(弟)選手は…

水泳をトップで通過し…

自転車もトップで通過!

そして、あとは得意のマラソンだけといった展開だったのですが…

2位、3位(兄のAlistair選手)にこれだけの差をつけ、残り400mほどといった状況で…

Jonathan選手。ここで…まさかのアクシデントに見舞われます。

顔を歪め、今にも倒れそうなJonathan選手。なお、のちにわかるのですが、彼はこの時、極度の脱水症状に陥っていたのだそうで、意識は朦朧。立つのもやっとの状態だったのだそう。

薄れゆく意識の中、目前にあるゴールを目指すJonathan選手。しかし、後方から2位、3位(兄のAlistair選手)の選手が迫ってくるこのシチュエーション。

もはや優勝はおろか、リタイアだって辞さないこの状況!

すると、ここで、優勝が狙える絶好の位置にいた、3位の兄Alistair選手が、Jonathan選手にかけより…

腕を掴むと

倒れないように体を支えながらフィニッシュラインまで…

まさかの並走を開始!

金メダルを確実に狙える位置にいたにも関わらず、金メダルを捨て、弟に手を差し伸べた兄。

そんな姿に観客から惜しみない拍手が!

そして、ゴール直前…

「お前が2位だ!」

と言わんばかりに、弟を押し出し…

銀メダルを弟に。そして、自らは3位でゴールした兄。

では、これぞ“兄弟の絆”と言っても過言ではない感動のシーン。どうぞご覧下さい!

出典 YouTube

兄「人として当然のことをしただけだよ!」

勝利よりスポーツマンシップを優先したAlistair選手。なお、インタビューでは

「人として当然のことをしただけだよ」

と答えたそうなのですが、いくら兄弟とはいえ、なかなか真似の出来ない…素晴らしすぎるこの行動。これぞまさに兄弟の絆!これは、トライアスロン界のみならず、全スポーツ界で未来永劫…語り継げれていくことでしょう。

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス