記事提供:R25

暑さが和らぎ過ごしやすい気候になると、自然と外に出たくなるもの。女性とのデートでも普段とはちょっと違った場所へ足を運びたくなる。とはいえ、秋らしさばかりを優先して、彼女に敬遠されてはデートが台無し!

 では、女性から不評な秋デートには一体どんなものがあるのか? 20~30代の独身会社員女性200人に「実は行きたくない秋デート」についてのアンケートを行った(R25調べ/協力:アイリサーチ)。

実は女子に不評な「秋デート」TOP10

1位 マラソンデート 50.0%

2位 ハロウィンコスをして遊園地デート 28.5%


3位 ハイキングや登山デート 27.5%


4位 キャンプデート 24.0%


5位 スポーツ観戦デート 19.0%


6位 キノコ狩りデート 13.0%


7位 食べ放題デート 11.5%


8位 図書館デート 10.0%


9位 紅葉狩りデート 9.0%


9位 ピクニックデート 9.0%


※参考
行くのがイヤな秋デートはない 23.5%

【マラソンデート】は半数の女性が「行きたくない」と回答。3位【ハイキングや登山デート】や5位【スポーツ観戦デート】など、上位にスポーツ系デートが3つもランクインしたことを見ても、「食欲の秋」「芸術の秋」など様々な楽しみ方があるなかで、「スポーツの秋」の女性人気は低いといえそうだ。

では、各デートのどんなところが嫌なのか? その理由についても紹介しよう。

【1位 マラソンデート】

「つらい。そんなに体力ないので」(24歳)
「スポーツは好きではない」(35歳)
「おしゃべりできなそう」(30歳)
「マラソンで汗だくの汚い顔になったのを見られたくないから」(30歳)
「走るのがきらいだから。化粧もとれるしかわいくいられない」(31歳)

【2位 ハロウィンコスして遊園地デート】

「友達とやりたい」(24歳)
「ハロウィン自体が嫌いだから」(28歳)
「バカっぽくて嫌いだから」(29歳)
「コスプレがキライ。やりたくない」(33歳)
「アホみたいだから。やるなら1人でやってくれ、って思う」(39歳)

【3位 ハイキングや登山デート】

「ものすごく疲れそうだから」(27歳)
「登山が嫌い。アウトドアが嫌い」(38歳)
「虫が嫌いなので虫が気になってハイキングなんてできない」(36歳)

【4位 キャンプデート】

「虫に刺されそうだから」(26歳)
「片付けが面倒だから」(39歳)
「この年にもなると、アウトドアより綺麗なホテルに泊まりたい…」(30歳)

【5位 スポーツ観戦デート】

「全く興味がない」(25歳)
「スポーツ観戦が面白くないので」(32歳)
「スポーツに興味がないので、自分にとっては時間の無駄」(30歳)

【6位 キノコ狩りデート】

「キノコが嫌いだから」(22歳)
「虫が出るからいやだ」(28歳)
「わざわざ一緒にキノコをとる意味がわからない」(25歳)

【7位 食べ放題デート】

「がっつく姿を彼氏に見られたくないから」(22歳)
「量より質の良いものを食べたい」(36歳)
「胃袋が小さすぎて、もとを取れないから」(36歳)

【8位 図書館デート】

「本は自分ひとりで集中して読むものだと思う」(23歳)
「会話できなそう。自分の世界に入られそう」(27歳)
「図書館行って何するのかわからない」(30歳)

【9位 紅葉狩りデート】

「全く興味がないから」(27歳)
「虫が嫌いなので行きたくない」(29歳)
「人混みが嫌いだから」(30歳)

【9位 ピクニックデート】

「屋外で寝っ転がるのはありえないから」(34歳)

スポーツ系デートに加え、4位【キャンプ】、6位【キノコ狩り】など「行楽の秋」的なアウトドア系デートには、とにかく「虫が嫌い」「疲れたくない」という声が続出。

秋デートの定番ともいえる【紅葉狩り】もランクインしており、サプライズで連れ出したりすると彼女の機嫌を損ねてしまうこともあるかも?

ちょっぴり切ない雰囲気漂う秋にケンカなどしないよう、2人が一緒に楽しめる秋デートを計画してじっくりと愛を深めたいものですね。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス