記事提供:Conobie

3年前のはなしです。当時5歳だった長男に、我が家の初めての「お月見」のプロデュースを任せてみました。

長男・コー、5歳の秋のこと。保育園にて『今日はお月見らしいぞ』という情報を仕入れてきたコーは、うちでも是非”お月見”をしたいと言い出して、

「だけど、”お月見”って何をしたらいいの?」というコーに「おかーちゃんもよく知らん!アナタにお任せします!」と丸投げしてみました。

そして夜。外も暗くなり、遅れて帰ってきたおとーちゃんの夕飯も終わり

いよいよ、コーの仕切りの元”お月見”が始まりました。まずは、家は真っ暗にしろ、とのこと。

それから、団子とともに家族全員でウッドデッキに出て

月の光を団子にうつしました。その次に団子を月にかざし、

形が同じだということを確認。そして、ぱく。

その後はひたすら、ぱく、ぱく、ぱく。

月を眺めながら無言で団子を口に運ぶコーと、それを真似る家族たち。途中、父が仕事のため抜けだしたりしつつ、

大量にあった団子が残りもわずかになった所で、おもむろに

お月見、終了。そしてみんな家の中へ。

おのおの、くつろいでいるとお月見・初プロデュースを終えたコーが、ふと、メリーに寄っていき…(当時わたしが、末っ子の出産を目前にしていたので、準備のために出していました)

と、一言(笑)

それを聞いた父がなぜだか激しく不憫がりながらコーの元に駆け寄ってきて

そのままコーを抱えて

家の外へ。弟も急いで後を追い、

その後を母が追い、

みんなで近所をぶらぶら。

”お月見”の二次会をしてきました。

我が家の初めてのお月見はそんな感じでした。この他にも長男・コーは、家族の誕生日会にクリスマス…イベントがある度に張り切ってプロデュースしてくれるので毎度楽しませてもらっています。こんな風に家族でイベントを楽しめる時間を大切にしたいな~と思います。

ちなみにこの記事をかいているのは十五夜前ですが、今年小学3年生になるコーに
「今年のお月見どうする?」と聞くと
「まず、歌う…?」
とか言ってました(笑)

まだプランは固まっていないようですが、楽しみです!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス