「赤ワインならばいくら飲んでも健康にいい成分がたくさん含まれているから大丈夫」と思っている方、どうやらNGのようです。無料メルマガ『Dr.ハセのクスリとサプリメントのお役立ち最新情報』に、「赤ワインを含むすべてのアルコール類を大量に飲むと、乳がんにかかりやすくなる」という研究結果が紹介されています。「適量」を心がけたいものですね。

お酒の飲みすぎは、乳がんのリスクを高める

9月24日で、女優の川島なお美さんが乳がんで亡くなってから1年になります。ワイン好きとしても知られ、日本ソムリエ協会認定のワインエキスパートとしても活躍されていました。

さて、お酒を飲みすぎると体に悪いことは、みんな知っています。でも、赤ワインだけは別で、「飲んでも大丈夫」と信じている人も多いようですが、「それは適量を飲む場合だけですよ」というお話です。

今までも、アルコールを飲みすぎると、乳がんのリスクが高まることが報告されていたのですが、アルコールの種類にかかわらず、大量に飲むと乳がんに罹りやすくなるということです。

これは、カリフォルニア州オークランドのカイザーパーマネンテのYan Li博士らが、スペインで開かれたヨーロッパがんカンファレンス)で報告したものです。

Wine, Beer, Spirits Boost Breast Cancer Risk Equally

研究は健康診断を受けた7万人の女性の飲酒習慣を調べ、乳がんになる頻度と比較したもので、このうち2,800人がその後に乳癌と診断されたそうです。

その結果、飲酒量の少ない人(1日1杯未満)に比べて、1日1~2杯の飲酒をする女性は乳癌リスクが10%高くなっており、さらに1日3杯以上飲む人は30%もリスクが高いことがわかりました。

通常の場合、乳癌に罹るのは8人中1人だそうですが、1日3杯以上飲酒した人では、このリスクが6人中1人にまで増加しているとの事です。

また重要な点として、アルコールの種類に関わらずリスクの増大は同程度で、ワイン、ビール、蒸留酒の間に差はないとされています。

心疾患の予防効果としては、赤ワインは白ワインよりも効果が強いのですが、乳がんに関しては赤ワインの効果は特になかったことになります。

また、赤ワインに含まれる抗酸化物質レスベラトロールは、前立腺癌リスクを大幅に低下することがわかっていますが、その結果とも矛盾するように思われます。

他の研究者によると、レスベラトロールの効果以上に、アルコールが強い発癌性を示すからではないかということですが、赤ワインの種類によってもレスベラトロールの量が異なりますのでハッキリとはいえないようです。

いずれにせよ、赤ワインの効果をあまり過信せず、ほどほどに飲まれるのが良いようですね。

image by:Shutterstock

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス