給食費を支払えない家庭というのはどこの国にも存在します。各家庭に様々な事情があることでしょう。海外では、親がランチ代を支払えないことによって子供がいじめの対象になったり、ランチを食べられないという子供もいます。

何も知らない子供は、ランチの時間になるとほとんどが温かい食事を求めて食堂へやってきます。でも暖かい食事は冷たいサンドイッチよりも値段が高く、親が毎月の支払いを滞ってしまうと学校側に借り入れという形を取る学校と、子供には食べさせないという厳しいルールを強いている学校もあるようです。

学校側に借り入れをした場合でも、当然迅速に滞納してある支払いを済ませなければ子供がランチを食べられなくなるという可能性もあるので、やはり子供に可哀相な思いをさせないためにも、ランチ代は滞納すべきではないというのは親もわかってはいると思うのですが、現実に生活困難の問題でつい滞納しがちな家庭もあるようです。

アメリカ、ペンシルベニア州で給仕係をするステイシーさん

Licensed by gettyimages ®

ステイシーさんは、同州ワイランドヴィレ小学校で2年間給仕スタッフとして働いていました。今回、学校側が新しい規則に変更し「親がランチ代を払っていない子供にはホットミールを拒否するように言うこと」という指示が出されたのです。

レジに並んだ子供たちはIDカードを見せます。それをスキャンするとランチ代の滞納云々がすぐにわかるようになっているために、スタッフはどの子供の親がランチ代を滞納しているかがその時にわかります。

ところが、子供たちは何も知らずにお腹を空かせてホットミールをテーブルに運ぼうとします。そこでステイシーさんが「ちょっと待って。ランチ代が不足しているからあなたはホットミールを食べられないのよ」と言わなければならないのです。

辛い状況に立たなければならなかった…

Pinned from metro.co.uk

ステイシーさんは、敬虔なキリスト教信者であったために「貧しい人には施しを」の精神で日々生きてきました。たかだか10歳未満の子供に、親がランチ代を滞納しているからといって「あなたはホットミールを食べられない。その代わりにサンドイッチならいいわよ」と言わなければならないことに、とてもストレスを感じました。

ある男の子がステイシーさんの前にホットミールを持って立った時に、学校の指示通りステイシーさんは「サンドイッチならいい」とホットミールを拒否しました。するとみるみるうちにその男の子の目に涙がたまったのです。それを見たステイシーさんは「もうここにはいたくない」と思ったと言います。

みんなの前で「親がランチ代を滞納している」と恥をかかされたこと、ホットミールを食べさせてもらえないこと…小学生の男の子にとっては屈辱でしかなかったのでしょう。とはいえ、ステイシーさんも学校側の指示に従っているだけ…そして学校側がこうした新案を決めたのには理由があったからなのです。

あまりにもランチ代を滞納する家庭が増えていたために、学校側への借入額が相当な金額になっていました。ところが、厳しいルールを決めると子供には可哀相でもホットミールを食べたい子供は親にお金を払ってほしいと頼むでしょう。そうして滞納額が徐々に減ってきたのです。

それを思うと、この方法は成功しているといってもいいのでしょうが、やはり何も知らない子供たちにとってはちょっと残酷な気もします。

学校側は後にメディアにコメントを出し「子供たちに決して恥をかかせることを意図して決めたものではない」と新案に対して主張したようですが、男の子が屈辱を味わったのは言うまでもありません。

ステイシーさんは「あの子の顔は一生忘れない」とインタビューで語りました。彼女にとっても辛かったようで、子供のそんな状況に耐えられなかったステイシーさんは、これが原因で仕事を辞めました。

日本でもそうですが、親がランチ代を払えないばかりに、子供にしわ寄せが行くのはあまりにも可哀相です。とはいえ、そうならざるを得ない経済状況の家庭がたくさんいるのだということを実感せずにはいられません。

地域によっては、低収入の子供は給食費を免除という学校もあるようですが、児童手当が国から出ている場合は、市役所などから自動的に毎月ランチ代が引き落としになるなどのシステムを導入するなどの解決法が必要ではないでしょうか。

やはり社会の一環として、こうした教育の場でも、各家庭の事情をもう少し汲み取った対応の仕方をしてもいいのではと思うのですが、みなさんはどう思いますか?

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス