出典 http://ameblo.jp

こんにちは。

片づけ心理の専門家・伊藤勇司です。

ご自宅に伺いながら、様々な方の部屋を見て目にすることがあるものが【言葉を貼っている】という状況。

壁やコルクボードなどに、いわゆるアファメーションと呼ばれる【良い言葉】を、貼っているのを見かけることがあります。

アファメーションとは肯定的な自己暗示のことを言います。

例えば…

私は毎日、豊かになっています。

私は自分の感情をすべて受け入れます。

私の人生は驚くほど開花しています。

私は才能を思う存分発揮しています。

私はいつも笑顔で明るく過ごしています。

私は幸せ者です。

私は月収100万円になりました。

私は毎日、あらゆる面でどんどんよくなっています。

というようなものです。

基本的にアファメーションは「私は~」から始まる文章にして、現在完了形、もしくは過去完了形で書くと良いとされています。

こうしたアファメーションを貼っているのを、目にする場所で一番多いのが冷蔵庫です。

また、冷蔵庫にこれら以外でも【文字情報】を、貼っているケースはとても多いですね。

スケジュールや、忘れてはいけないことなどなど。

これが悪いわけではありませんが、もっとオススメなことは写真(イメージ)を貼るということ。

人は言語的な情報よりも、イメージに影響される生き物です。

だからこそですが、いかに良い言葉を落とし込むのかを考えるよりも【いかに良いイメージを落とし込むのか】を、考えた方が圧倒的に現実への影響力は変わるのです。

これはイメージに関する実験で、バスケットボールの練習を利用した研究データですが、一つのグループには1週間シュートの練習をひたすら繰り返してもらいました

もう一方のグループには1週間【シュートが決まっている映像をひたすら見続ける】事を行ってもらいました。

そうやって1週間後に各グループのシュート成功率を計測したところ…

結果は、【シュートが決まっている映像をひたすら見続けたグループ】の方が、シュート成功率が高くなったのです。

こういったようなイメージに関する実験によって、【イメージを重視した方が効果が高くなる】という科学的なデータは数多く存在します。

これは片づけにも通じることですが、片づけ方を学ぶよりも【片づいているイメージを沢山見る】方が、結果的に片づくようになるものです。

だからこそですが、冷蔵庫などにアファメーションなどの言葉を貼っているなら【その言葉に関連するイメージを貼る】ようにした方が、得られる効果が高くなるのですね。

例えば

・私は毎日、豊かになっています。

という言葉を貼っているとしたら

【豊かな表情をした私の写真】を、貼って毎日見たほうが良いということです。

出典 http://ameblo.jp

こんな感じのイメージとか。

さらに

・私は才能を思う存分発揮しています。

というアファメーションの言葉で男性だとしたら…

出典 http://ameblo.jp

こんな感じのイメージとかです。

これは、かなり鍛えないといけないのでハードルが高いですが…笑

そういった意味では【プロの写真家に自分のアファメーション写真を撮ってもらう】ということはとてもオススメです。

いつも自分が見ている自分とは、まるで違う自分を引き出して頂けたりもするので。

言葉以上に、イメージを大切にする。

人は真似る生き物なので、真似をしやすいイメージがあればあるほど、そのイメージと同じような自分に自然になっていきます。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス