赤ちゃん準備時の気遣いが裏目に出た出来事

赤ちゃんが生まれてしばらくたつと「誰かと話したい!」となった私ですが、見知らぬお母さんとの話題のきっかけがなかなかつかめない。
話題作りのため「性別」を聞くことが多かったんですが実は「性別」のことでちょっと苦い思い出が。

結構性別間違えられること多かったです。

その後の私の行動といえばわかりやすいもので…

生まれてからしばらくはほとんど髪の毛がのびなかったので洋服もののようなロンパースを着ても正直あまり似合わなかった(娘ごめん)です。やっぱり赤ちゃんらしいつなぎがとってもよく似合ってました。
でもせっかくなのでちょっとどうにかできないかと工夫した結果…

よっぽど男の子って言われたのが悔しかったのかいろいろ工夫してたなぁ…なんて一歳半になった娘をみてちょっと懐かしく思う日々。

赤ちゃんの性別がわからないときはこう言え!

赤ちゃんを育てるとほかの赤ちゃんに会う機会も増える…けど性別がわからないそんなときにどういったらよいか子育て相談員の方に一度雑談がてら聞いてみると…意外にもこんな答えが返ってきました。

本当に女の子ならよし。

もしも男の子でも
「あんまりにかわいいから女の子に見えてしまった」
というと…悪い気はしない。
赤ちゃんはみんな男の子でも女の子でもかわいいものですもんね。
赤ちゃんに出会ったときもし性別がわからなかったらぜひ使ってみてはいかがでしょうか?

閲覧ありがとうございました。

この記事を書いたユーザー

ゆずしみ このユーザーの他の記事を見る

2015年2月に娘を出産、現在2人目妊活中のちょっと思い込みの激しい高齢母ちゃんです。

得意ジャンル
  • 育児

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス