記事提供:ガジェット通信

いよいよ10月7日(金)より公開となる「ボーン」シリーズ最新作『ジェイソン・ボーン』。

極限まで臨場感を追求したアクションシーンと、ノンストップで展開されるストーリー…それまでの映像表現の限界を打ち破り、その後のアクション映画の新機軸となった“ボーン”シリーズ。

2002年に誕生したこのシリーズは、映画界に革命を起こしました。そして2016年、全世界が熱望したポール・グリーングラスとマット・デイモンの最強タッグによる最高傑作が約10年の時を経てついに復活。

アリシア・ヴィキャンデル、トミー・リー・ジョーンズら豪華キャストを迎え、アテネ、ロンドン、ラスベガスなど世界中を舞台にジェイソン・ボーンの新たな物語が始動します。

『ボーン』シリーズの魅力といえば、リアル感のあるアクションシーン。その中でも、世界各国の特殊部隊で採用されている接近戦闘術「クラヴマガ」を取り入れた息もつかせぬ格闘シーンは、後のアクション映画に大きな影響を与える革新的なものでした。

そして、この格闘シーンの中で、圧倒的不利な状況から身の回りのものを武器にして、相手に勝ってしまうというのが毎作品お約束パターン。この男の手にかかれば、あらゆる日用品が武器になります。

今回は、そんなボーンが日用品を見事に使いこなす名シーンを紹介いたします。

【ペン(勝)VSナイフ(負)】『ボーン・アイデンティティ』より

なくした記憶を探るボーンに襲い掛かる謎の敵。住宅で銃を乱射する敵の手から銃を離させることに成功しますが、もみ合いのなか相手はナイフを手にしてしまいます。丸腰のボーンは机に追い詰められてしまうのですが、ここで手に持ったのが“ペン”。

ナイフで切りかかってくる敵に対し、うまく躱しながらペンを相手の手に突き刺したボーンは、ナイフvsペンという圧倒的不利な戦いに見事に勝利します!シリーズではおなじみとなる、日用品アクションの伝説が始まった瞬間でした。

【丸めた雑誌からの電源コード】『ボーン・スプレマシー』より

今度の相手は包丁。目標の人物の自宅まで潜入し、その相手と対峙したボーン。しかし取っ組み合いが始まり、相手は包丁を手にしてしまいます。それに対し、何かないかと彼が手にしたのはなんと“雑誌”。

切りかかってくる敵の包丁を丸めた雑誌で的確に対処し、見事に包丁を落とさせることに成功したボーンは、次なるアイテム“電源コード”を使用し相手の息の根を止めます!

【本は分厚いものに限る】『ボーン・アルティメイタム』より

シリーズ最強とも言える戦闘員と対峙したボーン。もみ合う中で、相手が手にしたのは蝋燭立て、そしてボーンが手にしたのは分厚い本という、おなじみの武器格差が生じます。

蝋燭立てで殴りかかってくる相手に対し、まずは分厚い本で防御。続いて、足、頭とダメージを加えるとともに、本を活用しながら相手の顔を何度も殴打。本は分厚いものに限ります!

【攻守最強のタオル】『ボーン・アルティメイタム』より

上記の戦いの流れのまま、トイレになだれ込む2人。先にカミソリという有利な武器を手にしたのはやはり敵でしたが、ボーンはタオルを持って応戦します。

切りつけてくる攻撃をタオルで上手くいなしながら、相手の手にタオルを巻きつけることでカミソリを落とさせたボーンは、そのままタオルを攻撃にも使用。タオル一枚で、戦闘員を絞殺してしまうのでした。

日用品を使って相手をギッタギタに倒すのって、超中ニ病心くすぐりますよね!パワーアップして帰ってきた本作でも、もちろんお約束の日用品アクションが堪能できます。本作でボーンはいったい何を武器にしてしまうのか!?ご注目を。

映画『ジェイソン・ボーン』

(C)Universal Pictures

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス